博多の夏を告げる祭りといえば、「博多祇園山笠」。宗像市の夏を告げる祭りといえば・・・そう、田熊祇園山笠です。

田熊・東郷地区を舁き山が巡る、博多山笠の宗像版といえるこの田熊祇園山笠の舁き山は、これまで東郷駅前東口の交差点前に据え置かれ、そこを拠点にして巡行が行われていました。ところが、今年7月1日に「いせきんぐ宗像」(田熊石畑遺跡)がオープンしてからは、そちらに山小屋が設置されるようになり、これに伴い山笠巡行ルートが大幅に変わりました。

今回はルート変更後、どのような行程で巡行されたのか詳しく見ていきながら、山笠の様子をお届けします。


博多祇園山笠の出発時間が早朝4時59分と早いのに比べ、こちらの出発時間は太陽がじりじり照り付ける午後14時です。ちょうど「いせきんぐ」の方ではオープニングイベントも行われていましたが、14時の時点で殆どの出店が撤収状態になっていました。もう少し早く来ればよかった・・・

舁き山を旧3号に移した後、まずは太鼓が打ち鳴らされ、ついで博多祝い唄と来て、ついに舁き出しです。まずはここから西に進み、東郷小学校を目指します。


これまで、東郷小学校はルート上に含まれておらずスルーされていました。ところが今年から学校グラウンド上に「清道」が設けられ、校庭内に参道がある示現神社への参拝も行われるようになりました。その代わり、JR東郷駅北口ロータリーを一回転するルートは廃止されています。


▲東郷小学校グラウンド上の清道をグルリと2回転する舁き山


東郷小学校を出た舁き山は宗像地区消防本部に立ち寄り、表敬訪問が行われます。これも今年からの追加イベントです。田熊山笠には大勢の消防士が交通整理に動員されており、毎年汗を流しながら奮闘されています。


消防署を出た舁き山は2車線路(私称:北環状線)を通り、東郷コミュニティーセンターの手前(田熊北交差点)で右折して、坂を勢いよく降りて旧3号線に戻ります。このあたりは開けているので、沿道には撮影・見学者が大勢詰めかけています。私のように山笠大好きなカメラマンだったり、男衆をつとめる方のご家族だったりと、様々な方がいらっしゃいました。


再度旧3号線に入り、舁き山は例年通り何度か休憩・表敬訪問をしながら、「いせきんぐ」の方に戻っていきます。昨年までは「いせきんぐ」の手前で田熊の街中に入り、田熊公民館で休憩を行っていましたが、今年から廃止されています。


「いせきんぐ」を過ぎ、さらに摩利支神社前に立ち寄った舁き山は、休憩地の宗像市役所前に到着しました。ここで市長のありがたい話を聞き、スイカを食べて英気を養います。

今回の舁き山は表標題が「賤ヶ岳合戦」、見送り標題が黒田・豊臣氏に仕えた武将・後藤基次を題材にした「関ヶ原基次奮戦」です。今年の田熊山笠の撮影は市役所で終え、天気が思わしくなかったので引き上げることにしました。結局、降ったりやんだりを繰り返したものの、雨は強くなることなく夕方を迎えました。

撮影日:2015年7月19日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
この類の山笠というと、博多祇園山笠だけだと思っていましたが、各地にあるんですね?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年07月21日(火) 00:48
レラティーさん
県内のいくつかの都市には山笠がありますよ。宗像近辺にも、津屋崎や鐘崎で立派な舁き山を引く山笠行事があります。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年07月22日(水) 20:56
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):