いかがお過ごしでしょうか、寒くて旅心に火のつかないwraでございます。

2016年も早々ながら、私にとって本年最初の試練が訪れました。大学院卒業に関わる「修論提出」が年明け直後に控えていたのです。論文は既に、前年中に書き終えていましたので、提出直前に最後の手直しを行いました。そして無事、締め切りから余裕をもって提出することができました。

あとは口頭試問という、教授からのキツイお灸据えが待っています。修論の話は本論ではないので、この辺りで止めておきます。

201601021140.jpg
ここから本論に入ります。

拙ブログは吹けば飛ぶような弱小媒体ながらご愛顧いただき、誠に感謝しております。今後のブログ更新についてお伝えしたいことがあり、タイトルに【お知らせ】と銘打ちました。

以下、私事で恐縮ですが、どうかお付き合い願います。出来る限り簡潔に執筆いたしますので。

私の祖父でございますが、数年前から癌を患っていました。加えて仕事柄、肺気腫を患い、5年前から酸素ボンベによる吸入を要していました。

2015年に入ると病状が悪化し、癌の進行で骨が脆くなりっていました。ついに夏、転倒により両足を骨折し、それ以降寝たきりの状態が続いたまま、昨秋には「もう年を越せない」と宣告を受けるほどになりました。それでも祖父は我々孫に辛い表情一つ見せず、耳は遠くなっても、いつも陽気な声で答えてくれました。

せめて新年だけは迎えさせてやりたい、と心から強く願っていました。修論執筆に追われ、この時はまだ覚悟を決めきれていませんでした。真夜中に突然電話がかかってこないか、不安で夜も眠れませんでしたが、無事に年を越すことができました。

病状はただ悪化するばかりで、ついに寝返りを打つことも困難になってきました。

元旦2日、新年の挨拶に行くと、祖父はいつものようにベッドに体を横たえていました。もう声を出すことも困難になったのか、と思っていましたが、孫の前では元気に振る舞ってくれました。

私には祖父の気遣いが、痛いほど身に沁みました。

ついに強力な鎮痛剤を服用しても痛みがひかなくなったというのに、それを我慢して、いつも通りに居てくれているんだなと。元来の呑兵衛なので、ノンアルコールであっても、いつものようにビールをおいしそうに飲んでくれました。

帰り際、私はいつも通り「また来るので」と祖父に伝えました。これが最後になるかもしれない、と心に秘めていながらも、私はいつも通りの笑顔で祖父家を出ました。

そして一つ、覚悟すべき日が訪れました。祖父母の介護に出かけた母が戻り、夕方、再度祖父母家に折り返し向かい、そのまま一夜を明かしています。祖父は昭和5年生まれの85歳、もう十分に高齢ですので、近い日に別れが来るのは承知済みのことです。

祖父はまだ生きていますが、一つ覚悟を決めたという意味で、本記事を執筆させていただきます。

DSC07312.jpg
祖父は酒と平和を愛する、人情にあつい九州男児です。弟子を多く抱える大工の棟梁でしたから、礼儀作法には厳しく、幼少期には世間でやってよいこと良くないことを叩き込まれました。しかし、時には穏やかでいて、野外で七輪を囲み、にんにくを焼いてもらった思い出もあります。

戦争体験も度々聞きました。尋常小学校の作文に「戦争が終わってほしい」と書いて、途端に担任の張り手が飛んできたこと、機銃掃射の雨から命からがら逃れたこと、海岸から長崎市を焼き尽くす「新型爆弾」を見たこと、召集令状が来る直前に終戦を迎えたこと。どれも戦争未体験の我々には生々しいものでした。

祖父から精神・歴史・知恵を与えてもらった結果、今の私があります。看護師以外で初めて、赤子の私を湯につけたのも祖父でした。本当に感謝してもしきれません。この思いを少しでも、ご理解いただけたら幸いです。

以上を踏まえて、1月のブログ更新についてお知らせします。

もし更新できない事情が生じた場合、長期間ブログ執筆を中断する可能性があります。私の方でも心を入れ替えて、早期に復帰できるように努力いたします。再開まで早くても中断から1週間、遅くても1か月になる予定です。

事と次第によっては、明日も明後日も更新するかもしれません。


決してブログを閉鎖するというわけではありません。ブログ執筆は精神がもつ限り、何年でも何十年でもやるつもりです。どうか誤解されないように。

筆:2016年1月8日

(追記)
以前からコメント欄を通じて交流のあった、愛知県在住のブロガーぞうまさ様(『ぞうまさの写真日記 三河の国から』)が1月初め、急性白血病により永眠されました。

昨年12月末から更新が途絶えており、きっと容体が思わしくないのだろうと気にかかっておりました。白血病は致死率の高い病気なので、身内事のように心配でしたが、ついに再起されることは叶いませんでした。

ブロガー界の「同志」を一人失うことになり、非常に残念です。心からお悔やみ申し上げます。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんにちわ

いつかは別れる日が来るとわかってはいても
別れはつらいものです。
おじいさまとの最後の日々、大切にすごしてあげてください。
M@lauaealoha #NqNw5XB. [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 10:24
遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
今年も遅れましたが、よろしくお願いします。

もう5年前くらいに同じく、祖父を失っているので、末期に対する気持ちはよくわかります。
こちらのほうは死去1日前に自分のわがままで行けなかったので、今でも後悔してばかり。

出来るなら、お会いできるときになるべく行ってあげてください。ご本人も喜ぶでしょうし、思い出だけの存在になる前に、目にやきつけて…。

ではでは。くれぐれも、論文も介護も、ご無理をなさりませぬように。
うるふ #JnoDGgPo [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 12:18
無理しちゃいけませんぜ?
ブログは義務じゃないんだから、書けない時は書けなくていいんですよ?


