2015年もついに、博多祇園山笠のフィナーレを飾る「追い山」が執り行われました。この行事が終われば今年の山笠は終了、博多の街に本格的な夏が訪れます。


早朝に行われる山笠のため、JRでは臨時列車を数本運転しており、宗像在住の筆者も東郷3時25分発の普通列車を利用しました。今年の臨時列車には国鉄型の415系8両が使用されていたので、国鉄型好きな筆者にとって少しうれしい道中になりました。

oiyama2015_1.jpg
博多駅に到着後、歩いて櫛田神社方面を目指します。駅から歩く観覧者の姿をちらほらと目にしますが、あくまでも山笠のメインステージは駅から北に1キロほど進んだ場所にあるので、駅周辺は概して静かです。

oiyama2015_2.jpg
櫛田神社が近づいてくると、これまで真夜中独特の静けさに包まれていた市街地は一変して賑やかになります。「櫛田入り」が行われる櫛田神社周辺は、既に市内から集まってきた観覧者で埋め尽くされ、進むことが容易ではない様子です。

oiyama2015_3.jpg
冷泉公園の方から櫛田神社にアプローチしてみようと歩を進めていると、出発に備えて並んでいる舁き山を目にすることができました。上川端通の「走る飾り山」も舁き出しに備え、すでに上川端アーケードから出されています。

oiyama2015_4.jpg
昨年までは承天寺の清道付近を主な撮影地としていました。今年は場所を変えて、大博通りから西町筋に入る「山笠最大難所」前でに陣を張ることにしました。4時59分の出発まで40分ほどあるので、のんびりと待つことにしましょう。

ところが時間が経つにつれ、後ろから見物人が続々と詰めかけてきます。しかも平気で割り込みする連中も決して少数ではなく、1人でいる私は次第に後ろに追いやられていきました。せっかく長時間待っていたのに、これじゃ全く待っていた意味がありません。しかも腹立たしいことに、非常識な言動をとる子連れギャルママを目にしました。ここでは詳細を差し控えますが、あまりの自己中心さに驚きあきれるばかりでした。

oiyama2015_5.jpg
▲一番山笠「大黒流」・表標題「降臨大黒天」
ついに一番山笠がやってきました。車が離合するのも難しいほど狭い路地を勢いよく進み、直角コーナーを曲がって西町筋に入ります。

oiyama2015_6.jpg
▲二番山笠「東流」・表標題「東風招春鏡獅子」

あまりに人数が多いし後ろに追いやられるし、「最大難所」での撮影はこれ以上できないと思い、「東流」に付き従うかたちで西町筋を北上、結局須崎町・古門戸町の境界付近で落ち着きました。すぐ近くには石村萬盛堂本店と「廻止め」があります。実を言うと、山笠ゴール付近での撮影はこれが初めてです。

oiyama2015_7.jpg
▲三番山笠「中洲流」・表標題「天下一武蔵」

oiyama2015_8.jpg
▲四番山笠「西流」・表標題「趙雲子龍心如雪」

oiyama2015_9.jpg
▲五番山笠「千代流」・表標題「豪勇日本號之誉」

oiyama2015_10.jpg
▲六番山笠「恵比寿流」・表標題「大鵬一擧九萬里」

oiyama2015_11.jpg
▲七番山笠「土居流」・表標題「征夷大将軍頼朝」

oiyama2015_12.jpg
土居流が「廻止め」目指してラストスパートをかける様子を、側面から眺めてみました。観衆から続々と手拍子が響きわたり、「廻止め」に到着すると、手拍子は盛大な拍手に変わります。

この後、私は「土居流」についていき、そのまま同流の手一本と「山崩し」の瞬間に立ち会うことにしました。

oiyama2015_13.jpg
土居流の詰所がある冷泉公園のすぐ北側にやって来ました。ここで「博多祝い唄」が響き渡り、これに合わせて舁き山が豪快に揺らされます。祝い唄の後はお馴染みの「博多手一本」で締めくくり、その後は舁き山の人形装飾を解体する「山崩し」の作業に入ります。台上がりを務めた男衆が涙目で、今夏をともに戦った仲間と固い握手を交わす様子を見ると、観衆の私も目頭が熱くなってくるものです。

oiyama2015_14.jpg
場所を少し移し、ついに「土居流」の山崩しが始まりました。20分ほど時間をかけ、工具を用いながら徐々に装飾品が外されていきます。

oiyama2015_15.jpg
▲博多祇園山笠「土居流」山崩しの様子―外される杉壁

oiyama2015_16.jpg
作業が行われること20分、最後まで残っていた人形が外されました。

oiyama2015_17.jpg
▲土居流テントのある「にしけい」事務所に移された、人形「征夷大将軍頼朝」

oiyama2015_18.jpg
台座だけになった舁き山が土居流テントに移されると、大きな拍手が早朝の街に響き渡りました。今夏も素晴らしい山笠をありがとうございます。

oiyama2015_19.jpg
つづいて上川端商店街に入ると、川端ぜんざい広場の前で「走る飾り山」の山崩し作業が行われているのに遭遇しました。取り外された装飾は組みなおされ、これから1年間、川端ぜんざい広場で展示されることになります。



oiyama2015_20.jpg
他の飾り山はというと、すでに山崩しを終えています。片付けられた飾り山を見ると、「今年もついに夏が訪れたのか・・・」と半ば感傷的な気分になるものです。

撮影日:2015年7月15日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
「山崩し」というのは、恐らく他の祭りにはないでしょうし、面白いですね。

山笠は、早朝のイベントなんですね。。
臨時列車を出すとは、それほど集客力があるのでしょうか。
415系とは、いいですね。
九州でも、817系のロングシートが登場し、いよいよ415系も追いやられるかと心配しておりました。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年07月16日(木) 22:08
レラティーさん
じつは、2年前よりも415系に乗れる機会がめっきり減ったんですよ・・・以前は昼間でも結構乗れたりしていたんですが、今や昼間に見る機会はほとんどありません。朝走るといっても、たいてい行先と逆方向(下り)の列車に使用されていますし、狙おうと思っても簡単に乗車できる車両ではなくなりました。

例年通り、山笠臨時列車は813系6連だろうと思いこんでいたので、いい意味で不意を突かれました。朝っぱらからMT54サウンドを堪能できてうれしい旅路になりましたよ。

wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年07月18日(土) 23:57
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):