前回に続いて、2014年における拙ブログの動向をダイジェスト形式でお送りします。

【5月】

2014年5月ダイジェスト
福岡の恒例イベント「博多どんたく港まつり」が催されました。
今年は大河ドラマ「軍史官兵衛」にちなみ「黒田孝高(官兵衛)」一色で、黒田騎馬隊がパレードを練り歩いたほか、数多くの参加団体が孝高の兜を模した被り物をつけていたと記憶しています。


西鉄313形315編成が2015年初頭の運行終了を前に、旧塗装へと塗り替えられました。大規模な車体更新を受けたとはいえ、至る所に古さが残されている電車です。


わが母校・宗像高校の文化祭に足を運びました。今年の装飾・催しごともなかなか良かったと思います。
後輩たちに幸あれ!

【6月】

2014年6月ダイジェスト
6月に入ると、博多の街がより賑やかになってきます。というのも、男衆の長法被着用が解禁になるなど、博多祇園山笠の準備が大詰めを迎えるからです。
筆者も先人に倣い、山笠色が濃くなる博多を記録に収めて回りました。


以前から宗像市内の集落を「わが薀蓄」とともにご紹介してきましたが、このあたりで「地名めぐり」と銘打ってシリーズ化することにしました。地名の列挙・所在地の明確化を目的として、不定期で更新しています。

その他、少し前の記録を記事化しながら6月を過ごしてきました。

【7月】

2014年7月ダイジェスト
台東線・一部南廻線の電化を前に、台湾を訪れました。今回の目的は花蓮駅での機関車交換・DR2700型を記録に収めることにあり、いずれも上手くいったと思います。
台湾は日本人にとってメジャーな場所といえますが、情報が網羅的に掲載されているのは、専ら台北(たいほく)などの大都市や名観光地だけといえます。

日本人によって整備・開発されたにもかかわらず、結局その日本人に忘却されてしまった物件・概念というのは数えきれないほど存在します。
台湾研究の大家ですら手を付けていない物件はまだ多数ありますから、それらに日の目を見せるため、拙ブログでは日本統治時代の建築物・地名を多数取り扱っております。

以下、大まかな行程を掲載いたします。

(1日目)
福岡空港~桃園空港~台北~(台北捷運 数路線乗車)~台大病院~(徒歩)~台北~七堵~瑞芳~十分(じっぷん)~瑞芳~(夜行列車)

(2日目)
(夜行列車)~関山~(徒歩)~徳高陸橋~(徒歩)~海端~池上~鹿野~台東~玉里~(ホテル)

(3日目)
玉里~瑞穂~富源~玉里~花蓮~(夜行列車)

(4日目)
(夜行列車)~台北~(台北捷運)~淡水~(台北捷運)~西門~(台北捷運)~台北~桃園空港


博多祇園山笠の〆を飾る「追い山笠」が行われ、男衆の叫び声が明け方の博多に響き渡りました。毎度のことながら、上川端通の「走る飾り山」から噴き出る白煙が見事でした。


月末には宗像市東郷・田熊地区で恒例の「田熊山笠」が催されたので、終始舁き山についていき、記録に収めました。

【8月】

2014年8月ダイジェスト
8月は雨ばかり降っていましたから、あまり取材に出ていません。ジメジメとした日が長々と続き、庭の地面にはキノコも生え、外に出るとやけにキノコ臭かったのを覚えています。


月末に九重夢大吊橋(大分県九重町)を渡りました。ここは台湾人に人気の観光地でもあります。次いで熊本県小国町にある鍋ヶ滝にも立ち寄りました。
雨ばかりの福岡から逃れ、しばし空中散歩を楽しむことができました。


30日頃からようやく、福岡でも天気が良くなり、腹いせに日帰りで出雲参りに行ってきました。実は、今回が初めての島根です。
「しまねっこ電車」にも乗車でき、大方の目標は達成できました。

以下、大まかな行程を掲載いたします。

教育大前~門司~下関~新山口~(特急「おき」)~出雲市(電鉄出雲市)~川跡~出雲大社前~電鉄出雲市(出雲市)~浜田~益田~長門市~下関~門司~教育大前
途中、出雲市・浜田・益田で途中下車(JRのみ掲載)。


次回は9月~12月のダイジェストをお送りします。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):