「ご当地キャラ博in彦根 (3)」の続きです。

(シリーズ一覧)
ご当地キャラ博in彦根2015 (1)
ご当地キャラ博in彦根2015 (2)
ご当地キャラ博in彦根2015 (3)
ご当地キャラ博in彦根2015 (4)
ご当地キャラ博in彦根2015 (5)

会場内を進むと、これまた尋常じゃない人ごみに襲われました。突進する雑踏を避けながら周囲を確認すると、目の前に「しまねっこ」(島根県)、「コアックマ」(BeggarSwindle)、「カパル」(志木市文化スポーツ振興公社)の姿がありました。汽車ごっこをしながら歩いているようです。

20151018133419(1).jpg
▲汽車ごっこする(右から)「しまねっこ」、「コアックマ」、「カパル」

IMGP6023.jpg
「ふっかちゃん」と記念に一枚。

20151018133716(1).jpg
さてさて、「しまねっこ」はというと、大群衆に囲まれながら夢京橋キャッスルロードを西に進んでいきます。「必勝」と描かれた鉢巻を付けていますが、これは「ゆるキャラ(R)グランプリ」の1位祈願を込めているのでしょうか。

今年の「しまねっこ」サイドは、例年以上に気合を入れてグランプリに臨んでいますが、今後の動向が気になるものです。「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)は来年以降のグランプリに参加しないことを決めていますし・・・やっぱり古参~中堅のご当地キャラを保有する団体にとって、今の「ゆるキャラ(R)グランプリ」というのはあまり魅力的でないのかもしれません。

社会・メディアが「ふなっしー」一辺倒でしかも、グランプリへのエントリー数が1000を超える現状では、エントリーするにしてもコストパフォーマンスが悪そうです。たとえ一位になったとしても、「くまモン」「バリィさん」のような特別待遇は受けられないでしょう。「さのまる」「ぐんまちゃん」の動向を見れば一目瞭然です。

20151018133748(1).jpg
四番町スクエアに来た「しまねっこ」、ここで「メロン熊」(北海道物産センター夕張店)とすれ違います。以前、JR黒崎駅前で催された「黒崎宿 秋のにぎわい祭り」では、「メロン熊」の猛攻に怖がっていた「しまねっこ」ですが、今回はどんなに脅かしても動じません。「必勝ハチマキ」の効果でしょうか?

20151018134231(1).jpg
四番町スクエアの建物から「ねば~る君」(オフィス710)が出てきました。

2013年ごろから、こういった楕円形の恰好をした奴らが次々に増えてきたっけな~

20151018134305(1).jpg
▲「しまねっこ」が「ねば~る君」と並んで




再度、京橋口駐車場に向かっていると、「たわわちゃん」(京都タワー)と「左近くん」(奈良県平群町)が近づいてきました。

DSC07231.jpg
底冷雪子(個人:ひろべえ氏)
京都市伏見区を中心に活動しています。伏見は酒どころとして知られており、頭巾に書かれた「酒」の文字はそれに由来するようです。

DSC07232.jpg
▲ふわふわ隊のメンバー・いなッピー(愛知県稲沢市)

20151018135358(1).jpg
「いなッピー」の個性といえば、開いたり閉じたりできる目。ふわふわ隊としてステージに上がっていたころは、目を半開きにして眠そうな表情を作り、ステージ脇で寝そべっていました。

IMGP6026.jpg
不気味なオーラを発する「さばにゃん」(さばにゃん本舗)ですが、机に座ると不気味さは消えてマイルドになります。

DSC07234.jpg
京橋口駐車場のステージでは、ちょうど「ゴーヤ先生」(福知山環境会議)、「キララちゃん」(キララ商店街)と、「出世大名家康くん」(静岡県浜松市)が出てきていました。今や貴重になった「ふわふわ隊」メンバーの競演が見られ、思わずショーに釘づけになってしまいました。どうせなら、2体だけでも即興で「何てふわふわ~」を踊ってほしかったな。

