ご当地キャラも来た!北九州ポップカルチャーフェスティバル2015(1)

北九州最強のご当地キャラ・「だるまちゃん」(小倉焼うどん研究所)の様式美に見惚れ、しばしステージライブやコスプレイヤーのことなぞ、すっかり忘れていました。それでも、「唐ワンくん」(佐賀県唐津市)の存在だけは覚えていましたとも。唐津市のブースに戻りましょう。

DSC07266.jpg
営業マンキャラの「唐ワンくん」、いつも通りブース内業務に励んでいます。ピアノはちょいと苦手ですが、サインを書かせたら一流です。

DSC07263.jpg
親切な「唐ワンくん」、一日のスケジュールをブース前に掲示してくれています。起承転結、欠かさず書いてあるのが真面目な彼らしい。

西九州道が延伸してから、福岡~唐津を行ったり来たりするのが便利になりました。前原IC~二丈浜玉道路の間にある未着工区間は、結局あのままになるんでしょうかね。


暇になってきたので、とりあえず「唐ワンくん」のいるブースを観察していると、妙なものを発見しました。旗に隠れて見えづらいですが・・・「~地キャラクター大集合、レースからつ駐車場、12月6日(日)10時20分スタート」と書いてあります。

・・・え、なんだって!
12月6日、「ご当地キャラクター大集合」が唐津市内であると。まじか?


なんと、2013年を最後に途絶えていた「唐津12」が2年ぶりに復活します。ポスターの枠幅から計算すると、参加キャラは20体ほどといったところか。規模は2009年のイベントとほぼ同じくらいになりそうです。

2013年と同じく、参加キャラを佐賀・福岡近辺にとどめた「原点回帰路線」になることは間違いありません。もう、「ゴーヤ先生」は唐津に来ないんだろうな・・・原点に立ち戻ってうれしいような、哀しいような。

IMGP6077.jpg
『追い出し猫』の「さくらちゃん」(宮若市)の後を歩き、後ろの顔を眺めながら「これってムーンウォークっぽいな・・・」とニヤけていると、急に方向転換してこっちを向いてきました。もうどっちが正面なのか分かんねぇや~


「べっぴょん」(大分県別府市)のしっぽが湯の花とは何ぞや、と思い、後姿を見てみると・・・尻尾が落雁のように見えたのは気のせいか?間違っても食べてはいけません。


▲「べっぴょん」ブースの看板

IMGP6081.jpg
やっぱり猫キャラは人気ですね。会場内を歩いていると、次から次へと人が寄ってくるんですもん。え、他のマスコットも同様だって?

DSC07270.jpg
場末の「たかもん」・・・そっとしといて。

DSC07271.jpg
ステージではちょうど、福岡のご当地アイドルがライブ中。ノリの良い音楽に合わせ、北九州キャラも踊り出します。左から、「だるまちゃん」、「じーも」、「スナQ」(北九州港湾局)、「モモマルくん」。

IMGP6084.jpg
ご当地キャラショーが間もなく始まる・・・というのに、「じーも」は相変わらず転げまわったりと、とにかくフリーダム全開です。「だるまちゃん」は案外落ち着いているようでした。

IMGP6088.jpg
さて、お待ちかねのご当地キャラショーが始まりました。まずはステージで軽く挨拶です。

写真上、両端にいるのは、長崎県佐世保を中心に活動する「さな/せな/ぼな」のうちの2人です。彼女らは所謂「やなな」の派生キャラと思っていただいて結構です。「やなな」との相違点は、頭にかぶっているのが段ボールではなく、紙袋というところでしょうか。

IMGP6089.jpg
それでは「唐ワンくん」が踊りますよ。まずウォーミングアップに・・・バク宙だ!

写真を用意できないのが残念でなりませんが、「唐ワンくん」はいつの間にか、バク宙を会得していました。

「大道芸キャラ」として君臨する「唐ワンくん」、(内的な意味で)まだまだ進化し続ける伸びしろがあるのでしょう。これからも、今のご当地キャラシーンに「ささやかな抵抗」を披露してもらいたいものです。


「唐ワンくん」は良い所を持っていくのが上手すぎる。これは長年の経験あってのことでしょう。彼の動き一つ一つに、これまでの苦難、挫折・・・全てを乗り越えてきた強さが滲み出ています。唐津市も良いマスコットを創りましたね。

撮影日:2015年11月29日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
追い出し猫の存在も初めて知りましたが、このさくらちゃんは…立体ならではですね。
ただ…後姿に寄ってきた子供などは、何故か後ずさりされてしまって困惑してしまうかも。

そもそも、ネコって好いですね。
中林20系 #- [ 編集 ]    2015年12月01日(火) 20:14
中林20系さん
仕組みが分からない子供たちはきっと、あの姿にビックリすること間違いなしですね!
スタッフ氏曰く、「前後に顔があるマスコットは他にない」とのことで、インパクト大の存在として親しまれていますよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年12月01日(火) 22:43
バック宙ですと?!
それ、ゆるキャラのカテゴリに入れて良いのでしょうか(^^;


でもまあ、最近は千葉の黄色い悪魔や茨城の茶色い伸びる奴までいるから、ある程度はOKなのかもしれませんね…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2015年12月02日(水) 01:17
焼きそばさん
昔から、唐ワンくんは踊ることで他マスコットとの差別化を図っているんですよ。自称ご当地キャラの某にしても、少なからず唐ワンくんの影響は受けているでしょう。簡単に申し上げると、影響の連鎖が今のご当地キャラシーンを形成しているということです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年12月02日(水) 20:02
初めまして。
こんばんは。
ちょくちょくお邪魔させていただいておりますm(_ _)m

小倉でこんな催し物が行われていたとは。
二県の一地域だけでこんなにゆるキャラがいたのは知りませんでした(汗)
もうどれがどれだか。

それでは失礼しました。
野津征亨 #- [ 編集 ]    2015年12月06日(日) 18:18
野津征亨さん
野津様、こんにちは。かねてより、拙ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

北九州は市保有のマスコットだけでも、かなりの数が存在しますよ。私は福岡よりの人間なので、北九州キャラを把握しきるのには時間がかかりました。県全体だと、ものすごい数のマスコットがいるので、未だに把握しきれていないものも数々・・・といったところです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2015年12月07日(月) 14:06
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):