今回お送りする氏八幡神社は宗像市北西部、田島地区の小高い丘の上にあります。

同神社は宗像氏ゆかりの菊姫を主祭神としており、1565年にときの宗像大宮司・氏貞によって創建された田島地区の氏神です。境内の老朽化のため、2003年に大規模な修繕工事が行われ、社殿の解体修復、狛犬の設置、参道の補修等がなされました。

主祭神の菊姫は宗像氏の家督相続争いに巻き込まれ、「山田事件」で氏貞サイドによって殺害された人物ですが、事件の詳細を書き出すと長くなるので、また別の機会に取り上げたいと思います。菊姫死後、氏貞の身辺では不可解な現象が次々に起こり、これを菊姫の怨霊とさとった氏貞は彼女の霊を慰めるため、寺社を建立したといわれています。


▲氏八幡神社 入口


参道は丘の上にあるので、当然ながら急な石段が続いています。入口には竹杖が置かれており、参拝者に不便がないよう配慮されています。地域住民の神社に対する愛着を感じることができるのではないでしょうか。


▲氏八幡神社から県道69号線・釣川方面を眺めて


▲氏八幡神社入口にある石碑など


▲氏八幡神社参道の石灯篭
綺麗な形なので、おそらく2003年の修復時に設置されたものと思われます。旧大渓神社(桃園市大渓区)に最近設置された石灯篭に近い形状です。


▲氏八幡神社 社殿
手前には狛犬一対、本殿横には末社が数社安置されています。


▲氏八幡神社 水盤


水盤とは別に、水がたまったドラム缶のようなコンクリ製の水受けもあります。これも水盤といっていいのか?


どうやら宗像一帯は賽銭泥棒の多い地域らしく、監視カメラが設置されていたり、賽銭箱自体置かれていないところもあったりします。罰当たりなことをする輩には本当に罰が当たればよいのですが、その前に何と言っても泥棒対策です。今じゃ賽銭泥棒だけでなく、神社構造物を破壊する輩もいるので、神社警備が物々しくなるのも納得できます。

撮影日:2015年8月11日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんにちは。
氏八幡って、宗像大社のすぐ近くのあそこですね。オトーサンも一度参拝したことがあります。
フツーに八幡様だと思ってましたが、なんとあの菊姫様が奉られているとは知りませんでした。勉強になります。
参拝時、粗相がなかったかと、ちょっと心配です。
オトーサン #GCA3nAmE [ 編集 ]    2015年08月26日(水) 04:08
オトーサンさん
小学生のころ、歴史教育の一環で宗像の歴史を調べたとき、菊姫殺害の事件について知りました。一見すると何気ない小さな氏神様にも菊姫が祭られていると知り、菊姫の怨霊がいかに恐れられていたか改めて感じることができました。宗像ってやっぱり歴史マニアにはたまらない土地なんでしょうね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年08月27日(木) 11:01
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):