皆さんは台湾のご当地キャラクター(以下、台湾キャラ)、どのくらいご存知でしょうか?
答えられる方の大半はおそらく、セブンイレブンの「OPENちゃん」を挙げるかもしれません(あれはご当地キャラというよりも企業マスコットキャラだが)。

正直いうと、私もつい最近までほとんど知りませんでした。近年になり、日本の影響を受けたのか、台湾でも次々にご当地キャラが誕生するようになりました。ところが世間で知られているものはそう多くありません。これには様々な原因があります。

まず1つ目に、「名前が付けられない」ことが挙げられます。名前を付けないでただ、「~県(市区鎮郷でも良い)の吉祥物」と紹介するだけでは、たとえイラストが印象的であっても人々の心に残りにくいでしょう。結局、写真に撮って細かく分析するのは私のような極一部の物好きだけとなってしまいます。

続いて2つ目に、「期間限定でお役御免になる」例が多いということです。これは少し前の日本でもよく見られました。北九州博覧会のマスコットキャラで、大阪市の「あの」塩崎氏がデザインした「ヒビッキー」がその最もたる例です。「はばタン」のように、イベント終了後も別のマスコットとして続投するケースは増えてきましたが、台湾ではこのような例は非常に稀だと思います。

一方、「台湾を応援する会」によって「タイワンダー」なんていうマスコットキャラも誕生しました。果たしてあれを台湾キャラとすべきかどうかは議論の余地があるかもしれませんが、例の一つとして挙げさせてもらいます。

以上のような特色・問題点を有する台湾のご当地キャラですが、拙ブログでもできる限り取り扱うことができればと考えています。そこで、先日の台湾取材で得た、ご当地キャラに関する情報を写真とともにお届けいたします。それではご覧ください!

新竹吉祥物ゆるキャラでしょうか、竹寶寶
▲竹宝宝(竹ぼうや)
新竹駅ホームで竹のマスコットキャラのイラストを多数見かけたので、皆様にお届けします。
カッコ内は私が名前を勝手に和訳したものです。台湾キャラのデザインは立体感の強い傾向にありますが、こちらはどちらかというと平面的で、日本よりのデザインじゃないかと思います。

次に名前の「宝宝」についてですが、これもやはり台湾キャラに多く見られる単語です。これは日本語でいうところの「赤ちゃん」にあたりますが、キャラクター設定上、明らかに赤ちゃんではないキャラクターにも「宝宝」がよく使われています。つまり、日本のご当地キャラでいうところの、「~たん」や「坊や」に近いニュアンスで用いられているのではないかと思います。

着ぐるみもあるのですが、台湾キャラにしては結構いい出来だと思いました。

竹妹妹、台湾新竹の吉祥物で所謂ゆるキャラ
▲竹妹妹(竹むすめ)
「竹ぼうや」と同様、イラストを参考にしながら勝手に名前を和訳させてもらいました。

竹筍寶寶、台湾新竹の吉祥物で所謂ゆるキャラ
▲竹筍宝宝(タケノコぼうや)
こちらにも「宝宝」が付けられていますが、先ほどの「竹ぼうや」に比べて赤ちゃんっぽいですが・・・極力「宝宝」を直訳しないように気を付けたいと思います。
「たけボウ」と付けたいけれど・・・

たけ爺爺、台湾新竹の吉祥物で所謂ゆるキャラ
▲竹爺爺(竹じじ)

筊白筍阿、台湾新竹の吉祥物で所謂ゆるキャラ
▲筊白筍阿(マコモおばさん)
マコモタケ(竹ではなくイネ科植物)をモチーフにしています。

以上、竹をモチーフにしたマスコットキャラが新竹にいることが分かりました。これらの所属団体は新竹動漫画出版社ではないかと思います。ちなみに公式ホームページもありまして、テーマソングも存在します。
新竹ではアニメ・漫画を町おこしの一環として活用する取り組みが行われています。その点に着目すると、東京都練馬区の「ねり丸」に立ち位置が近いのかなと考えています。もっとも、あちらは区の公式キャラクターにもなっていますが。

風兒、新竹世博台湾館の吉祥物で所謂ゆるキャラ
こちらも新竹駅構内で見つけたものですが、上海万博(2010年)台湾館のマスコットキャラ「風児」です。万博終了後、同パビリオンを新竹に移した「新竹万博台湾館」のマスコットキャラとして続投することになりました。赤と白の2種類が存在し、こちらも日本よりの平面的なデザインです。
着ぐるみはもちろん用意されていますが、「唐ワンくん」よろしくヘナヘナ度が強いです。

名稱不明の台鐵竹南火車站吉祥物で、所謂ゆるキャラ
こちらは台鉄竹南駅のマスコットキャラです。
残念ながら名前はないようで、ネット上にもあまり情報が出回っていないレアキャラです。大きな橋上駅舎をモチーフにしています。色のことなる線路の腕は、山線・海線に枝分かれする縦貫線を示しているのでしょうか。