それにしても、お祖父様、気骨のある方ですね。wraさんの人柄の背景にこの方が、って気がします。


とりあえず、いってらっしゃい。こちらも帰りをのんびり待ちますんで。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 17:25
おじいさまを第一に。
こんばんは。
おじいさまの大切な時間が近づいているのですね。おじいさまと過ごせる時間は限られているわけですから、どうぞそちらを優先なさって下さい。
yokoblueplanet #- [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 19:05
M@lauaealohaさん
あらためて、自分も年をとったなと痛感するものです。いつの間にかシワが増え、オッサンと呼ばれるようになるんでしょうね。今はまだ、生きることに対する執着が強いですよ(笑)
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 19:28
うるふさん
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

これから徐々に、親・祖父母世代の身内の数が減っていくんでしょうね。改めて年をとったなと痛感するものです。これまで自分は若い若いとばかり思っていたもので・・・生意気ですが、そう思ってしまいます。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 19:33
焼きそばさん
一度書くのを休んだっきり、もう戻ってこないブロガーを何度も見てきました。物事の重大性を問わず、常に自分に危機感を持つようにしているもので、あのように記した次第です。

更新が途絶えてから1週間後には、またいつものように記事を書くと思うのでご安心ください。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 19:43
yokoblueplanetさん
祖父の命わずかな今日、改めて己の心が何に由るものか自覚させられるものです。皆様、励ましのお言葉ありがとうございました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 19:47
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も一年間よろしくお願い申し上げます。

wraさんの文面におじいさまの人柄がうかがえます。
僕だったら、諸事情で…とか言って休みます。

キチンと祖父とのお別れと向き合っているwraさんは、おじいさまのDNAを引き継いでいるのです。

ブログの更新は、いつでも構いません。
後悔の無いよう最期をしっかり看取って下さい。
宿はなし #qbIq4rIg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 21:05
こんばんは。

何時か、その日が来るとわかっていても、その日が来たら辛いものです。
大切な時間です。後悔だけはしないでください。それと、あまり無理をしないでくださいね。

ブログの更新は、気にしないでください。気長に待っています。
鉄蔵 #- [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 21:40
宿はなしさん
私は堅物な人間だと思っていますが、今の自分があるのは祖父母や両親など、身近にいる多くの人のおかげなんですよね。それを忘れず、これからまだ長い人生を生きていきたいものです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 22:04
鉄蔵さん
母方の祖父なので、母と祖父が語りあれる時間を多く作ろうと心がけています。これまで介護や家事に追われ、母もだいぶ苦労して、言いたいことが言えないような状態でした。

どうも今回は感情にまかせて書いてしまったようで、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 22:12
論文執筆、御祖父様のご看病お疲れ様です。今は精神的に辛いと思われますが、体調を崩されませぬようお気をつけください。
影武者2号 #YH9wa2gA [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 22:44
影武者2号さん
ありがとうございます。これから季節の変わり目になりますし、自分自身を気にかけながら生活したいと思います。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月08日(金) 22:56
wraさん☆
おじいさまとの時間、大切にしてあげてくださいね(*^_^*)
わたしも、じいちゃんっ子だったのでよくわかります。

わたしの祖父も酸素をつけておりました。
若い頃、船で朝鮮や台湾へセメントを運ぶ仕事をしていたので、だいぶセメントを吸ってしまっていたようで肺が弱っておりました。
お酒も大好きだったし、そして戦争の話もよく聞きました(*^_^*)

wraさんもお身体大切にしてくださいね(*^_^*)
Lilo&Stitch! #- [ 編集 ]    2016年01月09日(土) 18:20
Lilo&Stitch! さん
ありがとうございます。祖父はかなりの「伝説」を作ってきた人物なので、その時の話はいずれ記事にしたいと思っているところです。

>若い頃、船で朝鮮や台湾へセメントを運ぶ仕事をしていたので、
内地から外地にセメントを運ぶ仕事ですか・・・その仕事があって、台湾のインフラが整備されていったと思うと、感慨深くなります。台湾には大正~昭和期のコンクリ建築が沢山ありますしね。
wra #- [ 編集 ]    2016年01月09日(土) 20:13
そちらは意外と寒いのでしょうか?
今日、北海道に戻ったとき、-13℃で、寒さの質が全く違うと痛感しております・・・
気候のことだけを考えれば、すぐにでも道外に戻りたいです。

