2009年冬、私は東京の羽田空港に降り立ちました。ここからバスに揺られ、北を目指して移動します。「おのぼりさん」にとって東京の高層ビルは珍しく、少し物珍しい光景が目に映るたびに、次から次へと写真に収めてゆきました。

IMGP0796.jpg
▲羽田空港から貸切バスに乗り込んで

IMGP0798.jpg
羽田空港を出て東に進むと、徐々に都心が近づいてきます。
写真上、 左側に見えるのは平和島、中央部にそびえる橋は首都高速湾岸分岐線です。湾岸分岐線の後方には、少しだけ東京モノレールの橋脚が写っています。

ガイドさんのお話も面白いですが、やっぱり景色が気になるな・・・だって「おのぼりさん」ですから!

IMGP0800.jpg
▲ここはどこ?

IMGP0801.jpg
都心を巡りにめぐり、隅田川を越えます。ちょうど眼下に目をやると、そこには永代橋(大正15《1926》年竣工)がありました。
撮影当時はまだ未完成でしたが、現在では浅草界隈のランドマークとなっている「東京スカイツリー(R)」はちょうど正反対側にあります。

IMGP0802.jpg
東京駅付近では、中央本線の主力E233系と交差します。京浜東北線の209系はまだ現役でした。

IMGP0803.jpg
都心を巡りにめぐり、ようやく練馬から関越自動車道に入ります。所沢ICと川越ICの中間地点にある、三芳PAで休憩になりました。せっかくなので、PA周辺を歩いて僅かな休憩時間を過ごしました。
同PAのある埼玉県入間郡三芳町は、独自ブランドのサツマイモ「富の川越いも」の産地として知られています。

IMGP0806.jpg
関越道を東武東上線~JR八高線に沿って北上すると、上州群馬県に入ります。群馬の風景に親しみを感じましたが一体なぜでしょうか・・・?

IMGP0807.jpg
▲利根川を越えて、対岸から渋川市街地を振り返って
写真上はちょうど、渋川伊香保ICを通過した直後に収めたものです。いよいよ利根川上流域に入り、「奥利根号」の撮影地として名高いエリアが近づいてきました。ただし上越線は見えません。

IMGP0808.jpg
三芳PAに続いて、赤城高原SAで休憩となりました。

IMGP0809.jpg
おや、沼田ICの手前というのに・・・もう雪が積もっています。1月初頭に訪れたので、群馬県北部で雪が積もっていても不思議ではないでしょう。
日本を代表する文豪、川端康成の名作『雪国』に
  「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった・・・」
という一文があるのは皆様ご存知でしょう。三国峠を越えると一面銀世界・・・を微かに期待していましたが、冬真っ盛りの1月ということで、雪の方が三国峠を目前にフライングしてきました。

IMGP0810.jpg
▲1月の奥利根は雪に染まる

IMGP0811.jpg
▲「からっ風ブー次郎」(赤城高原サービスエリア)
休憩で立ち寄ったSA・PAにきっとご当地キャラクターのグッズがあるかもしれない・・・と期待していましたが、残念ながら三芳では見かけませんでした。今となっては埼玉のほとんどの自治体にマスコットキャラがいますけれども、2009年当時、埼玉で知名度のあるマスコットキャラといえば、「コバトン」(埼玉県)ぐらいでした。当時はその程度でした。今は増えすぎです。

一方、赤城高原SAには・・・ありました!
なんでも名前は「からっ風ブー次郎」といい、豚をモチーフにした赤城高原SAのマスコットキャラとのことです。着ぐるみは用意されていないようです。世間で「ご当地キャラ」がワーワー騒がれる前(2009年以前)に、既に存在していたにも関わらず知名度は低いようなので、当記事の一部を割いてご紹介します。
ちなみにSA内部には「からっ風ブー次郎」グッズを取り扱うエリアがあったので、記念にキーホルダーを購入してみました。「ぐんまちゃん」(群馬県)は・・・

IMGP0812.jpg
▲うっすら白い赤城高原SA界隈

IMGP0813.jpg
▲銀色の昭和村

IMGP0814.jpg
▲片品川を渡る
写真上、左手には昭和村の中心部が、遠く右奥には沼田市街地があります。

IMGP0816.jpg
三国峠を越えると、目の前に広がっていたのは吹雪の国でした。写真を撮ろうにも、結露が多くなり撮影できない状態になってしまい、そのまま新潟県内某所のホテルに到着しました。
記載し忘れそうになりましたが、以上の記録は昔々、筆者がやんちゃ真っ盛りの高校生だった頃に、修学旅行で写したものです。

撮影時期:2009年初頭
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
羽田空港の連絡バスは、ある程度把握しているつもりでしたが、新潟連絡もあるとは驚きました。
#rcEo15nI [ 編集 ]    2014年11月27日(木) 00:00
コメントありがとうございます
どなたか分かりませんが、コメントありがとうございます。できればお名前の明記をお願いいたします。

このバスは路線ではなく貸し切りです。
文末にもお書きしたように、当記事は高校時代の修学旅行で写した写真・記録を記事化したものです。高校時代の記憶を冷静に記述できる今だからこそ、このように文章化することができました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年11月27日(木) 23:33
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):