(目次)
はじめに
第1章―日本統治時代~戦後初期
第2章―20メートル級の世代へ
第3章―17メートル級「更新車」・32100系
第4章―優等客車の標準型・32850系/10000系
第5章―軽量化でより近代的に・10200系
第6章―総督府史料から紐解く「古典客車」の形態
第7章―まとめにかえて



1970年代の台鉄では、長年の酷使により老朽化した木造客車を置き換えるため、新たな客車の製造が必要視されていた。そこで考え出されのが、老朽客車を「更新」するという方法である。

名鉄もビックリ?台鉄流・車体更新術

国鉄では戦後1950年代、老朽化・荒廃の進んでいた木造客車の台枠を利用し、「鋼体化客車」60系を製造して木造客車を一掃した。ついで50年~60年代にかけて、軽量車体と余剰化した鋼製客車(おもに32系)の台枠をあわせ、10系客車のうち16・17の番号を割り当てられた車両群が製造された。

一方、台鉄でも木造客車の鋼体化に留まらず、鋼製客車の更新も行われた。

鋼製客車の更新は今や「台鉄のお家芸」と化しており、車体をそのまま活用した「リニューアル」から、台枠流用といった大規模な改造に至るまで、じつに幅広い形態の「更新」が行われているのだ。更新を受けた車両はゆうに百両を超す。

古い車両を大事に使おうとするその精神、やはり数々もの車体更新を手がけてきた名鉄も、さぞかしビックリすることであろう。

第3章では、1970年代に老朽化した木造・鋼体客車を「更新」するかたちで誕生した、32100系(2代目)について解説を進めたい。32100番台は旅客車2形式のみであるが、32300番台は台鉄客車屈指のバリエーションを有しており、寝台車も登場している。前者がノーシル・ノーヘッダのすっきりとした外観を有する一方で、後者はウィンドウシル・ヘッダーを有しており、どこかオロ41のようである。

台湾人レイルファンの間では、鋼体客車に出自を持つ32100番台を32100系と、木造客車に出自を持つ32300番台を32300系、と称する傾向にある。拙項では、同様の車体を持つ形式群を可能な限り、一つのグループにまとめたいので、両番台を同一系列とみなし、表記を32100系に統一する。



旅客車
  • SP32100
  • SPK32100
  • SP32300:SP32389は事業用車EOB32389に改造されており、屋根に観測ドームを有している。今もなお樹林車両基地に常備されており、32100系一般車の外観を伝える貴重な存在である。
  • SPK32300:SPK32382は無線通信設備を有しており、総統特別車が使用される際、同車に併結して使用された。莒光號塗装をまとっていたが、のちに塗装変更・一般車への格下げが行われた。

EOB32389_taiwan.jpg
▲EOB32389(旧SP32389)

寝台車
  • FS32300:一等寝台車。
  • SS32300:二等寝台車。
  • TS32300:三等寝台車。

郵便・荷物車
  • BK32300:荷物車。
  • SBK32300:二等荷物合造車。
  • TBK32300:三等荷物合造車。
  • MBK32300:郵便荷物合造車。
  • SMK32300:二等郵便合造車。
  • TMK32300:三等郵便合造車。

その他
  • EGK32300:1967年、台鉄台北工場で製造された電源車。
  • SC32300:公務車。

改造車
  • BK32350:電源車EGK32300を改造した荷物車。辛うじて、BK32353が高雄工場に残っていたが、2016年現在は不明。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
へえ~
また凄いですね、解体せず更新ですか。思いもしませんでした。


古くなったら引退→解体or静態保存、位しか思い浮かびませんからね…。


知らない世界がホント沢山あるのを実感しますよ。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年01月14日(木) 23:19
焼きそばさん
「更新車」は更新前の面影を殆ど留めていませんので、初めて見たときはかなり驚きました。国鉄の客車でいうと、「60」という番号が付けられている場合、それは木造客車から改造された「鋼体化客車」を意味します。

その実、木造客車の名残りはせいぜい床の骨組みぐらいなんですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月15日(金) 23:53
古い車両であっても、日本と経済水準の違いはあるのでしょうが、これほどまで鉄道車両を大切にするとは、物を大切にする文化(次々王朝を壊す大陸とは別世界と考えてよいですか?)を感じます。
(日本でも、鉄道車両は自動車よりずっと長寿命だと感心することはありますが)

公務車とは?

鉄道趣味があるのは、日本とヨーロッパだけだと伺いましたが、台湾も充実しており、やはり鐵路趣味者はいるんですね。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 08:41
台湾は古き良き物は、日本統治時代のでも残っていますね。

樺太のほうは、豊原の樺太製糖(意外にも台湾系だったんですね;当時の「外地」同士の関係にも関心があります)だった建物は現役ですが、真岡の王子製紙だった工場跡は朽ちつつあり、

http://www.asahi.com/articles/ASJ1C6FLHJ1CIIPE01F.html

http://www.asahi.com/articles/ASJ1C66J8J1CIIPE019.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 08:50
レラティーさん
台湾の場合、もと「日本人」が多数派として居つづけましたので、自分たちの歴史の一つとして、日本統治時代の建築物を残そうと活動しています。

一方の南樺太では、たとえ原住民のウィルタやアイヌであっても、日本人と見なされて大方追い出されました(ごく一部を除く)。ロシア人はシベリアと同じように、北方領土を白色人種の島にしたかったのでしょう。そういう歴史的経緯から、ロシア人とは縁もゆかりもない物ということで、放置されていくのだと思います。

外洋に出られる不凍海峡さえ確保できれば、それでもう満足なのでしょう。70年前の漁村は、その多くが荒野に帰しました。改軌してもなお、鉄道の衰退は止まることなく、樺太東線も本数が少ないと聞いています。現在の写真を見る限りだと、あの島はもう全体的に荒廃しているような気がします。

「捨てられた日本列島」、私は樺太をそう呼んでいます。

たしか、王子製紙の工場が恵須取や敷香にもあったと記憶しています(違っていたらすいません)。だいぶ老朽化が進んでいるようで、もう現存しないかもしれません。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 16:59
レラティーさん
追記でございます。

国鉄でも台枠流用の更新車が製造されていましたが、ちょうど高度経済成長がはじまる時期にあたるので、レラティー様のご指摘には的を得ているところがあります。名鉄の更新は機器流用が主ですが、更新名目で製造されている車両が多いことから、例の一つとして挙げさせてもらいました。

公務車は簡単に言うと、御料車のようなものです。車内には執務用の椅子テーブルが設置され、地方視察に出向く際、使用されました。現在では全く使用されていません。国鉄の形式称号では「トク」になりますが、この称号は大昔に消滅しています。

アジアでレイルファンといえば、日本と台湾がダントツですよ。他の国では鉄道=軍事施設という認識があるほか、経済的に余裕がないとできない趣味なので、あまりメジャーではないと認識しています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 17:15
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):