2015年1月、私は夜の台鉄高雄駅にいました。ここから夜行列車莒光532次に乗車して、早朝の飛行機に乗るため桃園駅へと向かうのですが、列車到着まで1時間近くあったので高雄駅の様子を記録に収めて回りました。

同駅付近では地下化工事が行われており、そう遠くない将来に高雄駅は地下に移設される予定です。高雄駅を発着する列車を地上で撮影されたい皆様方、早いうちに足を運んだ方が良いと思います。

橋上高雄駅
▲高雄駅舎

old takao station
▲旧高雄駅舎
現在の高雄駅は橋上式になっており、地下化工事の関係で改札口とホームが若干離れています。立派な構造の駅舎ではありますが、一応「臨時駅舎」という位置づけにあります。日本統治時代に建設され、旧奈良駅にそっくりの旧駅舎は現行駅舎の東隣に移設されており、大切に保存されています。

高雄市の市街地は元々、愛河(旧高雄川)西岸一帯に広がっており、初代高雄駅もその中にありました。ところが日本統治時代末期になり、市街地の拡張が計画されたことに伴い、高雄駅は現在の位置に移転しました。初代高雄駅は高雄港駅となり、廃止後は鉄道公園として整備されています。現在の高雄駅前一帯は日本統治時代に設計された区画とはいえ、本格的な整備は戦後になってからということもあり、日本統治時代の建物は愛河西岸一帯に比べると多くありません。

積み上げられた高雄駅用具類
使われなくなった駅名標、乗車位置表示等がまとめて一角に置かれています。

地上駅としての高雄駅は残りわずか
改札からホームへと続くコンコースは吹きさらしになっています。窓には金網が張られており、ゆえに外の景色は若干見づらいです。

終点高雄駅に到着した客レ区間車
▲枋寮から来た客車列車の区間車
屏東線非電化区間を走る区間車は基本的に、屏東以西に乗り入れています。新左営まで行く列車もありますが、写真上の列車は高雄止まりです。R100型133号機が枋寮からずっと牽引してきました。

台鐵高雄駅の乗車位置表示
▲乗車位置表示
「お降りのお客様を先にお通しください」と記されています。

地上の高雄駅に佇む客車列車
▲回送を待つ莒光号客車
客車列車にも自動ドアが普及してきましたが、果たして手動ドアのグループはいつまで走り続けるでしょうか。手動ドアの莒光号は基本的に32850系と10000系の混結です。

DHL100型と連結して車庫に戻る客車
DHL100が客車を車両基地に回送するため、ゆっくりと近づいてきました。作業員の誘導で客車と連結します。

DHL100型と並ぶEMU800型
屏東からEMU800型区間車が到着しました。ここでしばし、DHL100型先頭の回送列車と並びます。

闇夜に浮かび上がるアメロコ
▲闇夜の高雄に浮かび上がるアメロコ

台東方面からDR2900型がやってきた
EMU800型の区間車出発後、続いて台東方面からDR2900型自強号が到着しました。出発するときはいつも通り、重そうな足取りで加速していきました。

莒光号532次は西部幹線の夜行列車だ
電光掲示板を見上げると、今回乗車する莒光532次の表示が既に流れていました。列車は深夜の西部幹線をこまめに停車しながら、七堵を目指して走行します。

撮影日:2015年1月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんにちは。去年の夏に高雄から莒光号で屏東に行ってきましたよ。暑かった!高雄駅は地下化してしまうんですね、知りませんでした。
たまり #- [ 編集 ]    2015年03月07日(土) 18:13
素敵な駅舎ですね
移設されても保存される、いい事ですよね。全ての建物がそうなる訳ではないだけに…。


夜の電車はサラリーマンの香りですが、夜の客車は旅の香りですね…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2015年03月07日(土) 22:39
たまりさん
夏場の台湾南部は尋常じゃないくらい暑いんですよね。列車の中は外が暑い分、冷房ガンガンになっていますが(笑)
台北市内に続いて高雄市街地も地下化するので、市街地を走る台鉄線の列車を撮るチャンスはそう多くないかもしれません。台南でも地下化が計画されているんですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年03月11日(水) 18:05
焼きそばさん
台北方面発の夜行には2013年夏に乗車したことがあるのですが、「帰宅列車」に近い状況が新竹付近まで続きました。その反面、高雄方面発の列車はずばり「旅の香り」がしました。

2013年に高雄に来た時は旧駅舎の撮影を忘れていただけに、今回は絶対に撮影しようと思い、到着後真っ先に旧駅舎に行きました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年03月11日(水) 18:08
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):