2015年1月、台湾西部を5日間かけて漫遊しました。4日目は映画『KANO』で盛り上がる嘉義市から始まります。

ホテルをチェックアウト後、まずは阿里山森林鉄道とその関連施設を見るため、市街地北部を目指して歩き始めました。「阿里山号」1次の回送列車を撮影後、嘉義車庫園区で機関車や客車等を見学しながら、次いで「阿里山号」1次を撮影、その後で朝食をとることにしました。

DSC06164.jpg
▲朝食で立ち寄った朝食店の伝票

DSC06165.jpg
▲豆乳(小・ホット)

DSC06166.jpg
▲ほかほか、ベーコントースト

今回は北門駅近くの朝食店で豆乳(小/ホット:10元)・ベーコントースト(30元?)を注文しました。嘉義の爽やかな朝空の下、いただくトーストは絶品ですよ。

阿里山森林鐵路での機関車入換風景
▲北門駅で入換するDL

蒋介石或臭頭中正
▲蒋姓の「あの人」(画像加工済み)

食事を終え、「桧意森活村」の宿舎郡を見学、次いで阿里山森林鉄道の北門駅に立ち寄りました。ここで回送列車数本と「阿里山号」3次を収録し、嘉義での用事はすべて済みました。早速、台南へ向かうため駅に戻りましょう。
嘉義から台南へは、E1000型自強号で移動。

4日目のメインとなる台南に到着しました。まずはレンタサイクルショップに向かい、自転車を借りましょう。今回は台南駅前にある「北門機車出租(ママ)」で借りました。1日100元というお得な値段で自転車を借りることができます。まさに、「貧乏旅行者の良き味方」ですね!

IMGP5052.jpg
▲旧台南州知事官邸
自転車でまず向かったのは、ブログ等でお世話になっている黄小姐が以前紹介されていた「旧台南州知事官邸」です。周囲を少し見て回り、次いで旧台南神社(2代目)を目指しました。この途中でオムライスが名物という「江西麺匠」を通り過ぎましたが、いつか立ち寄ってみたいものです。

台南市忠烈祠(旧台南神社ではない)の入口にあるマヌケ顔の狛犬に癒され、境内を少し撮影した後は、旧開山神社(延平郡王祠)と台湾最古の孔子廟を見学し、ついに話題の「林百貨店」の前に到着しました。
「林百貨店」は大賑わいで、入口には多数の来店者が列をなしていました。私に残された時間はそう多くありませんでしたから、泣く泣く遠くから屋上にある旧新町稲荷神社を収めてその場を後にしました。林百貨店に立ち寄るのであれば、台南にホテルを置いて市内漫遊するのがベストでしょう。

IMGP5137.jpg
▲「赤崁棺材板」入口

IMGP5135.jpg
▲「赤崁棺材板」店内

IMGP5134.jpg
▲「棺材板」はナイフとフォークでいただく

揚げた食パンの中にクリームシチューを入れた台南名物棺材板、おいしいよ
▲「赤崁棺材板」の「棺材板」

台南到着後、まだ昼食をとっていなかったのでお店を探しましょう。というか、すでに決めていました。今回は「赤崁棺材板」で台南名物「棺材板」をいただきましたが、パンはさっくり、シチューは風味豊かで美味しゅうございます。

食後、「赤崁棺材板」の近くにあるタピオカドリンク店でタピオカ入り黒糖水を買い求め、台南駅に戻ります。今回は残念ながら、北白川宮能久親王殿下が薨去された初代台南神社跡に立ち寄れなかったのが心残りです。

台南から一気に高雄方面を目指したいところですが、屏東行きよりも沙崙行きが先に発車するとのことなので、それに乗車して一駅先の保安駅で下車しました。保安駅には日本統治時代の木造駅舎があります。
駅前の様子を撮影していると屏東行きがやってきたので、急いで改札を抜け、電車に乗り込みました。明るいうちに旧岡山神社を収めたいので、列車を逃すわけにはいきません。屏東行きのEMU800型区間車に揺られ、岡山で下車。

高雄岡山神社の鳥居
▲旧岡山神社の鳥居

駅前から旧岡山神社へは、歩いて500メートルほどです。駅前を少し散策したので、結局2キロほど歩いて旧神社に到着しました。鳥居は近年整備され、笠木部分が復元されました。今では岡山のランドマークとして、活気ある街並みと市民の生活を見守り続ける日々です。
鳥居を眺めた後は、さらに歩いて社殿のあった寿天宮を見物しました。ここで石灯篭・手水鉢・清代の度量器具を記録に収め、岡山駅に戻って列車で高雄に移動しました。この時点で既に日没しており、旧橋仔頭社の収録は泣く泣く断念しました。それでも今回の5日間で、8か所の旧神社をめぐることができ、良い収穫になったと思います。

途中、新左営駅でわざと電車を降り、枋寮行きの客車鈍行に乗り換えました。10000系客車のジョイント音・くたびれた車内・古めかしい制動音に癒されながら高雄を目指します。

IMGP5203.jpg
▲全連福利センターで買い物

IMGP5198.jpg
▲六合夜市をぶらぶらと

IMGP5201.jpg
▲肉汁と葱たっぷり胡椒餅、おいしいよ

なかっぱ「たんたんぬんだぬん」
▲名物(?)の「たいなんのたんたんぬん」
これは・・・「キャプテン海道」と「なかっぱ」かい(ご当地キャラファン向け)!


列車で高雄に到着した後は、スーパーで家族への土産物を買い求め、その後六合夜市に移動しました。ここでは胡椒餅とパパイヤ牛乳を購入し、腹の足しにしました。

DSC06271.jpg
▲夜の高雄駅で一枚

六合夜市を後にして高雄駅に戻った後は、532次到着まで駅で休憩しました。23時になり、改札を抜けて構内に移動し、列車を数本撮影して過ごします。その後、到着した532次に乗り込んでひと眠りし、明朝の桃園到着を待つことになりました。とはいえ、毎回夜行列車ではあまり眠れないんですけれどね。

4日目の歩行距離:約10キロ

撮影日:2015年1月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
今回は、鉄道にせよ、パン食など、案外日本と変わりない雰囲気を感じました。

銅像、公開すると何かまずいのでしょうか?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年01月27日(火) 06:39
レラティーさん
蒋介石像のモザイクは皮肉ですよ!
あまり政治的なネタは出さないようにしていますが、今回だけは勘弁願います。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年01月27日(火) 10:14
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):