拙ブログでは長期にわたって、JR東郷駅北口が区画整備で変わっていく過程を記録しています。今回の記事が2014年の記録としては最後になる予定です。

DSC05911.jpg
▲2014年12月の東郷駅北口
まず初めに定点写真をお送りしますが、2014年初頭に比べると建物がなく、左側がすっきりしています。

余談ですが、12月の福岡は「8月の再現」ともいえる悪天候ぶりでした。初っ端から3週間近くも天気が悪く、毎日のように曇りだったり雨が降ったりで、外でフィールドワークをしようにもできないことが多かったです。
悪天ばかりだった中、ようやく23日になって一日中晴れという好天に恵まれました。青空よいよい、陽射しも良い!

DSC05912.jpg
駅前ロータリー(造成中)と県道97号の交点から八並川を挟んで北側の道路・・・ちょうどロータリーの延長線上ですが、そこでも道路工事が行われています。どうやら拡張工事のようで、件の区画整理と関係があるのかどうかは不明です。

DSC05913.jpg
12月も後半に差し掛かったということで、東郷駅前では毎年恒例の門松が設置されました。南口ではイルミネーション、北口では門松、冬の風物詩が東郷駅前に勢ぞろいしているのです。

東郷駅に門松が設置されてから3~4日後、近隣にある東郷地区コミュニティーセンターにも門松がお目見えしました。いよいよ正月、宗像大社周辺で大渋滞が発生するシーズンが近づいてきました。

DSC05910.jpg
東郷駅前の変化はなにも、区画整理だけではありません。「瓦礫が積みあがってるな・・・」と、かつて「東筑軒」のあったほうに目をやったところ、タクシー会社の小屋が取り壊されているところに遭遇しました。

どんなに小さな駅でも、日々刻々と変化し続けているのです。生まれる風景、失われる風景、どちらもしっかり収めていきたいと、改めて感じるものです。

撮影日:2014年12月23日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
日々の積み重ねが…
やがて歴史になっていくんですよね。


必ずしも好天ばかりではない中での撮影、苦労も多いかと思います。


wraさんも、撮影をする事で歴史を保存されてる感じがします(^^)
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2014年12月24日(水) 22:33
焼きそばさん
台湾の記録に関してもそうですが、ディープなモノ・コトを記録に残す方って結構いそうでいないんですよね。

今ではデジタルカメラで簡単に記録に残せるようになりましたから、大いに活用させてもらっています。歴史を叙述する上では古い文献も欠かせないので、あわせて目を通すようにしています。

多くの方に新たな発見の「きっかけ」を与えるため、できる限りのことはやっていきたいです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年12月25日(木) 00:42
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):