佐賀県南部、鹿島市の海岸沿いにある「道の駅鹿島」を訪れました。

国道207号線とJR長崎本線の傍にあり、建物裏手からは有明海の干潟を一望できるという風光明媚な場所に位置しています。また、ここから車で南に10分ほど行くと、南隣の太良町にも道の駅があるなど、207号線界隈は道の駅ファンにはもってこいのドライブルートになっています。物産直売所もたくさんあるので、楽しんでドライブしてくださいね。


▲道の駅鹿島


道の駅鹿島の裏手に出てきました。有明海の干潟が遠くまで伸びており、かの有名な「ガタリンピック」もこのあたりで開かれるようです。もう少しいい天気だったらよかったですが・・・訪問当時の天気は「思い切り」曇り空でした。


▲「鹿島ガタリンピック」の顔出しパネル


2015年の潟開きは4月17日に行われています。残念ながらムツゴロウはいませんでした。

佐賀縣鹿島市吉祥物「kashi丸」
最後に皆様お待ちかね(?)のご当地キャラタイムでございます。鹿島市のマスコットキャラクターは「かし丸」(写真上、右側)といい、立体化版には数年前に「どんたく」で遭遇しました。着ぐるみとイラストとでは、被り物の色が若干異なります。

上の写真中にあるイラストは所謂「基本デザイン」という類です。「被り物系」のデザイン・右手の指差しポーズ・ダッシュポーズといい、典型的な「塩崎キャラ」ですが・・・個人的には嫌いじゃないんですよ。とはいえ、この類のマスコットキャラがこれ以上蔓延するのはごめんです。

加えて、「道の駅鹿島」には「がたにゃん」なるオリジナルキャラクターが存在することが分かりました。写真上、中央下にあるステッカーに描かれたイラストがそれです。

撮影日:2015年4月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
有明海は、列車の車窓から眺めましたが、お写真に写っているように、漁業用の紐(?)が一杯に並んでいましたね。
泥が混じっている(?)から、ムツゴロウには生息しやすい環境なのでしょうか?

干拓に関しては、相反する判決が出て、今後どうなるのか気掛かりです。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年05月31日(日) 13:57
No title
こんばんは。

「かし丸くん」が気になって、
鹿島市のサイトを閲覧しました。
http://www.city.saga-kashima.lg.jp/main/6058.html


>鹿島市のイメージキャラクター「かし丸」くんです。

>鹿島市の観光を丸ごとPRします!

>祐徳稲荷神社をイメージした「狐」と特産品の「みかん」を合体したかぶりものをかぶり、
市の花「桜」と肥前浜宿酒蔵通りの「白壁土蔵」を表現した着物を着ています。

>「ガタリンピック」でつかう「ガタスキー」に乗った「むつごろう」のポシェットをつけています!


すごいですね。
てんこもりです。

これだけたくさんのモチーフを
取り入れた「ゆるキャラ」って、
他にあるのでしょうか?
ふぐにさん。 #36k9amUg [ 編集 ]    2015年05月31日(日) 23:53
レラティーさん
有明海の問題はかれこれ幼少期からテレビで見てきましたが、干潟のごとく泥沼にはまって行きつつありますね・・・今後どうなるか、今の状態だと明るい未来はこれからも見えないでしょう。

どうやらムツゴロウは東アジア一帯の干潟に生息しているようです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年06月01日(月) 00:24
ふぐにさん。 さん
実は・・・か~なりいるんですよ!
たくさんのモチーフをてんこもりにしているのが所謂「塩崎流」で、「塩崎」と名乗る大阪市在住のデザイナー諸氏がお得意としている作風です。デザインの流用もいくつかあって評判のよろしくない方々ですが、相変わらず増殖を続けています。個人的には、同じ塩崎氏デザインでもマスコットキャラによって好みが分かれます。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年06月01日(月) 00:30
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):