北陸新幹線金沢延伸前の2015年3月初頭、457系の数少ない定期運用だった黒部行き普通列車に乗車しました。朝の富山駅を後にして富山平野を進み、宇奈月温泉の玄関口・黒部を目指します。


黒部行きが発着するホームに上がると、今回乗車する列車は既に停車していました。出発時間まであと2分ということで、撮影はほどほどに抑えて乗車することにしましょう。


▲457系の運転台から457系国鉄急行色を眺めて
北陸新幹線延伸前の北陸本線富山以東は国鉄型の天下でした。


▲富山駅で出発を待つ457系のデッキ


▲457系と457系の「にらめっこ」―どちらも原型ライトなのが嬉しい

朝ということもあり、車内は若干賑やかではありましたが、どうにか窓沿いの座席を確保することができました。古びたボックスシートに落ち着くと、列車はすぐに動き出しました。急行型らしい素早くも落ち着いた加速とともに、徐々に速度が上がっていきます。

北陸本線は富山からいったん北上し、海が近づくと進路を東に変えていました。乗車していると方角を気にすることはありませんが、空に上がる太陽を見ると、確かに東進ではなく北上していることが分かりました。北上しているということは、すなわち旧富山港線(富山ライトレール)と並行する形で進んでいるということになります。


▲滑川駅に到着
富山駅出発後、いったん離れ離れになっていた富山地方鉄道が寄り添ってくると滑川駅に到着です。ここから黒部まで、地鉄と並行する形で進んでいきます。


▲富山地方鉄道電鉄魚津駅
並行する地鉄の電鉄魚津駅を横目に高架をしばらく進むと、まもなく魚津駅です。本数が少ないのか、なかなか地鉄の電車に遭遇しません。駅ビルがあったころに比べ、電鉄魚津駅のホームはどこか明るくなっています。


▲ミラたん(富山県魚津市)
通り過ぎただけなのに感謝されるとは・・・いえいえ、どういたしまして。え、我々に向かって言ってるわけじゃないと?


地鉄を横目に富山平野を眺めていると、ついに地鉄電車に遭遇しました。
遠くから近づいてくるのは元京阪3000系こと10030系です。かなり改造されているので京阪時代の面影は薄くなっていますが、「ダブルデッカーエキスプレス」となった1編成に関しては例外で、京阪時代にかなり近い姿に戻されています。実はまだ見たことがないんですよ。


▲朝の富山を行く急行型電車


▲ボックスシートから眺める富山平野は実に素晴らしい


▲小さな駅に停車しながら、徐々に終点へ・・・


急行型の旅はあっという間に終わり、ついに終点の黒部駅に到着しました。このまま直江津まで乗っていたい気分でしたが、後ろ髪をひかれながらもホームに降り立ちます。おりしも富山方面行きの413系も到着しました。


残念ながら単色化されたとはいえ、車体が持つ美しさは全く消え失せていません。糸魚川方面の列車はまだ来ないし、しばらくホームで列車を眺めていたかったので、結局10分ほどホームをうろついてしまいました。


▲黒部駅に佇む457系6連

撮影日:2015年3月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんばんは。

電鉄魚津駅といえば、電鉄魚津ステーションデパートのイメージが強すぎて、
半分廃墟みたいな駅を想像してて、ホームも同じようかと思っていたら、
2年前に近代的な駅舎になってたんですね。

475系の6連、圧巻ですね。
往年の急行時代(当時はもう少し長かったかもですが)を彷彿とさせます。
これで塗装が…いや、贅沢は言いません。
そもそも、475系の6連自体もう見れないかもですし。
KZ-1 #- [ 編集 ]    2015年05月17日(日) 01:16
KZ-1さん
身近な場所にも電鉄魚津駅と同じく、大きな廃墟のような駅舎を持つ後藤寺線の船尾駅がありました。電鉄魚津駅を初めてみたとき、真っ先に船尾駅を連想したものです。今では船尾駅も更地になり、当時の面影は殆ど見てとることができませんが、いつまでも私の記憶にしっかりと留まり続けるでしょう。

457系の6連はかねてより収めたかったので、黒部駅到着後にちょうどいいアングルで収めることができて良かったです。終点に到着したばかりの、夜行急行のような雰囲気が良かったですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月17日(日) 16:04
こんばんは。
拙ブログにコメント頂きありがとうございました。
北陸本線は、全線を乗り通すことのないまま経営分離されてしまいました。富山駅に集った国鉄時代からの車両が懐かしいですね。
日本海を眺めたり、静かな町並みを通り過ぎたり、この路線は大好きで、新潟県側には何度か旅しました。
列車も路線名も変わってしまったことは残念ですが、この先、地元から愛される鉄道になっていって欲しいと思っています。
他の記事も楽しませて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
風旅記 #O7xVy9HA [ 編集 ]    2015年05月17日(日) 19:36
風旅記さん
早速のご訪問並びにコメントありがとうございます。
日本海縦貫線は景色に富んで、しかも美味しいものは多いし車両も個性的だしで、非常に好きな路線網でした。2日かけて米原から秋田まで北上したのは今でも良い思い出です(ケツが痛かったですが)。

次回北陸の方を訪れるときは、新幹線を利用して地鉄電車でも録りに行ってみたいです。

それでは、今後とも末永く交流できるよう努力してまいりますので、どうか拙ブログをよろしくお願いいたします。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月17日(日) 19:51
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):