製糖の街・雲林県虎尾は台湾最後のシュガートレインが走る場所として、日本人の間でも有名です。今回はシュガートレイン撮影の方向けに、市街地中心部にあるホテルを一つご紹介します。

今回ご紹介するのは「華南大飯店」といい、私もここで一泊しました。市街地北部のロータリー沿いにあります。虎尾バス停からは約300メートル離れており、バスを降りて徒歩移動できる便利な場所です。ただし、台糖虎尾総合工場や入口・同直営店とは1キロほど離れているのでご注意ください。


▲華南大飯店外観
一階にはホテル直営と思しき小さな食堂があります。


▲虎尾・華南大飯店廊下


▲虎尾・華南大飯店エレベーター付近の様子
ウォーターサーバーが設置されており、気軽に飲料水を得られるのが嬉しいです。


▲虎尾・華南大飯店からロータリーを眺めて
奥にあるのはコインパーキングですが、長年駐車場不足に悩まされていた台湾でもようやく普及してきました。路上駐車が多いと歩きづらいので助かります。


▲虎尾・華南大飯店の室内(ベッドまわり)
全体的に清潔で、埃もほとんど見られません。


▲虎尾・華南大飯店の室内(テレビ・ポット類)


▲虎尾・華南大飯店の室内(机・ドライヤー類)
ドライヤーの存在はありがたいです。場所によっては設置されていない所もありますので・・・


▲虎尾・華南大飯店の室内(シャワー・トイレ)
シャワーを固定するフックが壊れていました。歯ブラシ・せっけん類は用意されています。


▲宿泊料金は700元(シングル)

撮影日:2015年1月16日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
前回は、くだらないコメントをして、すみませんでした。

さて、台湾の飯店、日本だと安宿の部類になってしまう設備に見えてしまうのですが、気のせいでしょうか?
700元とは、new taiwan dollerの意味だと思いますが、日元ではどれぐらいでしょうか?
日本だと、東横インなどでよく見るアクアクララっぽい物があるのは、外国だと水道水が飲めないという事情でしょうか?

渋滞、酷いんですね。。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年05月11日(月) 21:12
レラティーさん
ホテルによっては同じ7~800元でもサービスに差があるのを実感します。都市部だと、どうしても低サービスでも高額になってしまいがちですが、田舎だとそうでもなさそうです。あ、もちろん例外はありますよ!
以前、玉里で宿泊した玉麒麟別荘は石鹸もドライヤーもなくて大変でした。

台湾元は日本円に換算すると、1元=4円といったところです。以前は3円台でしたが、円高の影響でちょいと高くなってしまいました。レートは日本よりも現地の方が良いので、両替するのであれば到着後にやった方が良いかもです。

台湾の水道事情についてですが、あそこは基本的に硬水なので、飲むと人によってはお腹を壊すといわれています。沖縄も硬水のようですが、あちらは飲めるように水道局の方で処理されているみたいですね。初めて台湾を訪れたとき、水で口を漱ぐときはかなり警戒(笑)したものですが、今ではそれほどシビアにならなくなりました。山の方に行くと水が綺麗ですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月11日(月) 22:13
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):