福岡市博多区千代にある「千代森神社」の様子をお送りします。
この神社は吉塚駅の南西部、東公園の南側にあります。付近にはパピヨン通りと妙見通りが交差する妙見交差点があり、車が行きかう音で一日中賑やかです。

千代森神社の入り口に立つ一の鳥居
▲千代森神社入口・一の鳥居

千代森神社の社号標
▲千代森神社 社号標

神橋が埋もれて・・・
太鼓橋は一応あるのですが、コンクリートに埋もれてしまっています。これはトマソンでいうところの、「無用橋」という類です。

千代森神社の刻銘(麻生太吉)
一の鳥居には「飯塚市 麻生太吉」と刻まれています。
麻生太吉(1857-1933)はちょうど政治家・麻生太郎氏の曾祖父に当たる人物で、筑豊を代表する炭鉱王の一人として知られています。

千代森神社由緒書き
▲千代森神社由緒
祭神は宇迦之御魂なので、ここは稲荷系の神社ということになります。その他、末社が2か所(北辰宮・二十五社天満宮)あります。
元々は妙見社(北辰宮の前身?)のみだったようですが、時代を経るにつれ、近隣の神社を吸収・統合することによって現在の形に近づいていきました。神社近隣にある妙見通り・妙見交差点の名称は、この神社に由来します。

千代森神社社務所
▲社務所

千代森神社二の鳥居
▲二の鳥居

千代森神社三の鳥居
▲三の鳥居

千代森神社四の鳥居
▲四の鳥居

千代森神社の狐像千代森神社の狐像、鼻先に修復の跡がある
▲狐像
右側の狐像は鼻先に修復の跡がありました。おそらく、何らかの理由で破損したことがあるのでしょう。

千代森神社の手水舎
▲手水舎

千代森神社の本殿
▲本殿

千代森神社の末社北辰宮
▲北辰宮

撮影日:2014年12月29日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんばんは。

>太鼓橋

笑ってしまいました。

でも、このタイプの「太鼓橋」。
私もどこかで見かけたような気がします。

近隣の神社を巡る際には注意して見ようかと思います。


そう言えば、
「トマソン」をネタにしたライトノベル
「ヘンたて 幹館大学ヘンな建物研究会」を読んだことがあります。
私には今ひとつ、の印象でした。
ふぐにさん。 #36k9amUg [ 編集 ]    2014年12月31日(水) 00:06
ふぐにさん。 さん
元々暗渠に近いタイプの太鼓橋には、今回のように「無用化」されてしまったケースが結構ありそうですね。柵がないので、幅が狭くて落ち込みそうですし・・・
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年12月31日(水) 12:33
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):