博多港は九州を代表する海の玄関口。ゆえに朝から夕方まで、船がひっきりなしに行きかう光景を見ることができます。夕暮れ時、西日がまぶしい時間帯の博多港はいつ来ても美しいものです。


旅客船乗り場に見慣れぬ船が止まっています。この船―「なのつ」は福岡市港湾局に所属する港務艇で、市営渡船「きんいん」よりも一回り小さな船体と、側面のやや大きめの窓が特徴です。


▲博多港を出る福岡市港湾局「なのつ」
旅客船乗り場には、福岡市営「ニューげんかい」の後ろに「縦列停車」するかたちで停泊していました。


▲博多ポートタワーと福岡市港湾局「なのつ」
船がもう少し右側に行ったところでシャッターを押すべきでした。


今回も大型クルーズ船が停泊しています。先日来航した「コスタ・アトランティカ」と同じ、イタリア「コスタ・クルーズ」所属の「コスタ・セレナ」がファンネルから白煙を出しながら浮かんでいました。


▲コスタ・クルーズ「コスタ・セレナ」を下から眺めて

海上保安庁の小型巡視艇3隻

博多港には警察・海上保安庁の巡視艇も配備されているので、これらを間近で見ることができます。今回は海上保安庁所属の3隻をご紹介します。


▲海上保安庁 CL-122「ふよう」(手前)
「すずかぜ型巡視艇」(現在は「ひめぎく型」)の一員で、2002年に竣工しています。全長20メートル、定員5名と小さな巡視艇です。


▲海上保安庁 CL-09「とびうめ」
「はやぎく型」巡視艇の一員で、元「にじひかり」。同型はもともと巡視艇ではなく、灯台見回り船「なはひかり型」にルーツを持っています。全長は「ひめぎく型」と同じ20メートル級です。


▲海上保安庁 CL-95「こちかぜ」
こちらも「ひめぎく型」に属する巡視艇です。「ふよう」よりも先に建造(1997年)されており、比較的番号が若いのはそのためです。

国際ターミナル屋上はやっぱり静かだった

続いて国際ターミナルの屋上から、「コスタ・セレナ」の姿を眺めてみましょう。屋上の展望広場はいつも通り、人っ子一人いない静かな場所で、気兼ねなく撮影することができました。


屋上で撮影を始めると、遠くからジェットフォイルが近づいてきました。赤と白の船体は紛れもなく、九州郵船自慢の高速船「ヴィーナス」です。


▲博多港に入港する九州郵船「ヴィーナス」と博多ポートタワー


▲国際ターミナル屋上からコスタ・クルーズ「コスタ・セレナ」を眺めて
クルーズ船は国際線ターミナルよりもはるかに高く、拙ブログで何度も書いているように、まさに「海上マンション」といっても過言ではない姿をしています。このように頻繁にクルーズ船を眺められるのは、博多港を抱える福岡在住者の特権でございます。

撮影日:2015年9月4日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
動いている船
撮るの難しくないですか?


同じ乗り物でも、陸と水上とでは速度感違いますし。三崎港だったかな?行き過ぎていく船を撮ろうとしたけど、思うようには…。


おまけにガラケーですから、「あれ?」って写真ばかりで(^^; 海上マンション、やっぱり迫力ですね☆
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2015年09月05日(土) 15:25
焼きそばさん
ガラケーは移動する物体に向いていないですよね。ブログ設立当初はガラケーを利用して写真を撮ることが多く、ブレて使い物にならない写真ばかりが手元に残ったのを覚えています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年09月06日(日) 15:38
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):