ご健在のご祖父さまには不謹慎かもしれませんが、私自身、一昨年、祖母を相次いで亡くしたことを思い出しました。

母方の祖母は、樺太から引き上げてきた話を何度もしておりましたが、そのことも、貴ブログの、日本統治時代の外地に関心を持っている理由でもあります。

ブログは、義務ではありませんし、私自身も、もう試合関連以外は殆ど書かずじまいです。

ご祖父様もそうですが、九州男児はお酒が強いですよね。
九大生と一緒に居酒屋に行ったことを思い出しております。
その日も凄かったですが、彼らは、その翌日にもアサヒビール園で沢山飲んだそうです。


レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月11日(月) 16:47
レラティーさん
そうですね、寒い日もあればそうでない日もある・・・といったところでしょうか。最近は寒い日の方が多いです。

祖父は先日、病院に移されましたが元気にしてますよ。先週末まで持たないかも・・・と思っていたので、かなり驚いています。どうやら、数週間も排出されていなかった尿が、体内で悪さをしていたようです。癌に関しては引き続き、鎮痛剤を投与してしのいでいます。

お婆様が南樺太からの避難者でしたか。ロシア人による野蛮な民族浄化・殺戮・征服活動に屈服する形で故郷を追われ、さぞかし無念だったことでしょう。生前に聞き取りした、樺太に関する話を記事にされてみては如何でしょうか。


とくに鹿児島人の酒の強さは半端ない、と聞いています。大学の飲み会でも、グビグビ飲んでも平気な連中が結構いますし。人によりますが、本当にすごいですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月11日(月) 20:53
現時点では、記事にするのは辛いですし、ブログの主旨からもずれますが、樺太 名寄村とか恵須取町にいたことは、語り継ぐことも必要かとも考え始めております。
(サイトで、樺太だと軍人が帰国に全力を尽くし、自分達だけ逃げ帰った満洲国とは事情が違うというのも見ましたが・・・)
ソ連は8-9月にも樺太、千島、北方領土への攻撃を止めず、既に冷戦を見据えていたものとは思いますが、日本の一般人が犠牲になったのは、筋違いです。


そう、ジョイントコンサート後の打ち上げでも、鹿児島県隼人町(当時)出身の先輩が、最もアルコールに強かったです。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月11日(月) 21:46
レラティーさん
そうでしたか。
恵須取といえば、ソ連侵攻で一番混乱した地域じゃないですか。北海道への避難まさに、命がけだったんでしょうね。

お話を拝見できて感謝です。
wra #- [ 編集 ]    2016年01月11日(月) 21:57
大変遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

wraさんのお祖父様の記事を読みまして 皆さん同じような事情を抱えてらして それでもブログの更新を淡々となさっているのだと勇気づけられました。

私事ですが2年前に母が肺癌で他界し
昨年 まだ存命しておりますが
主人の父が肝臓癌のオペを行い現在胸腺腫瘍のオペをするか様子見状態です。

昨年は主人の母も大腿骨頬部骨折をし
ブログを止めようと思いましたが
主人の説得を受け続けています。

wraさんの優しくて それでいて九州男子を思わせる骨っぽい文章が好きですので 更新出来る日を待ち望んでいます。
オバ鉄 #- [ 編集 ]    2016年01月12日(火) 13:46
オバ鉄さん
オバ鉄様、本年もよろしくお願いいたします。
ご主人はブログ執筆に協力的な方なんですね。いつもお写真でご主人の姿を拝見しておりますが、お人柄の良さが滲み出ております。介護・見舞いで大変かと思いますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

先日母が私に、「深刻にならず、執筆できるのにわざわざ止める必要はない」と言ってくれました。この言葉は祖父の容体悪化のみならず、ブログ仲間の訃報で暗くなっていた私を励ましてくれる、一番の言葉でした。

祖父の容体は無事回復し、また冗談が言えるほど元気になったので、少なくとも2週間は大丈夫かもしれません。震災直後も平常通り更新を続けましたので、たぶん何かあっても立ち直るのは早いと思います。私はチカッパ元気ですよ!
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月12日(火) 21:30
母、祖母、伯母が恵須取にいながら、どういう所か存じ上げず、いかに無知か、また在住時の話は聞いたことがなく、逃避行の話ばかりで、いかに終戦が辛かったかと、今は考えております。
お調べくださいまして、ありがとうございます。

同じ「外地」だった時代があるわけですが、台湾と樺太に、意外な接点があるというので、驚いております。
台湾の製糖会社、北海道と樺太にまで進出していたのですね!?
http://www.asahi.com/articles/ASJ1C6FLHJ1CIIPE01F.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月14日(木) 07:29
お詫び
よく読むと、台湾の会社直営じゃなく、資本を供したようですね。
記事を読み返すと、「樺太製糖は、当時やはり日本領だった台湾に本社を置く明治製糖(現・大日本明治製糖)などが設立」とありますね。
大変失礼いたしました。


http://www.asahi.com/articles/ASJ1C6FLHJ1CIIPE01F.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月14日(木) 07:31
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):