2014年もいよいよ最後の月、12月を迎えました。
山々を見渡せすと、里を彩っていた紅葉が次から次へと散っていき、冬支度を始めているように見えます。街ではクリスマスソングが流れ、イルミネーションが通りを飾り、ショーウィンドウを覗くとクリスマス商戦の気配をひしひしと感じるこの頃です。


さて、話は変わって、今回はマスコットキャラの話題について述べたいと思います。12月といえば、2008年頃から佐賀県唐津市の中心部でマスコットキャラクターが複数集まるイベントが行われてきました。私は2009年から毎年顔を出していますが、毎年のように面白い企画を打ち出してくれたりと、足を運ぶたびに感心したものです。
2008~09年は独立したイベント名称なし、10年は「ゆるキャラ(R)クリスマス会」、11~12年は「ゆるキャラ(R)大集合」、13年は「ご当地キャラシンポジウム」・・・と、何度もイベント名称が変更されてきたので、当ブログでは「唐津12」と呼称しています。

そんな「唐津12」がなんと、今年は行われないようなのです。催されるのであれば、2か月ほど前から何らかのアナウンスがあるはずですが、それが全くないまま12月を迎えました。
昨年に催された「ご当地キャラシンポジウム」の記事を執筆した際、「今後は規模を縮小していくのかな・・・」と記した覚えがあります。懸念はまさに現実のものとなり、縮小どころか取りやめになってしまったのです。

結局2015年12月も催されず、「唐津12」が人知れず消えていく可能性は十分にあります。一連のイベントが唐津であったということを記憶にとどめておくために、今回は2009年から13年までの「唐津12」の様子を、ホスト役の「唐ワンくん」(佐賀県唐津市)の画像を交えながら見ていきましょう。

(1) 2008~09年(独立した名称なし)
唐ワンくん2009年12月

初めて「唐ワンくん」の姿を見たのが2009年12月、まさにこのイベントでした。「『来てんね唐津』町人まつり冬の市」というイベントに付属する形で、佐賀県内を中心とするマスコットキャラクターが参加していました。「じーも」(福岡県北九州市門司区)や「わたる」(JB本四高速)など県外からの参加もあり、当時の西日本では比較的規模の大きな「マスコットキャラを取り扱うイベント」の一つでした。
「にじまつまもる」(唐津環境防災推進機構KANNE)の着ぐるみが初めて用いられたのも、このイベントでした。


(2) 2010年「ゆるキャラ(R)クリスマス会in 唐津」
HPNX1458.jpg

前年に続いて、「『来てんね唐津』町人まつり冬の市」に付属するイベントとして催されましたが、独立したイベント名称を与えられただけでなく、規模が格段に大きくなっています。「やちにゃん」(四番町スクエア)や「いなッピー」(愛知県稲沢市)など県外からの参加が増え、寒さに負けないほどの賑やかさが会場に漂っていました。

(3) 2011年「ゆるキャラ(R)大集合in 唐津」
20111211152819(1).jpg

規模はさらに拡大し、「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)も参加するようになりました。当時は「ひこにゃん」のVIP待遇ぶりに皮肉を込めて記事を書いていましたが、ここ最近の「ふ●っしー」の持ち上げられ具合に比べると、はるかにマシだと考えています。
「唐ワンくん」のパフォーマンスは年を経るごとに磨きがかかり、「エア芸」をよく披露してくれるようになりました。「エア餅つき」、「エア餅まき」、挙句の果てには「エア投票」(当ブログ内「ご当地キャラ大集合inももち 大放出」を参照のこと)まで・・・

(4) 2012年「ゆるキャラ(R)大集合in 唐津」
20121209130927(1).jpg

2011年からは「唐津うまか博 (鍋物を扱うイベント)」と同時並行して催されてきました。
前年に続いて参加キャラクター数は多く、規模の大きさも変わりありませんでしたが、「ふわふわ隊」がメインになりすぎた結果、おひざ元佐賀県内からの参加が少なかったのは残念でした。ただし、ステージイベントが一番充実していたのは、何といっても2012年でしょう。「ふわふわ隊」メインでしたから、ダンスやコント風のパフォーマンス等が行われました。
オープニングでは「くまモン」(熊本県)も参加しました。

(5) 2013年「ご当地キャラシンポジウム」
DSCN1511.jpg

2013年に再度イベント名が変更され、「シンポジウム」という名のもと、パネルを使ったステージイベントが行われました。規模・参加キャラクター数ともに多かった前年に比べ、開催時間・参加キャラクター・規模いずれも小規模にされており、内容はコメディ路線よりもシリアス路線寄りだったと記憶しています。
2012年に続き、ブログ等でお世話になっている 旅するペンギン氏にご一緒願いました。

2013年といえば、各地の「マスコットキャラを扱うイベント」の名称から次々に、登録商標「ゆるキャラ(R)」の単語が排された年です。「唐津12」もこの流れにあわせ、名称変更されたのでしょう。
「羽生10」は例外で、2014年のイベントから「ゆるキャラ(R)」が用いられず、「世界キャラクターさみっとin羽生 2014」へと改称されています。ほぼ一斉に登録商標「ゆるキャラ(R)」が排されたということは、裏で何らかの力が作用したということなのでしょうが、この件について論じるのは当記事の趣旨にそぐわないので、またいずれ取り扱いたいと思います。



数年もの間、「唐津12」は師走の唐津の風物詩として、多くの方に笑顔を与えてきました。また、このイベントは九州のマスコットキャラを活性化したという点で、大いに意義があったといえます。
「唐津12」がないとはいえ、「唐ワンくん」にはまだまだ沢山の役割が待っています。普段は(曲がりなりにも)中立のスタンスをとっている私が言うのもですが、ぜひ応援してやってください!
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
やはり、最盛期は過ぎたのでしょうか・・・

昨日の苫小牧での試合会場で、5体(?)も集まり、驚きました。
このように、ご当地キャラクター単独じゃなく、何かのイベントに合わせて集合すれば、皆さんの興味が沸くのではないでしょうか。
http://ameblo.jp/reratea/entry-11961129556.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2014年12月07日(日) 18:58
レラティーさん
先ほどまで、記事のネタにと羽生で催された「世界キャラクターさみっと」に関する情報を収集していました。来場者数は非常に多く、かつ朝6時の時点で会場周辺では渋滞が発生していたとのことです。
「ふ●っしー」に釣られたミーハーも結構いるかもしれませんが(彦根も同じく)、ああいう例外がなくても、集客できるように色々と新たな案を練っていくべきでしょうね。

唐津の場合、「うまか博」と同時並行させることで、集客を増やすようにしていました。11月に似たようなイベントが行われていたので、「唐津12」の不開催の要因にはそれもあるかもしれません。
マスコットキャラ界隈に勢いがなくなり始めたのは否定しません。

昔なら、私がこういった記事を書くと結構反応がありました。今じゃ、昔からマスコットキャラ絡みで交流のあった方と殆ど疎遠になってしまったので、何か書いても独りごとのようになってしまうのが残念です。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年12月07日(日) 19:57
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):