しばらく変化のなかったJR東郷駅北口ですが、2016年に入り、ついにロータリー部の設置工事が再開されました。同時に八並川をはさんで向かい側にある、市道の拡張工事も佳境を迎えており、これから東郷駅前が大変貌を遂げることになります。

IMGP6122.jpg
▲JR東郷駅北口の定点撮影

IMGP6115.jpg
▲造成中のロータリー取り付け道路(手前)と、拡張工事中の市道(奥)
今後、件の市道と取り付け路の間(八並川)に、架橋されるかどうか気になる所です。

IMGP6123.jpg
旧3号線沿いでも、いくつか変化を見ることができました。ロータリー取り付け路の設置に合わせ、歩道の位置変更が行われています。従来の歩道は凹凸が多くて狭いものでしたが、ほぼフラットでゆとりある幅に改良されました。

付録―工事中の南口ロータリー

最後に付録と称して、南口の様子を見てシメとします。

2016年1月現在、東郷駅南口でも大規模なロータリー改良工事が行われています。ロータリー全体が工事範囲で、ロータリー中央部、車道部、歩道部に至るまで、満遍なく重機の手が入っています。

IMGP6116.jpg
▲工事中の東郷駅南口
工事に伴い、バス停の位置が数メートルずらされています。これに伴い、特急「むなかた号」のみ暫定的にロータリー外発着へと変更されました。駅から50メートル離れた場所に、「むなかた号」専用の仮設バス停が置かれ、2016年3月31日まで使用される予定です。

IMGP6119.jpg
▲特急「むなかた号」用に仮設された、東郷駅日の里口バス停

IMGP6118.jpg
▲「むなかた号」発着位置の変更を告げる張り紙

撮影日:2016年1月15日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
普通の地方都市の駅だと、片方だけに出入口がありますが、南北両方にあるとは(橋上駅か高架駅なんですね!?)、結構都会ですね。

福岡と東側を結ぶバスは、最も近くて直方、北九州と、ごく少数の「赤間急行」だと思っていたので、東郷ともバスがあるとは、驚きました。
嘗ては結構バスも追っていましたが、最近は、それどころじゃなくなっています。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 08:45
吉留、妙見の滝について
初めまして七色と申します。鞍手在住です。以前より妙見の滝、妙見神社、豊日別神社(宮)について調べています。
猿田峠のある山々からグローバルアリーナ裏手の山々も、ものすごーく気になります。

八所宮裏手の山々も古代鉱山があり、そのため龍神池あたりも色が濃いだとか皆で話題が出ています。
宗像・鞍手は宗像領だった時期もあるため歴史は宗像・鞍手郡(古代、古遠賀湾)は神話の伝承も深いです!!

もしよかったら「ひもろぎ逍遥」御覧下さい。
七色 #h1hDN/P6 [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 10:44
1月のブログ記事からコメント失礼致します。
続けてコメント失礼致します。
最近のブログ記事よりコメントさせて下さい。

私の主人の母方祖父は宮大工7代目です。
古きより宮大工を営み代々継承しておりました。
そして主人も建築専門学校を経て鞍手にて建築家をしております。
なので、周りの方々も建築家・土木家が多いです。
ちなみに主人のボスは宗像の方です。
お祖父様の大工の棟梁という記事を読ませて頂きまして、何か☆大工、棟梁、建築家、祖父が棟梁されていたという共通する部分(一緒に致しましてすみません)があるかなっと
思いましたので、コメント致しました。

主人の祖父も宮大工棟梁でして、神主の資格を取り、台湾の桃園神社だったと思いますが依頼をへて作っています。
そのため、主人も私も歴史が大大大好きです。
とくに「六ヶ岳神話」を追っています
神話等を追い各地を飛び回っています。
これからも宗像歴史を教えて下さい。
七色 #h1hDN/P6 [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 11:12
七色さん
七色様、この度は拙ブログへのコメントありがとうございます。

若宮の山口地区が宗像と関わり深いことは知っておりましたが、鞍手もだいぶ宗像の影響を受けていたようですね。宗像の辺縁地域に、宗像氏をはじめとする権力がどれほど影響を及ぼしていったか、等々・・・「境界」をテーマとした歴史研究をしてみると面白いことでしょう。

拙ブログの内容に多く共感されたようで、非常にうれしい限りです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月16日(土) 17:36
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):