2015年は3月末、ついに桜咲く季節が訪れてきました。3月27日現在、既に福岡市の方では桜が綺麗なんだそうですが、宗像はまだまだといったところです。

これはあくまでも我が家近辺のことなので、もしかすると同じ宗像市内でも別の地域に行けば、すでに開花しているかもしれません。そこで今回は、私が「宗像市内で一番桜が美しい」と信じてやまない、東郷小横の「示現神社」に足を運んで、今シーズンの桜開花を確認しに行ってみました。

間もなく春が来る、福岡県宗像市
目的地の「示現神社」に到着しました。予想通り、ぱっと見ではまだ桜の彩りを感じることはできません。さて、花は咲いているでしょうか・・・開花を確認するため、境内に入ってみましょう。

宗像市にある示現神社
ここは桜が咲いていなくても、周囲が「農村」の面影を残しているので、落ち着きがあって心癒される場所です。たとえ周囲が新興住宅地になったとしても、昔の記憶すべてが失われるというわけではないのです。宗像市内各所を調査する中で、私はそのことを学んできました。

宗像市で一番桜が綺麗寺な神社
一の鳥居の近くで足を止め、桜の枝に目をやると・・・あります、桜の花がぽつりぽつりと開いています。まだ二分咲きにも満たない程度ですが、2015年の宗像にも桜の季節が訪れました。桜が咲けば、徐々に空気が暖かくなり、過ごしやすい季節が訪れます。

福岡県宗像市の神社
▲宗像にも春が来た

撮影日:2015年3月27日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):