今回お送りする通霄(つうしょう)駅は台湾西部、苗栗県通霄鎮にあります。同駅は竹南から台湾海峡沿いを経て彰化駅に至るルート(海岸線)上にあり、「海線」という愛称名で親しまれています。竹南から苗栗、台中を経て彰化に至るルートは「山線」と呼ばれており、こちらが台湾西海岸の大動脈となっているのに対し、「海線」の方は単線区間が至る所に残っており、ローカル色が非常に強いです。

福島県には「浜通り」「中通り」という地域区分があるじゃないですか?ここ苗栗県も福島県のごとく、「海線」沿いの地域と「山線」沿いの地域、そして県東部の原住民居住地域に三分できるのではないでしょうか。

IMGP4850.jpg
▲竹南から通霄まで乗車したEMU500型区間車の車内
EMU500型はローカル区間のヌシともいえる存在です。残念ながら乗り心地は・・・なので、竹南から嘉義まで鈍行で移動しているときに、すべてこれにあたるとキツイです。

「ずっとEMU500なんて嫌だ!」という人は、IC乗車券を買って斗六で優等列車に乗り換えましょう。もっとも、台中地区でIC乗車券が利用できるようになれば、斗六(もしくは林内)までEMU500の苦行を味わうことなく、快適に移動できるようになるはずです。ただし着席は保証しません。

IMGP4853.jpg
▲「海線」の車窓から(土地公祠と風力発電所)


長い前置き・・・大変失礼いたしました。ここからは通霄駅について見ていきましょう。

同駅は通霄鎮の中心部にあり、あの有名な旧「通霄神社」もすぐ近くにあります。駅舎自体は、台中からのシャトル列車の折り返し駅とは思えないほど小ぶりで、可愛らしいと思えてくるほどです。


▲通霄駅前の風景

IMGP4862.jpg
▲駅前通りから通霄駅を眺めて

IMGP4861.jpg
▲苗栗バス
駅前には大きな交差点があり(台湾には歩道のある道路が少なく、ゆえに交差点が大きく見えてしまう・・・つまり錯覚だ)、苗栗バスや巨業交通のバスやらが行きかいます。

DSC06040.jpg
▲通霄駅前で憩う巨業交通のバス
巨業交通は主に台鉄「海線」沿いに路線を展開しており、「交通」と名乗る数少ないバス会社です。拙ブログでは「~バス」と言い換えているので登場頻度は少ないですが、台湾のバス会社はたいてい「~客運」と名乗っています。

通霄車站房內
駅舎内は外観からお分かりの通りコンパクトです。IC乗車券の利用エリアではありませんし、自動改札機が設置されていないこともあり、ローカル色プンプンです。なんとなくですが、東海岸の駅に通じるところがあります。

DSC06042.jpg
改札を抜け、地下通路を通ってホームに上がります。これとは別に、エレベータのみですが跨線橋もあります。体が丈夫な人だったら、基本的に地下通路を通った方が便利でしょう。

DSC06043.jpg
▲通霄駅跨線橋

DSC06045.jpg
▲第2A・Bホームと風力発電所

通霄車站木造倉庫
▲駅横に建つ木造倉庫

親分の風車ではない
▲白い風車

ホームは2面4線の構造になっており、構内は比較的広い部類に入ります。自強・莒光号と区間車が停車し、一部区間車は前述したようにここで折り返します。


▲手で転がすことができる小さな木製台車

EMU500型區間車到通霄車站
▲通霄駅に到着するEMU500型区間車彰化行き



撮影日:2015年1月16日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):