桃園空港から桃園バスに揺られ、桃園市街地に出てきました。今回、空港から台北に立ち寄らなかった理由は、移動費の節約と明るいうちに旧桃園神社に足を運ぶためです。時計を見るとちょうど4時ごろで、ぎりぎり日没に間に合いそうです。

途中の春日路口でバスを降り、歩いて旧桃園神社を目指してみることにしましょう。

IMGP4693.jpg
バス停の横は空き地になっており、見事なススキ原が広がっていました。ススキの形状は通常よりもやや大きく、おそらくトキワススキの一種じゃないかと思いました。セイタカアワダチソウが全く咲いていないのが良いです。

IMGP4694.jpg
省道1号沿いに入り、東へ進みましょう。そして左折して三元街に入り、南崁渓を渡ります。

IMGP4698.jpg
河川敷は「桃園桧稽河浜公園」として整備されています。

IMGP4699.jpg
▲桃園桧稽河浜公園

IMGP4700.jpg
サイクリングロードも整備されています。晴れた日にサイクリングをやってみたいですね。

IMGP4702.jpg
茂みに目をやると、キジ白猫と茶トラ猫がいました。残念ながら全く人馴れしておらず、顔を少し向けるだけで遠ざかってしまいました。どうやら、近所の住民からも煙たく思われているようです。

IMGP4703.jpg
2013年初頭に廃止された林口線の廃線跡と交差します。踏切前後のレールは剥がされていますが、その他の場所は全く手つかずのままにされいます。

IMGP4704.jpg
▲林口線の廃線跡を眺めて

IMGP4705.jpg
▲福徳祠

IMGP4710.jpg
三元路を進み続けると、最終的に桃園郷道11号に出てきます。交点を右折すれば、目的地の旧桃園神社はすぐそこです。

ここ桃園県は2014年末に直轄市へと移行されており、旧桃園市は桃園区になりました。以降から間もないため、今でも至る所に「桃園県政府」と記された看板があります。いずれ「桃園県」の文字を見ることは少なくなるでしょうから、目に入ったら記録に収めておきましょう。

IMGP4709.jpg
旧桃園神社を出て南へ歩いていると、「倒店」と銘打って青空市場が開かれていました。日常雑貨品が道端に並べられています。雑貨店を閉めたから、店で売れ残った商品を道端で売るよ・・・ということでしょうか。

撮影日:2015年1月15日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):