苗栗県の吉祥物、名前教えて・・・
苗栗駅前のバス停で見かけました、苗栗県のマスコットキャラクターです。被り物をしており、日本よりの平面デザインのせいか親近感が湧くような湧かないような・・・
このマスコットキャラ、実は以前にも取り扱ったことがあるのですが、相変わらず名前がよくわかりません。おそらく名前自体、付けられていないのでしょう。ただし着ぐるみはちゃんとあります。

名称不明、台湾嘉義市の吉祥物で所謂ゆるキャラ
こちらは嘉義市のマスコットキャラクターで、雌鶏をモチーフにしています。嘉義のご当地グルメといえば「鶏肉飯」ですから、鶏をモチーフにしたキャラクターが出ても何ら不思議ではありません。
このキャラクターはどうやら、北門駅界隈を中心に活動しているようで、着ぐるみも用意されています。所属団体は嘉義市なのか、その他団体なのか、よくわかりません。

デザインが可愛らしいので宣伝したいのですが、残念ながら名称不明です。良いデザインしているのだから、名前を付けないのは非常にもったいないです。「雞妹妹」でもいいから付けてやればいいのです。

IMGP5163.jpg
岡山駅前でバスにラッピングされているマスコットキャラを見つけたので、思わず一枚収めてしまいました。こちらは「高通通」といい、高雄市農業局に所属しています。実を言うと、例の「ゆるキャラ(R)グランプリ」にエントリーしていたので、知ってる人は知っているかもしれません。
着ぐるみは結構いいものが用意されており、これからの台湾キャラをけん引する存在として十分に期待できます。「コートントン」、覚えやすい名前ですね。

最後に、台湾の風景と「ササダンゴン」の組み合わせをご覧ください(ボスさんごめんなさい)。
右クリック・「要素を検証」クリックで、altタグに埋め込んだササダンゴン語録を見ることができます。時間がある人は試してみてね(ボスさん本当にごめんなさい)!

あきゃ、台北はスルーら・・・おいら阿宗麺線食べたかったろ。
▲桃園バスで空港から桃園駅に移動するササダンゴン

北門駅には古い木造客車が残ってるんらろ
▲ササダンゴンと北門駅(嘉義市)

あきゃ、おいらの顔にピントが合ってないろ!
▲ササダンゴンと台南州知事官邸(台南市)

またピントが合ってないろ!
▲ササダンゴンと延平郡王祠(台南市)

台南の孔子廟は台湾で一番古いんら
▲ササダンゴンと台南孔子廟(台南市)

あきゃ、あれは台湾の和菓子屋「手信坊」の麻糬寶寶ら!
▲ササダンゴン、桃園空港で「麻糬宝宝」(手信坊)と邂逅

撮影日:2015年1月15日~19日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんにちは。

青梅シエスタのふうちゃんです。

久しぶりに開いたら、
生まれた町、新竹の事でうれしくなりました。

日本の方が長いので、
もう、何も知らないので、
勿論、キャラクターの事も
全然、知りませんでした。

また台湾記事、楽しみにしています♪
#- [ 編集 ]    2015年01月28日(水) 13:59
ふうちゃんさん
コメントありがとうございます。
夕食は城隍廟でいただいたのですが、肉円と新竹米粉美味しかったですよ!

あいにく夜到着だったうえに苗栗泊だったので、思ったほど見て回れず残念でしたが、いずれ日本統治時代の建造物を中心に取り扱いたいと思っています。

ここ数年で、台湾でもご当地キャラクターが大増殖しており、我ながらびっくりしています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年01月28日(水) 21:50
なるほど
台湾のキャラ、確かに日本寄りですね。丸パクリしない所がいいですね。あの国とあの国は…


おっと横道。そのうち、台湾からも日本でのゆるキャライベントにゲストにやって来る日が来るんですかね。


千葉の黄色い悪魔はどこにでも行きそうですが(笑)。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2015年01月28日(水) 22:03
焼きそばさん
「船梨精」はメディアに煽られて図に乗るところがあるので、正直言うとあまり好きではありませんが、スタッフを要せずとも行動力を十分に有しているのが唯一の良いところですね。

これは個人事ですが、わざわざ所属団体を作って、当初のキャラクター設定からぶれた挙句、わざわざ高価な着ぐるみを新調したのに活動からたった1年半で活動休止して、ファンが動向を見守っているというのに2年も音沙汰なく、いつの間にか活動をうやむやにしてしまうような、福岡を中心に活動していた某マスコットキャラにアレの爪の垢を煎じて飲ませてやりたいです。

それはともかく、台湾のマスコットキャラは「OPENちゃん」以外あまり知られていないので、このブログを通じて宣伝できればと思っています。実はまだ、着ぐるみに遭遇したことはありません。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年01月28日(水) 23:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):