宗像は山に抱かれた盆地状の土地ですが、周囲を取り囲む山の標高は概して低く、水源もそれほど多くありません。山奥深くに行くと、どの川もか細い沢になってしまい、水遊びするには足りないものばかりでしょう。そんな宗像には一か所だけ滝があります。

その名も「妙見の滝」といい、市南東部は吉留地区の山奥深くにあります。あまりにも山奥にあるので、気になってはいたものの行く気になれませんでしたが、今回意を決して足を運んでみました。


滝への入口は吉留地区東の果て、安ノ倉集落の奥にあります。平山口交差点から県道87号線を岡垣方面に進むと、向かって右手に入口が見えてきます。進入路は凹凸激しいダート路なので、車でお越しの方は入口横にある小スペースに停めるといいでしょう。


入口にはちゃんと案内札が設置されています。豊日神社まで約5分、妙見神社と妙見の滝まで約10分。どうやら滝には神社が併設されているようです。


滝入口から振り返ると、吉留地区を遠望することができます。奥から手前に向かうにつれ、標高が上がっているのがお分かりいただけるでしょうか。


県道87号線に別れを告げ、礫が露出して凹凸の激しいダート路を進んでいきます。轍があるので、軽自動車程度ならこのまま進んでいっても問題ないかもしれません。


歩くこと3分、豊日神社参道との分岐点に到着しました。直進して石段を登ると豊日神社に、左折して引き続きダート路を進んでいくと妙見の滝に至ります。分岐点には妙見の滝に関する説明書きが設置されているので、滝見学前に目を通しておくといいでしょう。


道端の沢に目をやると、川底がやや赤みがかっているではありませんか。遠くから滝の流れ落ちる音が聞こえてきますし、この沢が滝から続いているものであるのは確実です。ということは、滝の色も・・・?


ついに目的地「妙見の滝」に到着。県道87号線横の入口からここまで看板通り、結構な距離がありました。滝の周囲には神社と不動明王を安置する仏堂があるせいか、神々しい雰囲気を放っています。

妙見の滝は二段構造になっており、1段目は落差4メートル、2段目は落差2メートルと比較的小さな滝です。付近の土質に由来するのか、滝の色は赤茶色く、少し珍しい「赤い滝」でもあります。


▲不動明王を安置する仏堂


▲妙見の滝2段目
なだらかな1段目と打って変わり、2段目は打たせ湯のような姿をしています。1段目の方は位置的に近づきにくい場所にありますが、2段目の滝壺は歩道のすぐ横にあるので、落水を間近に眺めることができます。


2段目の滝壺横には「妙見社」と刻まれた石柱が置かれています。もしかすると、石灯篭の一部かもしれませんが、石灯篭にしてはどうも形が奇妙です。


▲妙見の滝2段目を見下ろして
滝の上に行く道はあるにはあるのですが、2段目滝壺より奥はひどく荒廃しているので、2段目手前の少し高い場所から滝壺を見下ろしてみました。暑い市街地とは対照的に、ここだけひんやりとした空気に覆われています。マイナスイオン最高!山の冷水偉大なり!


▲妙見神社
同神社は妙見の滝1段目と2段目のちょうど真ん中にあります。鳥居はなく、規模は比較的小さめといえます。願い事を念じると、竜神様が願い事を届けるため北斗七星に昇っていくそうな。

撮影日:2015年8月13日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
吉武炭鉱
妙見神社のさらに奥に炭鉱があったそうで、川底が赤くなるのはその鉱口から流れてる水が原因とか…。
下にある堤の水が気味が悪いくらい青いのは銅が溶け込んでいるからなんでしょうかね。
吉武地区は謎が多いです。
鳥島 #- [ 編集 ]    2015年08月17日(月) 10:09
No title
福岡と北九州の中間(ちゅうかん)にあって、分水嶺辺りだろうと思っていた宗像。
だから高い土地だろうと思っていましたが、実態は盆地なんですね。。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2015年08月17日(月) 20:05
鳥島さん
炭鉱の情報は初耳です、補足ありがとうございます。赤く変色した岩に手を触れてみたところ、色が手に移るわけでもないので、何の成分が岩を赤く染めているのかと気になっていたんですよ。

仰るように滝の下方にある堤は青っぽく、ただでさえ周囲が深緑に覆われて不気味だというのに、一層不気味さに拍車をかけている存在だと思いました。珍しい鉱石が発見された河東鉱山といい、今は住宅地になって影も形もない池田炭鉱といい、宗像の炭鉱・鉱山はどこも調べ甲斐がありそうですね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年08月18日(火) 20:51
レラティーさん
引っ越した当初、宗像は糸島みたいな場所なんだろうなと思っていましたが、意外にも平地が少ないんですよ。丘陵が多くて自転車で移動しようにも時間と労力がかかり、違いが多くて驚かされたのを覚えています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年08月18日(火) 20:54
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):