今回は新潟県西部、糸魚川市にある「水嶋磯部神社」の様子をお送りします。同神社は筒石駅から歩いて10分ほどの場所の、日本海に面した場所にあります。眼下には筒石漁港があるほか、国道8号線も通っています。

IMGP5516.jpg
▲神社全景
神社のすぐ横にはかつて、北陸本線の線路がありました。複線・電化の際、海岸沿いを通るルートからトンネル中心の内陸部を通るルートに変更されています。旧線跡はサイクリングロードになっており、場所によっては鉄道時代の雰囲気をよく残している場所があります。

IMGP5515.jpg
▲稲荷式鳥居
水嶋磯部神社には、稲荷式の明神鳥居と赤い神明鳥居がそれぞれ一基ずつあります。

IMGP5510.jpg
▲「村社 水嶋磯部神社」社号標

水嶋磯部神社の赤鳥居
▲赤い神明鳥居

水嶋磯部神社の手水鉢
▲時代を感じさせる手水鉢

新潟県糸魚川市筒石にある水嶋磯部神社
▲拝殿

水嶋磯部神社の狛犬水嶋磯部神社の狛犬
▲狛犬

IMGP5514.jpg
▲末社・塚田利夫顕彰碑
塚田氏に関する詳細は不明です。ご存知の方がいらっしゃれば、どうかご教示願います。

IMGP5507.jpg
▲神社の近くにある忠魂碑

撮影日:2015年3月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
稲荷式鳥居、明神鳥居、神明鳥居という言葉を使われていますが、どう違うのでしょうか?

赤い鳥居は稲荷神社という意味でしょうか?
北海道内は、都府県に比べると、寺社仏閣は非常に少ないですが(学生アンケートしたら、道外から来た方の驚くことランキング4位ぐらいでした)、何軒(?)か見た稲荷神社は全て赤い鳥居だったような気がします。
#rcEo15nI [ 編集 ]    2015年04月26日(日) 23:34
No title
最近、コメント記載欄ですが、なぜかName:とURL:の欄の表示が消えましたね・・・

気付かないまま何件かコメントしてしまい、すみません。
また、名無しの権兵衛でも、エラーにならない掲示板・ブログは今まで無かったので、それも気付かなかった要因です。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年04月26日(日) 23:38
レラティーさん
文面からレラティーさんのコメントではないかと思っていましたが、やはりそうでしたか。謎が一つ解けて良かったです。

鳥居の構造についてですが、おおざっぱながら私の小さな脳みそをギュッと絞って説明してみます。まず明神鳥居は一番上に乗っかる石材が二つ重なっている(笠木・島木)ものを指し、次いで神明鳥居は伊勢神宮や靖国神社で見るような、シンプルな構造のものを指します。稲荷鳥居というのは明神鳥居の派生で、柱の一番上の部分(笠木と接する部分)に輪っかが付いているのが特徴です。

靖国鳥居は神明鳥居の派生で、貫(笠木の下にある平行材)の形状が角を帯びているのが特徴です。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月01日(金) 23:46
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):