日本一の路線網を誇る大手私鉄・近鉄は、近畿地方の中でもとりわけ、奈良県と三重県に一大勢力を築いています。特急運転も精力的に行われており、「ビスタカー」「アーバンライナー」は今や、近鉄電車の代名詞的存在になっています。

今回は大和西大寺から、京都行特急に乗車して京都を目指してみます。

電車がつどうジャンクション・大和西大寺駅

大和西大寺駅から、橿原神宮発京都行のいわゆる「京橿特急」に乗車、終点の京都に向かいます。

ホーム上には有人の特急券売り場が置かれ、簡単に特急券を入手することができます。券売機ではありませんので、通路側の座席を指定されてしまう可能性は、有人の方が低いはずです。今回、先頭車の窓側席を指定されました。

特急券を購入したのは良いとして、次に車両が気になります。個人的には、生え抜きの「スナックカー」12200系を期待していましたが・・・

DSCN0170.jpg
▲出発を待つ橿原神宮前行き8600系

DSCN0171.jpg
奈良線乗り場では、1234という面白い番号の車両に遭遇しました。1230系1234編成の電動先頭車で、前パンがなんとも凛々しい車両です。

DSCN0172.jpg
▲出発を待つ1230系1234編成の急行難波行き

やってきた特急は12200系どころか、なんと最新鋭の22600系「Ace」でした。車内に入ると、新型車両の独特な香りがかすかに残っています。この香りを楽しめる新型も良いですが、12200系や12400系の重厚な走りも捨てがたいです。

座席に座ろうと思うと、すでに旅行者2人連れが陣取っています。「席を代わってほしい」と声をかけたところ、件の旅行者は台湾人でした。こういった事は台鉄の無座利用で慣れているのか、2人はすぐに背後の席へと移っていきました。

近鉄京都駅―巨体横たえる「ビスタカー」

大和西大寺から30分、終点の京都に到着です。ホームには特急車両が2編成並んで停車しています。近鉄電車を沢山収めたい筆者は、特急車両を嘗めまわすように、ホームを歩き出しました。

DSCN0173.jpg
▲京都駅に到着した22600系特急
折り返し列車も往路と同じ、橿原神宮前行きの「京橿特急」です。

DSCN0182.jpg
1番乗り場の車止め側には、22000系「ACE」が連結されています。

DSCN0183.jpg
京都駅からは京橿特急・京奈特急が頻繁に運転されています。写真上、12時50分発列車のように、橿原神宮前行きに奈良行きがくっつく場合もあります。とにかく近鉄を利用してみると、柔軟な運転を行う特急の面白味を感じることができます。

DSCN0181.jpg
▲近鉄特急を陰で支える「せんとくん」
「キモいご当地キャラクター」として物議をかもした「せんとくん」も今や、奈良県の代名詞的存在になりました。そういえば「まんとくん」、どこに行ったんでしょうね。

DSCN0175.jpg
22000系を嘗めまわすように歩くと、やがて30000系「ビスタカー」の巨体が現れました。短命に終わった先代「ビスタカー」10000系・10100系と打って変わり、こちらは数回のリニューアルを経て、元気に走り続けています。

DSCN0176.jpg
「ビスタカー」といえば2階建て車両。これをなくして同列車を語ることはできません。

DSCN0177.jpg
▲30000系「ビスタカー」2階建て車両乗降口
JR九州783系のように、車両中央部に乗降口が設置されています。

DSCN0178.jpg
2階建て車両の1階部分は、セミコンパートメントになっています。近年のリニューアルにより座席配置が変わり、より一層個室らしくなりました。

DSCN0179.jpg
▲「ビスタカー」ロゴマーク

DSCN0180.jpg
▲出発を待つ22600系「Ace」

明るく開放的なJR京都駅に比べ、近鉄京都駅はやや暗い空間にあり、地味な印象を受けがちです。しかし、京都と奈良をつなぐ重要路線の出発地として、多くの通勤客や観光客が行きかう様子を見てとれました。

撮影日:2016年2月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
やはり
特急、しかも有料・専用車両って聞くと、ちょっとワクワクしますね、見るだけでも。


二階建ての車両の出入り口が中央にあるのは初見かも。こちらで見かける二階建て車両にはありませんからね。


近鉄は三年前に一度乗ったきりご無沙汰…。また関西方面に行きたいなあ…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年03月17日(木) 11:55
焼きそばさん
近鉄は巨大私鉄なだけあって、JRによく似た役割(特急型、急行型など)の車両が揃っています。関東でいうと、東武に近いんじゃないでしょうか。

少し前から近鉄乗り潰しを指向した行程を組んで、近畿を旅行していますが、何せ総営業距離が長く(西は大阪、東は愛知なもので)、全路線を制覇するまで時間がかかりそうです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月18日(金) 20:53
西大寺の壮大な平面交差、1度は見てみたいものです。

未だに二階建て列車(両方の意味で)がこれほど活発なのには感心します。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年03月19日(土) 16:08
レラティーさん
>二階建て列車
確かに・・・!その洒落は思いつきませんでした。

あそこは本当にポイントが多くて、初めて見たときの感激は忘れられません。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月20日(日) 13:56
こんばんは。

22600系にお乗りになったのですね。
近鉄汎用特急の期待の新車で、
一時期より大分見る機会が増えたとは
いえ、全体で見ればまだまだ少数派。
さぁ、これからどんどん増えるぞ、
という時に、前世代の22000系の
リニューアルが始まってしまい、
今後の行く末が気になります。
増備が進めば良いのですが…

30000系も息が長いですね。
私が子供の頃は、名古屋へ行く際の
行き帰り、親にねだってよく二階席
に座らせてもらってました。
この30000系の次の2階建て汎用特急は
あるのかどうか、っていうのも
沿線民としては気になるところですね。
後15年位は使いそうですが。
KZ-1 #- [ 編集 ]    2016年03月28日(月) 00:19
KZ-1さん
近鉄特急のリニューアル、22000系と22600系だけかと思っていましたが、サニーカー一族にも及ぶみたいですね。12200系は先行き短いと思うので、あちらの色がどうなるかは分からないものの、近鉄特急に対するイメージが120度ちかく変わるのは間違いなさそうです。


>この30000系の次の2階建て汎用特急は
>あるのかどうか、っていうのも
>沿線民としては気になるところですね。

確かに気になります。近鉄特急のスター的存在が、「アーバンライナー」や「しまかぜ」等に移行しているため、果たして「ビスタカーⅣ」が登場するか否か・・・
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月28日(月) 22:23
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):