2月といえば、節分の季節です。これから一年の無病息災を願って豆を投げ、鬼を追い出し福を招く、そんな風景がもうすぐ、至る所で見られることでしょう。立春の到来を祝う恒例行事として、多くの日本人に親しまれています。

一方、中華世界やその影響を受けてきた台湾では、旧正月―すなわち「春節」が1月後半~2月前半の一大イベントとして親しまれています。春節期間には連休が組まれており、帰省客のために多くの臨時列車が増発されます。


台湾や中華圏ほどではありませんが、日本でも中華街のある都市では毎年、春節を祝うイベントが行われます。長崎もその一つで、「長崎ランタンフェスティバル」は長崎を代表する催事として親しまれています。

筆者も2012年に訪れましたが、長崎市中心部に入る道路は渋滞気味で、駐車場を探すだけでも一苦労だったのを覚えています。長崎道に連絡する「ながさき出島道路」では、覆面パトによるネズミ狩りが行われ、かなりのマイカーがその餌食になっていました。


1月も後半に差し掛かり、「長崎ランタンフェスティバル」の季節が近づいてきました。長崎行きの特急「かもめ」が出入りする博多駅では、改札口にランタン装飾を見ることができますし、やはり長崎行きのバスが多数発着する西鉄天神高速バスターミナル(旧天神バスセンター)にも、ランタン装飾がなされています。

出発前からすでに旅情満点です。やっぱり旅は、最初から最後まで楽しくないと。

撮影日:2016年1月22日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
春節、今や北海道観光では欠かせない要素となっています。
特に、さっぽろ雪まつり時期と重なると、観光客が増えるほどの影響力となっています。
ご承知の通り、北海道に限れば、台湾からの観光客が海外では最も多いのですから。


長崎市にも、一度は訪れたいものです。(異常な積雪には驚いています)
中華街は横浜しか訪れたことがないです・・・(函館の中華会館は訪れましたが、冬季閉館のはずです)
西鉄天神高速バスターミナルというと、この長崎とを結ぶ、九州急行バス唯一の路線「九州号」の印象が強いです。

レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年01月26日(火) 00:37
中華圏の新年いよいよ来ます。
このように飾られた、台湾らしいと感じました。「長崎」と書いてあっても違和感がありません。長崎と言ったら、「中華」と言うイメージが欠かせないでしょうね。

長崎ランタンフェスティバルは台湾に負けないほど素晴らしいです。豚を模したランタンが生き生きして凄く可愛いです。2005年と2006年台湾灯会は2年連続うちのあたりに行われました。会場まで歩くなら15分ぐらいほどすごく近いです。灯会の御蔭でうちの店は商売繁栄だったということは過言ではありません。
今年も楽しみにしてください。
Yellow #- [ 編集 ]    2016年01月26日(火) 09:37
レラティーさん
福岡はご存知の通り、中国人観光客が多い場所でありますが、北海道の方は如何でしょうか。中国人はその多くが団体で訪れるので、慣れてくると台湾人との見分けは容易です。中国人はとにかく群がります・・・

長崎の中華街にはこれでもか、というほどの中華料理店があります。お金があれば、麻婆豆腐の食べ比べをしてみると面白いかもしれません。太麺の皿うどんも美味しいですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月26日(火) 18:08
Yellowさん
ランタンフェスティバルの時、会場近辺にある食堂は大小問わず、どこも大にぎわいです。余りの混雑ぶりに、どの店も満員じょうたいでしたから、昼食を口に入れるまでに時間を費やしましたよ。Yellow様の食堂も大繁盛だったんでしょうね!
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年01月26日(火) 18:11
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):