今回、私は北陸本線を米原から直江津まで乗りとおしました。特急で辿るのも良いかもしれませんが、「青春18きっぷ」を使って、ゆっくり鈍行列車の旅を楽しむことにしました。まずは起点の米原に行きましょう。

IMGP5303.jpg
旅は大阪駅から始まります。今回、「青春18きっぷ」を購入したのも大阪駅でした。駅構内には北陸新幹線開業を告知するポスターや、それにあわせて廃止された寝台特急「トワイライトエクスプレス」、特急「北越」「はくたか」を惜しむポスター・寄せ書き等も見られました。いよいよ日本の客車列車が希少種から絶滅危惧種になる時代が訪れてきたのです・・・いくつかSL牽引用で残るでしょうけれども。

IMGP5302.jpg
▲鈍行列車の旅がし辛くなる北陸界隈

IMGP5304.jpg
▲新!北陸始まる

IMGP5305.jpg
▲大阪駅にて、「トワイライトエクスプレス」の乗車位置

IMGP5306.jpg
▲あまり撮影の被写体にならない221系
拙ブログに221系を登場させるのは、これが初めてではないでしょうか。撮りたいときに来ない、撮れないときによく遭遇する系列です。

IMGP5307.jpg
▲米原駅で名古屋方面の乗客を待つ、JR東海の311系
朝早くの新快速に乗り込み、近畿の街並みや琵琶湖沿岸の長閑な風景を楽しみながら米原駅に到着しました。ここから後続の新快速敦賀行きに乗り換え、琵琶湖東岸部を経て山を一つ越え、北陸は越前の国敦賀に入ります。

IMGP5308.jpg
▲坂田駅前に建つ、山之内一豊・千代夫妻像
NHK大河ドラマ『功名が辻』で有名になった武将とその妻です。坂田駅周辺が両者ゆかりの地ということもあり、像が建立されました。

IMGP5309.jpg
▲坂田駅に到着
駅前に建つ大きな建物「近江母の郷コミュニティハウス」は駅舎というよりもむしろ、コミュニティセンターです。

DSC06357.jpg
▲北陸の玄関口・敦賀駅に到着

IMGP5312.jpg
▲工事中の敦賀駅前
敦賀駅に到着後、乗り換え予定の金沢行きが到着するまで約1時間もあります。北陸本線に関しては、普通と特急の接続は良いのですが、普通と普通の接続は非常に悪いことで知られています。乗り換え列車が来るまでの間、駅構内や駅前周辺をうろついたりしましょう。

IMGP5310.jpg
駅舎は近年リニューアルされており、前回(2012年3月)訪れたときよりも綺麗になっていました。改札口の横には待合室のほか、観光案内所・コンビニ・うどん屋が入っており、長い待ち時間を暖房の効いた快適な待合室で過ごすことができます。

もっとも、北陸新幹線延伸後、金沢以東は第三セクター鉄道に移管されましたし、その影響により敦賀以東に行っても、JR線を通るだけで北陸以外の地方に抜けることはできなくなりましたから、おそらく「青春18きっぷ」で北陸を旅する方は今後、減っていくかもしれませんが。

IMGP5311.jpg
▲敦賀駅待合室 天井部分を眺めて

IMGP5313.jpg
▲「トワイライトエクスプレス」お別れパネル

IMGP5314.jpg
▲「トワイライトエクスプレス」の遅れを告知する掲示板
所定10時52分到着のところ、4時間半遅れの15時30分ごろに到着すると書かれてあります。

IMGP5315.jpg
▲小便小僧「敦ちゃん」


▲トワイライトエクスプレス牽引機EF81形の巨大模型

DSC06358.jpg
▲489系・・・

敦賀から521系の普通列車金沢行きに乗り換え、一気に金沢を目指しましょう。先ほど敦賀で握り飯とコーヒーの簡単な腹ごしらえを済ませたので、空腹を気にするという心配はありません。ところが敦賀から金沢まで2時間以上の長丁場ということもあり、列車通過待ちの時に外に出るなど、体調を気にしながらの移動となりました。

IMGP5316.jpg
▲今庄駅での一コマ
不思議なことに、長時間の移動とはいえ、なぜか北陸本線の旅で「暇」を感じることはありません。山陽本線で下関から相生に抜けるとき、毎回ながら非常に「暇」を感じます。あれほど辛い鉄道旅は経験したことがありません。長い移動を経て広島についても、行程はまだ半分以下・・・あまりに辛いので、今回はフェリー移動で省いたほどです。それに比べ、北陸本線の旅というのは毎度のことながら楽しさを感じます。理由はわが事ながら分かりません。

DSC06360.jpg
▲小松駅で特急列車を退避
北陸地方を東に進み、金沢が近づくと左手に新幹線の高架が現れました。「これが白山車両基地か・・・」と感慨に浸りながら車窓を眺めていると、あっという間に金沢駅に到着。


▲白山車両基地の横を通り金沢へ


▲ひっくり返った「日本海」


▲「トワイライトエクスプレス」と「はくたか」の乗車位置表示

約1年ぶりに金沢駅に降り立ちました。ここで七尾線の電車に乗り換えるため、ホームを少しだけ見て回り、七尾線乗り場に移動しました。今回の移動記録はここまでです。


▲北陸本線の旅動画(米原⇒富山)編


▲北陸本線の旅動画(富山⇒直江津)編
動画でも北陸本線353.8kmの旅をお楽しみください。

撮影日:2015年3月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
絶滅危惧種、かあ…。
なんとなくですが、北陸の寒さと普通列車と演歌、セットのイメージがあるんですよ。


残せるものは残してもらいたいですけどね。それにしても、311系、ドンピシャでしたね♪
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2015年03月27日(金) 15:55
焼きそばさん
寒さ・列車・演歌の3セットに加え、背景を付けるなら東尋坊・・・ですよね!?

10年前まで、近所を青い夜行列車が通っていたなんて信じられないような時代になりました。新幹線が早くなって便利にはなりましたが・・・
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年03月27日(金) 21:15
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):