宗像市内で電柱が建っていて、開けた場所といえば・・・そう、曲・稲元地区です。線路が通っているので、撮影地に選んだレイルファンの方もきっといらっしゃるのではないでしょうか。


足元を見下ろすと、ドブ溝の泥の中に潜っているはずのジャンボタニシが転がっていました。生きているのか、はたまた死んでいるかどうかはわかりません。

ジャンボタニシにしては、やけに褐色がかった色をしていますね。もしかすると、ドブが汚すぎるので貝の色もおかしくなったのかもしれません。この貝がいたであろうすぐ横の側溝に目をやると・・・


毎夏、汚いドブ溝でよく見るショッキングピンクの卵塊が数個張り付いています。やはりありました・・・ジャンボタニシの卵です。そぎ落としても踏み潰しても減らない、農家にとって憎き存在です。厄介ものとして忌み嫌われる一方で、ジャンボタニシを雑草駆除の救世主として活用している農家もあるそうです・・・


▲気持ち悪いな、ジャンボタニシの卵塊
卵塊を少しでも潰すと、とろみを帯びた赤い汁が流れ出てきます。幼いころ、家族が誤って卵塊の群れに足を踏み入れ、血のごとく真っ赤に染まった靴を見て以来、ジャンボタニシの卵が大嫌いになりました。変な色だしドブ臭いし、今でも嫌いです。

撮影日:2015年7月
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):