苗栗から台鉄山線を北上して竹南にやってきました。ここから海線の電車に乗り換えるのですが、なんと区間車は1時間に一本ほどしかなく、あえなく同駅で長時間待ちぼうけをくらうことになりました。

台鐵竹南站前
折角なので、竹南駅の外に出てみましょう。駅前は路上駐車だらけで、建物が密集して油の匂いがする、いわゆる「西海岸」にはよくある市街地が広がっています。近くには市場があり、中に入ると活気ある「庶民の台所」が広がっていましたよ。

台湾都市部の新たな形、苗栗県竹南鎮の場合
一方で、中には写真上のように建物の建て替えと同時に、歩道が新設された区画もあります。歩道というよりもむしろ、これは「亭仔脚」の亜種といえますが、歩行者のためにあるので歩道といっても間違いではないです。

バイクや自動車が乗りつけて歩道が塞がらないよう、道路よりも一段高くしてあります。これは路上駐車やバイクの大量駐車で(ただでさえ、台湾は歩道が少ないというのに)、動線を失った歩行者が難儀するのを防ぐための知恵といえましょう。

DSC06010.jpg
駅前の様子を一通り見終え、再度竹南駅に戻ってきました。側線にはEMU700型が停車しています。

DSC06011.jpg
▲竹南駅第1Aホームと駅前の倉庫

DSC06013.jpg
▲駅ホームから赤い鬼のような像が見えるぞ
非常に目立つこの巨大な像は五穀先帝宮にあるもので、薬と農業をつかさどる神・神農をかたどっています。

e151次竹南站通過
苗栗方面からE1000型が接近し、そのまま通過していきました。時刻表には載っていないスジの列車です。
この列車は営業列車ではなく回送A151次であると、youtube視聴者の林さんよりコメントをいただきました。ありがとうございます。



DSC06012.jpg
▲竹南駅を通過し、新竹方面を目指すE1000型回送A151次

EMU800型區間車竹南站到着
新竹方面からEMU800型区間車が到着しました。竹南から進路を山線にとり、苗栗を目指す列車です。



e416chikunan.jpg
次いで、やはり新竹方面から莒光号511次が到着しました。先頭に立つE416には「迎曙光」HMが付けられています。
莒光号といえば客車ということで、早速編成中の客車について、じっくり見ていきましょう。手動扉の列車なので、度の客車も車齢が高く、いつ廃車になってもおかしくないものばかりです。

1-fpk11103.jpg
▲1両目:FPK11103
10000系FPK11000型です。

2-sp32967.jpg
▲2両目:SP32967
32850系SP32950型です。

3-sp32870.jpg
▲3両目:SP32870
32850系SP32850型です。

4-sp32853.jpg
▲4両目:SP32853
32850系SP32850型です。

5-fpk1008.jpg
▲5両目:FPK1008
10000系FPK1000型です。
同系列のうち、台車・台枠流用車には「基本的に」4桁の番号が振られています。「基本的に」としたのは、後に流用車にも5桁の番号が振られるようになったからです。

6-fp1009.jpg
▲6両目:FP1009
10000系FP1000型です。

7-sp32807.jpg
▲7両目:SP32807
32850系SP32800型です。
32700系SP32800型(初代)の台車・台枠を流用し、SP32850型と同じ車体に振り替えられて誕生しました。いわゆる「観光号客車」の成れの果てです。台車・台枠が非常に古いため、今走っていること自体が奇跡的な車両の一つです。

8-fp10010.jpg
▲8両目:FP10010
10000系FP10000型です。



撮影日:2015年1月16日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):