私たち宗像市民にとって、本土から離れた離島たる大島・地島には、同じ宗像市内であってもそう頻繁に行くことはありません。旅好きの私ですら、これら離島地区には年に1度行くか行かないかといったところです。

「春の大島は菜の花が綺麗」という話を聞いた私は、急きょ大島行きを決意しました。訪問を躊躇っていると、次大島に行くのはいつになるか分かりません。行ける日があればパッと行けるのが、地元住民の特権というものです。

船に乗るついでに、神湊沖に浮かぶ無人島「勝島」の姿を間近で収めてみました。大荒れの中、揺れに揺れる船で撮影しましたから、なかなか大変な道中でしたよ。

旅客船「しおかぜ」に乗る―神湊港

DSCN0536.jpg
神湊港の渡船ターミナルに着いたのは、大島行き旅客船「しおかぜ」の出港10分前。券売機で切符を購入し、乗り場で係員にそれを回収してもらい乗船すると、思っていた程船は混雑していませんでした。

この時期は暖かいので、ウォーキングがてら島を訪問される方が多くなります。そのため、船内は結構混んでいるだろうなと思っていましたが、意外にもあっさり着席できました。

DSCN0537.jpg
出港時間になり、小さな「しおかぜ」は身軽そうな足取りで動き出しました。

DSCN0538.jpg
防波堤を越えると、やがて右手には「さつき松原」と鐘崎の漁師町が見えてきます。

DSCN0539.jpg
神湊港が遠ざかるにつれ、徐々に船が大きく揺れ始めます。どうやら海の具合がよくないようで、波を一つ越すたびに、身体がバウンドするような心地です。

宗像市沖の無人島「勝島」

どうにか客室から2階のデッキに上がると、そこには自撮り棒で撮影に興じる学生グループと、数人の観光客らしき姿がありました。凄まじい風に寒気を覚えながら、向かって左側に目をやると、すでに今回の主役「勝島」の姿が見えています。

DSCN0540.jpg
▲草崎の裏側から姿を表した無人島「勝島」

DSCN0541.jpg
▲宗像市最大の無人島「勝島」
説明文に「最大」と記しましたが、そもそも宗像市の無人島で、島と呼べるような大きさを持つのは「勝島」ぐらいです。1960年頃まで有人島でした。

地形を見る限りだと、かつての集落は島の南東部にあったようで、今でも砂浜や簡単な岸壁等が残っています。

DSCN0543.jpg
▲宗像市の無人島「勝島」の集落跡を眺めて
低木・雑草が生い茂る、砂浜背後のわずかな低地一帯が集落跡と推定します。

機会があればぜひとも、集落跡をフィールドワークしたいです。上陸してみればきっと、島の歴史を紐解く「新たな手掛かり」が見つかるのではないでしょうか。

面をしかめる胃袋・・・荒れ気味の玄界灘に

本土が遠ざかるにつれ、波が高くなってきました。上下動は激しく、まるでジェットコースターに乗っているかのような錯覚を覚えることもあります。

DSCN0546.jpg
右手に見える地島(宗像市地島地内)を撮ろうと、カメラを取り出すも、はげしい上下動のせいで思ったような構図になりません。吹き上がる潮しぶきに、しけっぷりを見て取ることができます。

普段は船酔いとは無縁の私でも、今回ばかりは胃袋に若干の違和感を覚えました。船の中でかき回されたわが内臓は、あまりの凄まじい道中に面をしかめているようです。

DSCN0547.jpg
ジェットコースター状態が続くこと15分、目的地の大島に到着です。港には、神湊~大島航路で使用されている「フェリーおおしま」の姿があります。

撮影日:2016年3月23日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんにちは。
旅って、行動力が欠かせません。いつやるか、今でしょうと林修さんの名言は心に響かれました。

ジェットコースター状態が続くこと15分って、激しそうで私は耐えるかと考えました。
Yellow #- [ 編集 ]    2016年03月28日(月) 09:19
Yellowさん
やっぱり船になれた島民が多いからでしょう、どんなに船が傾こうが揺れようが、苦しそうにする乗客は居ませんでしたよ。普段乗る船は、穏やかな波上を行くので、これほど荒々しい船旅を体験したのは久しぶりでした。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年03月28日(月) 22:27
離島は、本当に気になる存在ですね。
特に、宗像諸島(?)には島々が沢山あり、世界遺産(?)の島など、訪れてみたい所ばかりです。


私は、北海道だと洞爺湖の中にある島、利尻島、礼文島は訪問しましたが、奥尻島は今年の目標にしたいです。(フェリーも航空便も少なく不便)
北海道以外では、江ノ島、淡路島、沖縄島だけは訪問しました。
無人島でも、特に北海道の松前大島、松前小島、厚岸小島、根室市南部のモユルリ島は訪れたいです。(モユルリ島へは観光客向けに時折船便がありますが、落石港は駅から遠く、減便した花咲線利用者を全く想定していません)
http://www.ochiishi-cruising.com/route.html
根室といえば、当然、最も訪れたいおは北方領土ですが・・・

宗像の離島も、恐らく便数は多くなく、1日掛かりだろうとは思いますが、訪れてみたいものです。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年04月03日(日) 10:37
レラティーさん
> 離島は、本当に気になる存在ですね。
> 特に、宗像諸島(?)には島々が沢山あり、世界遺産(?)の島など、訪れてみたい所ばかりです。

近年になって知名度が高まってきたせいか、ウォーキング目的で島を訪れる方が増えました。日帰りでも良し、泊りがけでじっくり散策も良し、散策手段にとんだ魅力的な島ですよ~


> 私は、北海道だと洞爺湖の中にある島、利尻島、礼文島は訪問しましたが、奥尻島は今年の目標にしたいです。(フェリーも航空便も少なく不便)
> 北海道以外では、江ノ島、淡路島、沖縄島だけは訪問しました。
> 無人島でも、特に北海道の松前大島、松前小島、厚岸小島、根室市南部のモユルリ島は訪れたいです。

あまり意識してきませんでしたが、北海道も結構離島に富んでいますね。本土側の渡船発着港が不便な場所にあると、自ずと行くのに時間がかかりますから、私には遠い遠い存在です。


> 根室といえば、当然、最も訪れたいおは北方領土ですが・・・

ロシア、中国に、韓国・・・日本の周囲には領土拡張欲の塊たる国家が複数もあるので、これからも危機感を持って生きなければなりませんね。色丹島なんか、整備すれば素晴らしい観光地になると思うんですけれど・・・
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月03日(日) 21:17
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):