しかし家康くん、お前さんはどんだけ梨に影響を受けてるんだい。・・・どんなに足掻いても「ふなっしー」にはなれねぇんだよ。東照神君が聞いて呆れるぜ。


「とまチョップ」(北海道苫小牧市)は昨年に続いて、2回連続の彦根入りです。


▲「もーりー」(守山商工会議所)のお腹


ほら貝の鳴る方に引き寄せられた私は、「べんべん」(三井寺)のいる場所に行きつきました。


「わくたまくん」(和倉温泉旅館協同組合)は自身のブース前でグリーティング中です。まもなく「ご当地キャラ博」全日程が終了するので、帰られる方が出てきました。おかげで、混雑していた京橋口駐車場は落ち着きを取り戻してきました。

「わくたまくん」のスタッフ氏曰く、「あと数分で今日のグリーティングを終える」とのこと。人もまばらになってきましたし、ボディに影が入らないすきを狙って一枚収めました。


「わくたまくん」と記念に一枚。


「まつもとくん!」(カスタマイズZ)はビデオ収録の真っ最中です。傍らからその様子を、同じくビデオで撮っておきましょう(笑)
・・・すると、カメラが回る気配を察して近づいてくるではありませんか。せっかくなので挨拶しておきました。

・・・あ、「公式キャラのアルプちゃんをどう思う」か聞き忘れちまったぜ。


▲(右から)かわばたくん、もろこちゃん、かわばたくんJr.(岐阜県輪之内町)


▲(左から)うなりくん(千葉県成田市)、おけわんこ(桶狭間古戦場保存会)


▲(左から)えこまいくまー、えこ太(エコマイスター委員会)


▲ドウタクくん(滋賀県野洲市)


ふわふわ隊メンバー探してうろうろしていると、ついに「えべっちゃん」(さしすせその会)を発見しました。ハロウィン仕様の「真田幸丸」(うえだ原町一番街商店会)と一緒にミニ撮影会の始まりです。


▲(左から)わんじまくん(輪島漆芸美術館)、しっぺい(静岡県磐田市)


イベント終了間際というのに、人だかりができていたので近づいてみると、(左から)「いが☆グリオ」(伊賀青年会議所)、「おけわんこ」、「和み柴っこ」(和んこ堂)の3体が踊っていました。


▲(左から)ハッスル黄門様(茨城県)、赤ふん坊や(福井県高浜町)


「へしこちゃん」(福井県美浜町)とは約3年ぶりの遭遇です。ご当地キャラが世間で注目を集め始めた2007年ごろに活躍した、いわば流行の黎明期を支えた功労者です。みうらさんが仰る「ゆるキャラ」というのも、あの頃までの一群を指すんですよ本当は。

あの言葉は本当に独り歩きしちゃったね・・・だからオイラはあえて使用を避けるんだ。個人的に90年代から、「マスコットキャラ」という言葉に慣れ親しんできたというのもあるし。


▲テントに戻る「えび~にゃ」(神奈川県海老名市)
うん、安定の塩崎キャラです。


こちらは島根の猫キャラ2体がそろってのグリーティング。(左から)「しまねっこ」、「い~にゃん」(島根県飯南町)が並んで愛嬌を振りまきます。やっぱり「らとちゃん」(島根県大田市)はそう滅多に遠征しないか~・・・


四番町スクエアの近くでは、(左から)「あさ彦」(ASA彦根)、「ぎんにゃん」(県立彦根東高校)が写真のモデルになっています。


彦根東高校新聞部、頑張って取材活動に励んでいます。母校にマスコットがいたらぜひ、こんなことをやってみたかったです。

撮影日:2015年10月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
 こんにちは

わくたまくんとの記念ショット 羨ましい限り!!
おまけに 玉子ちゃんを持って素敵です。
ふっかちゃんって ふかふかしてちょと可愛いかも・・・
オバ鉄 #- [ 編集 ]    2015年10月24日(土) 16:29
オバ鉄さん
ふっかちゃんは妖怪ウォッチの「コマさん」に通じるような、丸い輪郭とほんのりした画風が好印象なんですよ。「ゆるキャラ」グランプリでは毎年5位以内に入っており、年々順位を上げているので有力な1位候補と目されています。

私は基本的にあのグランプリには不干渉を貫いていますが、グランプリを通じて「ふっかちゃん」を色々な方に知ってもらえればそれで良いと思います。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年10月26日(月) 00:52
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):