今回お送りする和歌山市駅は和歌山市街地中心部・紀ノ川南岸にあります。JR和歌山駅とともに和歌山市の玄関口として機能しており、南海電鉄南海線・和歌山港線の電車が発着するだけでなく、JR紀勢本線も乗り入れています。

同駅はあくまでも南海電鉄の駅であり、JR線は駅の片隅にポツリと肩身狭そうにホームを構えています。それでは和歌山市駅の駅舎・構内の様子をご覧ください。

DSC06641.jpg
▲和歌山市駅駅舎
和歌山の玄関口ということもあり、大きな駅ビルが聳えています。「あくまでも南海電鉄の駅」なので、駅ビルには南海のロゴマークが誇らしげについています。JR和歌山駅と同じく、駅前にはのんびりとした雰囲気が漂っており、昭和の街並みが広がっています。

8代将軍吉宗公が若き日を過ごした紀州徳川氏の居城・和歌山城は、ここから駅前通りを南に進んだ場所にあります。

DSC06642.jpg
▲和歌山市駅前の風景
JR和歌山駅前よりも古い住宅が残っていると思います。

DSC06643.jpg
和歌山市駅に入ると、和歌山国体(2015年)のマスコットキャラクター「きいちゃん」の置物に目が行きました。国体開催までのカウントダウンを見ると残り188日(当時)・・・毎年、国体のホスト役を務める県ではこのように、国体宣伝の掲示や置物を目にすることができます。

和歌山市駅には大きな駅ビルがあるのは上に示した通りですが、残念ながら入居している店舗は非常に少なく、地下のレストラン街に至ってはわずか1店舗しかないという有様でした。ビル自体も陳腐化が進んでおり、ある程度賑わう「JR側」と賑わいに陰りが見えはじめている「南海側」の格差を実感しました。

DSC06644.jpg
和歌山市駅ホームに出てきました。8000系の普通なんば行きが出発の時間を待っています。この編成はなんと、8000系のトップナンバー8001編成でした。

DSC06645.jpg
▲留置中の南海8000系8010編成

DSC06647.jpg
留置線の奥には7100系7167編成が停車しています。方向幕から察するに、主に和歌山港線(和歌山市~和歌山港)で使用されているようです。この和歌山港線、特急「サザン」の一部列車が乗り入れているほかには、線内折り返しの普通列車が20分~1時間30分毎に運転されるだけという、ローカル色強い路線です。

DSC06648.jpg
▲加太線直通の2200系2202編成
熊本電気鉄道にも譲渡された、「角ズーム」こと22000系の成れの果てです。

DSC06649.jpg
▲出発の時を待つ南海2200系2202編成の普通加太行き

DSC06650.jpg
▲和歌山市駅JRホームと1番乗り場跡
JR側のホームへは一旦改札を抜けた後、再度JR専用の改札を抜けることになります。現在は駐車場となっている1番乗り場の存在は、南海・国鉄直通列車が運転されていた頃の繁栄ぶりを今に伝えているかのようです。難波からやってきたキハ5501/5551形「きのくに」は一旦ここでスイッチバックを行い、種別を特急から急行に変えて国鉄和歌山駅を目指しました。

DSC06651.jpg
JRホームで時間をつぶしていると、105系2両の和歌山行きが到着しました。到着した車両を見ると、なんと常磐線を走っていた103系を改造した4扉車でした。ということはかなりの骨董品といえます。

DSC06652.jpg
2200系が加太へ向けて出発した後、続いて7100系7187編成がやって来ました。こちらも先ほどの2200系と同じく加太線に直通する列車です。

DSC06653.jpg
▲特急「サザン」なんば行きの7000系

DSC06654.jpg
南海電車自体、あまり見たことはありませんが、訪れるたびに抵抗制御車が減っていき、8000系が増えていることを感じるものです。私自身平成生まれということもあり、昭和を感じさせてくれる古い電車は好きなので、機会があれば積極的に記録に収めたいと思います。

撮影日:2015年3月22日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
市駅は、外には出なかったのですが、かつての拠点だけあって歴史ある街並みなんですね。

南海にJRが間借りしている雰囲気で、発車標もパタパタの南海設置の物に、時折、JRグループの書体で「JR]と書いた「JR和歌山」と表示されるのが面白かったです。

南海とJRの間の簡易ICカードリーダーにかざしたつもりが、かざされておらず、新今宮で手間をかけてしまいました。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年05月18日(月) 12:57
レラティーさん
和歌山市駅は若干、出入場の構造が複雑なんですよね。

先日、初めて訪れてみて実感しました。この時は「18きっぷ」利用だったので不便なことはありませんでしたが、ICカード・JR切符利用で乗り継ぎする場合は気を付けた方がいいかもしれませんね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月18日(月) 16:07
No title
南海電車に間借りしているJR和歌山市駅、JRが南海の一路線のような位置づけになっています。

和歌山市駅前のアーケード健在のようですね。

105系、昭和の時代に103系を改造して誕生した車両です。奈良線・桜井線・和歌山線などを電化した時にその電車が充当されました。
ぞうまさ #- [ 編集 ]    2015年05月19日(火) 05:40
ぞうまささん
せっかくなので、和歌山市から和歌山まで電車に乗ってから大阪に帰ろうと思っていました。ところが、和歌山市でかなり待ちぼうけをくらう羽目になり、予想以上に大阪到着が遅れてしまいました。写真はかなり撮れましたが、この後色々とたいへんでしたよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年05月19日(火) 20:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):