7月12日、博多祇園山笠のクライマックス「追い山」の予行練習にあたる「追い山ならし」が行われました。コースは「追い山」とほぼ同じですが、ゴールの「廻り止め」が「追い山」のときよりも少し手前の、奈良屋町に置かれています。

今回は清道がある承天寺の、しかも清道旗が目の前にそびえる絶好のビュースポットから眺めることができました。


▲承天寺の清道
舁き山が出発する40分前に到着しましたが、すでに沿道には大勢の観覧者が詰めかけています。天気は今にも雨が降りそうな程の曇りでした。


▲承天寺住職が座る台座
舁き山がここを通過する際、承天寺住職は台座に座り、男衆を出迎えます。


舁き山の通り道に交通規制が敷かれたので、道ど真ん中に入れるようになりました。今回は最前列から観覧するということで、水がぶっかかることを覚悟しつつ、舁き山スタートの3時59分を待ち続けます。




▲一番山笠「大黒流」・表標題「降臨大黒天」
ついに一番山笠「大黒流」がやって来ました。住職への挨拶は先走りを務める老人・子供が行います。


▲二番山笠「東流」・表標題「東風招春鏡獅子」


スピード自慢の東流はあっという間に、東町筋の細い路地へと吸い込まれていきました。


▲三番山笠「中洲流」・表標題「天下一武蔵」


▲四番山笠「西流」・表標題「趙雲子龍心如雪」


▲五番山笠「千代流」・表標題「豪勇日本號之誉」


▲六番山笠「恵比寿流」・表標題「大鵬一擧九萬里」


▲七番山笠「土居流」・表標題「征夷大将軍頼朝」


▲八番山笠「上川端通」・表標題「鞍馬山」、見送り標題「正調博多節」
最後は皆様お待ちかね、最後は上川端通の「走る飾り山」がやって来ます。飾り山は大きすぎるがゆえに、さすがに清道入りすることはできないので、祇園町交差点に移動して見送ることにしましょう。

祇園町交差点でいったん止まり、飾り山の最上部を立ててから、大博通りに入っていきます。出発時にはもちろん、毎度おなじみの白煙噴出のパフォーマンスも行われましたよ。今回、白煙は鞍馬天狗の口から噴き出るようになっていました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):