2015年3月、私は北陸新幹線延伸を間近に控えた長野へと足を運びました。長野滞在は約3時間と短いうえに、天気が悪く善光寺参りをする気分になれなかったので、駅構内をぶらぶらして時間をつぶすことにしました。今回はその時の様子をお送りします。


▲長野駅前の様子
じつはこの時、長野県のマスコットキャラクター「アルクマ」とニアミスしています。長野キャラ数体が長野駅前でグリーティングしていたようですが、それに気づかず駅ビル内をうろうろしてしまいました。イベントに気が付いたときには既に時遅し、時計を見るとグリーティング終了時間を10分もオーバーしていました。

長野キャラといえば、今まで「アルプちゃん」や「おこみん」しか見たことがなかったので、絶好の機会でしたが・・・


天気が良ければ長電にも少し手を付ける予定でしたが、2007年に湯田中まで乗車したことがあるので、今回は駅入口を見るだけで引き返します。利用客の少ないローカル私鉄の宿命か、譲渡車ばかりになってしまいましたね。


駅コンコースには至る所に、北陸新幹線関連の垂れ幕が設置されています。


撮影当日、北陸新幹線金沢延伸まで残り7日となっていました。カウントダウンパネル右上にあるのが、今回見損ねた「アルクマ」です。「そばっち」(岩手県)や「きてけろくん」(山形県)同様、「デスティネーション系」ご当地キャラの一つに分類することができます。


▲北陸新幹線延伸PRの垂れ幕


長野冬季五輪からはや15年以上・・・つい最近の出来事のように思えますが、もう昔の話なんですよね。長野を賑わせた「銀色の夢」は遠い彼方へ・・・


「りんごのひろば」は長野駅ビル内にある多目的スペースです。一角は休憩スペースになっており、巨大ガラス窓を通じて長野駅前を一望できます。


▲長野駅「りんごのひろば」を眺めて


▲長野駅在来線改札口
「妙高」の表示が懐かしいです。


▲長野駅からの運賃表―信越本線長野~直江津駅間・北陸本線直江津~筒石駅間を中心に


▲長野駅駅名標
長野駅以北は第三セクター鉄道に移管されるため、テープを使って仮の表示がなされています。


▲しなの鉄道115系の快速列車


HB-E301系「リゾートビューふるさと」が到着しました。JR東日本では既に、このようにハイブリッド車両が実用化されています。


▲HB-E301系「リゾートビューふるさと」足回り


▲HB-E301系「リゾートビューふるさと」乗降口付近


▲夜の長野駅に佇む115系信州色


直江津行きの189系「妙高5号」が入線してきました。使用編成はなんと、両端に183系が連結された国鉄色N101編成です。


▲長野駅で出発を待つ189系「妙高5号」

撮影日:2015年3月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):