2007年3月に西鉄宮地岳線が部分廃止されてから、はや8年が経とうとしています。2007年3月31日に電車を見送って以降、あえて福間~津屋崎駅間の現状から目を背けてきましたが、ついに勇気を振り絞り廃線跡巡りを行ってきました。

結論から言うと、痕跡は9割方「消失」していました。ここまで徹底的に廃線跡の痕跡を消し去る鉄道会社も珍しいのでは、と思えるほどの有様でした。

西鉄福間駅の状況は以前お送りしたので、今回は旧線との分岐地点から津屋崎駅へ向かうかたちで巡りたいと思います。同駅の現状は拙ブログ記事『全てが消え失せた西鉄福間駅』(2012年執筆)をご参照ください。

20150105130135(1).jpg
▲西鉄福間駅~宮地岳駅間の大カーブ
元々福間駅から直線を描くように宮地岳駅へと通じていましたが、宮地岳~津屋崎駅間の延伸時(1951年)に宮地岳駅を移転するかたちでルート変更が行われました。そのため、ルート変更後の線路は大カーブで旧線から別れる構造になっています。

廃線後、築堤は大きく削られ、路盤上にはソーラーパネルが敷き詰められました。橋梁は西郷川橋梁と同じように橋台ごと撤去され、福間側の路盤には民家が建つなど、当時の面影は十分に失われています。
比較用として、2007年にほぼ同じ場所で撮影した313形の写真も入れておきました。

IMGP4687.jpg
先ほどの大カーブから少し福間よりに目をやると、真っ白なブロック塀が見えます。これは築堤を崩した後に施工されたもので、奥には真新しい民家が建っています。

IMGP4686.jpg
▲ソーラーパネルが並ぶ福間~宮地岳間

20150105130135(2).jpg
踏切跡がまだなんとなく分かります。昔の記憶を頼りに、廃線跡巡りを進めていきましょう。

20150105130351(1).jpg
途中で宮地岳線がどこにあったのか分からなくなってしまいました。もと来た道をゆっくり戻っていくと、真新しい住宅地が見えてきました。
周辺の風景に見覚えがあるので左右を見渡すと、なんとその住宅地こそが宮地岳線でした。もうどこに線路があったのかわからなくなっています。ここまで開発されているとなると、宮地岳駅も恐らく・・・

20150105130548(1).jpg
宮地岳駅前に出てきました。駅前商店に見覚えがあったので、なんとか見つけることができました。

20150105130548(2).jpg
「宮地岳駅前月極駐車場」という看板があるので、宮地岳駅の真ん前であることは間違いありません。が・・・

20150105130548(3).jpg
宮地岳駅は福間駅と同じく、家の真下に飲み込まれていました。駅前のわずかなスペースが、ここに駅があったことを伝えています。これら駅前であることを示す数少ない物件も、いずれ消えていくことでしょう。
参拝者用の「どでかい」改札口があったのも、今は昔です。

ここまで徹底的に痕跡を消しているところを見ると、西鉄が「宮地岳線」という存在を相当嫌っていたかのように見えてなりません。実際にそうだったのかもしれませんが・・・

20150105130953(1).jpg
幸い、一部路盤は駐車場に転用されており、面影をよく残しています。が・・・

20150105130953(2).jpg
振り返ると、路盤が残っていたのもつかの間のことで、津屋崎側はもれなく宅地化されていました。
比較用として、写真上に近い位置から写した前面展望を入れています。

20150105131617(1).jpg
唖然としながら進むこと数十分、津屋崎駅に到着しました。昔、電車を待つ間によく駅前の公園で遊んだものです。その公園は今も変わらず佇んでいます。が・・・

20150105131617(2).jpg
これには言葉が出ませんでした。

8年の歳月が津屋崎駅をここまで変えてしまうとは・・・
探しました、必死で電車の記憶を探しました、しかしありません、どこにもないのです。あるのは真新しい住宅街だけです。諦めかけていたその時・・・

20150105131617(3).jpg
車止めがあった場所に近づくと、そこには「電車延長記念碑」がありました。場所は少し変わったかもしれませんが、昔とほぼ同じ場所に建っています。

20150105131650(1).jpg
▲「津屋崎駅前」の標識

20150105131705(1).jpg
▲電車延長記念碑
津屋崎駅があったことを示す数少ない「史料」ですから、もう少し良い環境で保存できないものでしょうか。ここまで扱いの酷い廃線跡も珍しいと思います。
あの「西鉄」なので、もう期待などしてはいけません。西鉄以外の何かが行動を起こすべきなのかもしれません。


拙記事の動画版です。

撮影日:2015年1月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
都市近郊は、変化が激しく、廃線もすぐに痕跡が無くなりますね・・・

西鉄には、狭軌、電圧も違うなど、天神大牟田線などとは違い、お荷物なのかもしれませんね。
他方、平成19年に利用したとき、福岡から近い割には利用者がそれほど多くないことにも驚きましたが、都市圏が福津市までは広がっていないようにも感じました。
西鉄新宮から代替バスに乗継した人も、片手で数えられる程度しかいなかったような記憶です・・・
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年01月08日(木) 00:49
お詫び
貝塚線も、直流1500V電化のようですね。
お詫びして訂正いたします。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年01月08日(木) 00:52
レラティーさん
狭軌系統・宮地岳線代行バスの現状は、当時の西鉄が闇雲にバス一辺倒でいた結果だと思っています。

せっかく人口密集地帯に路線があって、集客しようと思えばできた環境だったにもかかわらず、必要最低限の投資以外は放置状態で、廃止に追い込んだのは残念なことです。
あんな路線環境だったら、そりゃ地下鉄乗り入れなんてできないのは当たり前ですよ。JRに旅客を吸い取られるのは当然の成行きですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年01月09日(金) 11:13
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):