今回お届けする近鉄生駒駅は奈良県西北部、生駒山地に抱かれた坂の街・生駒にあります。近鉄奈良線の新生駒トンネル・同けいはんな線の生駒トンネルの坑口から出てすぐの場所にあり、駅周辺は坂がちになっています。

DSCN0148.jpg
▲生駒駅南口
北口には商業施設があり、南口側には商店街アーケードの入口が開いています。近鉄生駒鋼索線(生駒ケーブル)の鳥居前駅へは、南口からペデストリアンデッキを歩いて1分。また、生駒市役所も駅から200メートルと近い場所にあります。

DSCN0164.jpg
生駒駅は橋上駅舎になっています。コンコースの中央部にある「たけまる時計」は、生駒市の市制40周年を記念して設置されたもので、同市マスコットキャラクター「たけまるくん」のイラストがデザインされています。

DSCN0165.jpg
▲たけまる時計記念プレート

DSCN0167.jpg
▲生駒駅改札口(奈良線・生駒線)
けいはんな線の改札口は別個に設置されています。

DSCN0168.jpg
▲目のオブジェ
この陶製のオブジェは、同市鬼取町にある「鬼工房」によるもので、駅構内に良い気が巡るよう、大地のエネルギーをこめたデザインとしています(『日本のまほろば奥大和総合情報サイト「まほなび」』)。

DSCN0146.jpg
▲生駒駅構内―近鉄7020系を眺めて

DSCN0169.jpg
▲生駒線ホームに停車中の1020系(1030編成)王子行きを眺めて
北側から順に、けいはんな線、奈良線、生駒線のホームが置かれています。

撮影日:2016年2月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
立派な
商業施設と言った感じですね。地元の商店街の規模じゃ扱ってないような物も多数ありそうで、見てるだけでも飽きないだろうな、と。


俺は確実に迷いそうですが(笑)。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年03月26日(土) 13:28
焼きそばさん
中には入っていないのですが、北口の商業施設は地方のデパートのようになっており、軽食が食べられるカフェもありましたよ。始めてくる場所だと、地図を見てもやっぱり迷ってしまいます。

真上の通路に上がろうと思い、そこと接続しているであろうデッキに上って見たところ、通路と接する階に出口がありませんでした。迷路のようでしたよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月27日(日) 17:50
生駒、一応10万都市とはいえ、ベッドタウンの要素が強く、これほど大きな駅舎なのには、驚いています。

○×式の改札機、いかにも関西ですね。
改札機の間隔、障がい者用並みに広いようにも感じますが、気のせいでしょうか?


(博多の麺類といえば、当然ラーメンとしか思っていませんでしたが、「ごぼ天うどん」も名物なんですね?)
https://twitter.com/michaelkoba/status/714045405281976320
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年03月27日(日) 21:24
レラティーさん
どうやら、ごぼう天のうどんは福岡独特のネタらしいですね。私はあまり好みませんが、母がよく好んで注文しています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月28日(月) 22:15
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):