和歌山はかつて御三家のひとつ・紀州徳川氏の城下町でした。松平健氏主演の時代劇『暴れん坊将軍』のモチーフになった8代将軍徳川吉宗はこの紀州徳川氏の出身です。『暴れん坊将軍』はよく見ていたので、ずっと和歌山城に行ってみたいと思っていました。ようやく念願がかなったというわけです。

今回は吉宗が若き日を過ごした和歌山城を巡ってみましょう。


▲和歌山城前の大通りはJR和歌山駅へと続く
JR和歌山駅から道なりに一直線でお城の目の前に至ります。


▲和歌山城お濠


門をくぐり、和歌山城址へと入っていきます。公園化されているので通行人は多いし昼間ですが、気分は忍びです。音も立てずに歩いて・・・なんてのは冗談ですよ(笑)


ちょうどシダレザクラの季節に来ることができて良かったです。ソメイヨシノがまだ咲いていなかったこともあり、一足早いお花見を満喫することができました。


▲「桜まつり」の提燈が賑やかだ


▲伏虎像
この「伏虎像」はその名の通り、虎が寝そべっている姿をかたどった像です。比較的新しい物件ではありますが、記録に一枚収めておきましょう。


▲和歌山城の石垣を見上げて


▲西の丸庭園


▲和歌山城天守郭を見上げて


おや、これは「吉宗くん」(和歌山市観光協会)じゃないですか。たしか2009年の時点ですでにいたと記憶しています。いつの間にか立体化もされているようです。


和歌山城にも猫がいます。写真上は茶トラ白とキジトラの2匹。


▲和歌山城の白猫


▲和歌山城天守郭がよく見える場所から一枚
城郭のすぐ横には和歌山県護国神社もあります。神社に関心のある方はぜひ、護国神社の方にもお立ち寄りください。

撮影日:2015年3月22日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
駅前のあの広い道路を、ただ進めば城に行けるんですね・・・
次回訪問したいものです。

石垣の積み方も、城によって様々ですが、この雑に思える積み方にも興味がでてきました。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年05月11日(月) 21:22
レラティーさん
石垣の積み方は城によって特色があるので、もしかすると石垣マニアもいらっしゃるかもしれませんね。

和歌山城はJR和歌山駅から行っても南海和歌山市駅から行っても、ほとんど同じ距離です。私は歩いていきましたが、バスに乗っていくのも一つの手でしょう。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月11日(月) 22:16
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):