(目次)
名門大洋フェリー「きたきゅうしゅうⅡ」乗船記録 (新門司~大阪南港、1)
名門大洋フェリー「きたきゅうしゅうⅡ」乗船記録 (新門司~大阪南港、2)
名門大洋フェリー「きたきゅうしゅうⅡ」乗船記録 (新門司~大阪南港、3)

名門大洋フェリー「きたきゅうしゅうⅡ」乗船記録 (大阪南港~新門司)


前項では、名門大洋フェリーの新造船「きたきゅうしゅうⅡ」の乗船記1日目を掲載しました。今回は一夜明けた2日目の乗船記をお届けします。

夜明け~明石海峡大橋まで

何度も利用していると、だんだん「早起きしないでゆっくり過ごそう」と思うようになってきます。外は非常に寒く、早起きして朝焼けを撮ろうにもその気になれません。

DSC07333.jpg
結局起床したのは明石海峡大橋を通る直前の、7時前でした。甲板に出てみようと外に出ると、あまりの冷たさと強風に、1分も出ていられない状況です。毎度恒例の海峡大橋撮影には、プロムナードから挑んでみました。

DSC07334.jpg
船内にいると、風が吹いてこないので風切り音が入ってきません。しかも暖房で暖かく、撮影するには快適すぎる程です。

DSCN0129.jpg
明石海峡大橋をくぐった直後、ほんの少しだけと再度、甲板に出てきました。あまりにも酷い寒さですが、ここは我慢して、朝陽に映えるファンネルと大橋をさっと収めておきます。

明石海峡大橋~大阪南港到着まで

DSC07337.jpg
大阪湾に入ると、進行方向右手に工業地帯の巨大煙突が見えてきます。複数の煙突から煙突がたなびく様子は、工業と商業の街・大阪を象徴する風景といえます。

既に朝食バイキングは始まっています。この便では、船内で朝食をとらないで、上陸後に朝食とする予定でいます。レストランの奥では、喋り声や食器の音が賑やかそうに響いてきます。

DSCN0135.jpg
ツーリスト寝台は狭く、長身の私では座っていられません。ここは居所をうつして、南港が近づくまでずっとプロムナードに留まることにしました。その前にひとつ、自販機で100パーセントジュースを購入。

DSCN0132.jpg
時間はゆっくり流れているかのようにみえますが、刻々と到着の時間は迫っています。それと同時に、遠くにうっすらと見えていた煙突も、徐々に鮮明な形になって見えてきました。

DSCN0133.jpg
▲夜宴のあと

DSCN0136.jpg
やがて、陸が間近に迫ってきました。周囲はコンテナとクレーンばかりで、ここが港湾施設であることを感じさせられます。それもそのはずで、時計を見ると到着15分前。すでに大阪南港に入っていました。

DSCN0140.jpg
遠くには、大阪と別府とを結ぶ「フェリーさんふらわあ」が止まっています。あちらの乗船場は名門大洋フェリーと大きく異なり、フェリーターミナル駅(ニュートラム)ではなく、トレードセンター前駅(同上)が最寄りです。

やがてエントランスには、荷物を持った乗客が下船のため、列をなしてきました。それほど荷物を持っているわけではない私は、アナウンスが流れてから荷物をまとめ始めます。

大阪南港到着~下船まで

8時半、大阪南港に到着です。下船口が開くと、乗客が大量に出ていきます。急ぐ必要のない私は、8割方出ていってから下船することにします。

DSC07339.jpg
人の少なくなった下船口を出て、ターミナルまでの長い通路を歩いて移動しながら、新造船「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」を撮って回ります。夜は見えなかった、船体の各所各所がくっきりと綺麗に見えます。

DSC07342.jpg
▲きたきゅうしゅうⅡを正面から眺めて

DSC07340.jpg
ここ名門大洋フェリーには、カモメを象ったマスコットキャラがあります。新造船が建造されるにあたり、イラストが一新されました。

meimon_kamome.jpg
▲新旧マスコット比較

DSC07341.jpg
▲オレンジフェリー「おれんじ7」

DSCN0138.jpg
▲左から、「おれんじ7」、名門大洋フェリー「きょうとⅡ」

DSCN0139.jpg
▲大阪南港フェリーターミナルから「きたきゅうしゅうⅡ」を眺めて

DSC07343.jpg
▲フェリーターミナル駅に停車する大阪市営「ポートラム」

ここまで、往路・新門司~大阪南港までの記録をお届けしました。復路・大阪南港~新門司編は、また別項にて1ページにまとめてお送りします。

撮影日:2016年2月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
まだ、大阪対北部九州だと、旺盛な需要があるんでしょうね。
北海道だと、釧路-東京などフェリーが衰退しています。
とはいえ、近いうちに室蘭港にフェリーが復活するという動きもあります。

展望窓、もの凄い人ですね!
瀬戸内海の島々や橋が見えるので、北海道航路とは違った光景なんでしょう。
ただ、海峡が狭く、松山から広島へ行ったとき、「音戸の瀬戸」で反対向きのフェリーを待ったこともありました。

長身でいらっしゃるとは!
スポーツとかお得意なんでしょうね。


フェリーの車両が出る所が斜めになっていたり、従来の船よりカッコ良くなっていますね。
私が乗船したのとは別ですが、苫小牧-大洗航路のフェリーで、ほぼ同時期に火災があり、非常にショックでしたが、老朽化も原因だと考えております。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年02月28日(日) 15:36
レラティーさん
> 瀬戸内海の島々や橋が見えるので、北海道航路とは違った光景なんでしょう。
> ただ、海峡が狭く、松山から広島へ行ったとき、「音戸の瀬戸」で反対向きのフェリーを待ったこともありました。

絶海の中を航行する外洋航路とは違い、ずっと陸地の見える中を進んでいきます。おかげで、プロムナードにいても風景が常に移り変わって面白いですよ。


> 長身でいらっしゃるとは!
> スポーツとかお得意なんでしょうね。

実はまったくの正反対で、球技は全然だめですよ。バスケの上手さ具合も平均以下といったところでしょうか(笑)
スポーツは長距離走を嗜んでいるぐらいです。


> 私が乗船したのとは別ですが、苫小牧-大洗航路のフェリーで、ほぼ同時期に火災があり、非常にショックでしたが、老朽化も原因だと考えております。

あれは大変な事故でしたね。福岡でもたくさんニュースで扱われていました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年02月28日(日) 22:00
瀬戸内海は、架橋が充実し、あまり船にお世話になる機会は少ないでしょうが、時間があれば試してみたいです。


(PhotoScape、そもそも「メニュー」の画面を未だに見つけられずにいます・・・)

(今日は「二・二八事件」の日でしたね。すっかり忘れていました・・・)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0240274.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年02月28日(日) 23:34
レラティーさん
> (PhotoScape、そもそも「メニュー」の画面を未だに見つけられずにいます・・・)

「メニュー」という名前の欄はありませんよ。もしかすると、「ツール」のことではないでしょうか?
トップ画面上の右下には、「ホーム」「オブジェクト」「トリミング」「ツール」と書かれた4つのボタンがあるはずです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年02月29日(月) 17:59
戦場ならぬ、船上カメラマンですね
いずれにせよ、撮影は大変そうです。


朝食バイキング、楽しみだったのに(笑)。上陸後を待ちますかね。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年03月02日(水) 00:42
焼きそばさん
甲板での撮影には気を付けないと、風で物が飛ばされそうになることがあります。冬場は寒いし大変ですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月02日(水) 17:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):