今回お届けする旧龍頭山神社、すなわち現在の龍頭山公園は韓国南部、釜山広域市の旧市街地にあります。

龍頭山神社のなりたち

一般的に朝鮮における神社というのは、1910年の併合以降(特に1930年代以降)に建立されたものが専らです。しかし、龍頭山神社は日本統治以前から存在する由緒ある存在でした。ここからは同神社の歴史について、渡辺巳之次郎『老大国の山河 : 余と朝鮮及支那』(金尾文淵堂、1921年)を引用しつつご紹介します。

龍頭山は別名を弁天山といい、山頂には龍頭山神社が、南麓には龍尾山神社がありました。ただし、龍尾山神社はのちに龍頭山神社の隣に移転されています。

天照大神、大物主命、表筒男命、中筒男命、底筒男命、素戔嗚命、応神天皇、神功皇后の計8柱を本殿に、相殿には豊臣秀吉、菅原道真、宗義智を祀っていました。また、境内末社として稲荷神社(祭神は倉稲魂神、猿田彦神、大宮女神)が、境外末社として宮島神社(祭神は市杵島妃神)も建立されていました。

明治36(1903)年、宗重望撰の碑文が頂上に建立され、以下のように記されていました(引用にあたり、現代仮名遣い・新字体に改めたほか、括弧書きで適宜補足を入れて読みやすくした)。

 韓国釜山浦草梁は我日本居留地たり、山あり龍頭山という、延宝六年対馬の人始めて小祠を建て金刀比羅神を祀り、(明治)十五年修営を加え、二十七年居留地神社ご改称し、二十九年吾が先弘国公を合祀し、三十二年素戔嗚尊、神功皇后、豊国三社を合祀す云々(引用元に従い以下略)と。而して境外摂社なる龍尾山神社には、
武内宿禰、加藤清正、朝日奈三郎義秀
を合祀す。

とあり、江戸期初頭にはすでに存在していたことが説明されています。

釜山観光協会編『釜山案内』(釜山観光協会、1939年)によると、龍頭山神社は創建当初、金刀比羅神社と呼ばれていたのが、明治27(1894)年になって居留地神社に改称され、同32(1899)年に社殿を改修・拡張した際に龍頭山神社へと改称されています。国幣小社に属し、先述の宮島神社が一番最初に建立されたと述べられています。

旧龍頭山神社調査録


地下鉄南浦洞駅から路地を北に進むと、神社が建立されていた龍頭山の入口に至ります。長い石段はエスカレータになり、わざわざ汗を流す思いをせずに登山することができます。


エスカレータを2台ほど乗り継いで、龍頭山の上に到着しました。頂上には桜の木が植えられています。

龍頭山は大正5年から公園として整備されましたが、やがて山を覆う松が枯死してしまい、代わりに桜の木を植樹しました(『釜山観光案内』)。


龍頭山の頂上にはかつて、対朝鮮貿易のために設けられた日本人居留地「倭館」が存在しました。公園内には説明碑文があり、日本語の説明もちゃんとあります。ご安心ください、日帝強占云々といった反日丸出しの文言はありません。

江戸期における日朝貿易の主な担い手は、半島に近接する対馬藩宗氏でした。


石段を登ると、いよいよ釜山タワーが見えてきます。

この辺りの通路は神社時代のものに由来するのか、それとも完全に潰して一から作り直しているのか、どちらでしょうか。病的な反日イデオロギーに固執するあまり、旧朝鮮神宮にいたっては境内跡地をえぐり取って地形を改変していますし、後者の可能性が強いです。

DSCN0772.jpg
李舜臣像のある一帯に到着です。社殿跡(釜山タワー)よりも一段低い位置にあり、こちらには摂末社が建立されていたほか、右奥には南麓から移転された龍尾山神社がありました。

DSCN0773.jpg
▲李舜臣像と釜山タワー
李舜臣は豊臣秀吉の朝鮮出兵を迎えうった軍人として知られています。

中学校の某歴史教科書には「強大な軍事力で『秀吉』を蹴散らした」と言わんばかりに紹介されている人物ですが、まともに撃破したのは文禄の役の最初だけにすぎません。讒言によって死罪寸前に追い込まれたり、敗北を重ねた挙句の果てには、日本側の撤退時に戦闘を仕掛けて敗死したりと、散々な目に遭っています。

それでも抗日の英雄として、いろいろ歴史を誇張・改変・捏造してまでも賛美したいのは、朝鮮人・韓国政府のプライドというものなんでしょう。

DSCN0775.jpg
▲釜山タワーの真下から釜山港・影島(旧:牧島)方面を見下ろして

旧龍尾山神社

DSCN0774.jpg
▲旧龍尾山神社跡地
龍尾山神社は元々、龍尾山の麓に建立されていました。同山は大橋架橋時に削平され、その岩盤上には釜山府庁が新たに建設されました。やがて、龍尾山神社は移転し、龍頭山神社の隣に鎮座しました(釜山観光協会編1939)。

跡地は駐車場として整地されましたが、現在では一帯に朝鮮式土壁と涼亭が築かれ、憩いの場として活用されています。神社の遺構はありません。



旧龍頭山神社全体を調査し、境内がどのように改変されているか見てきました。神社遺構に関しては、全くといって良いほど現存しておらず、現在では40階段文化館にかろうじて手水鉢が1基、展示されているにすぎません(「龍頭山神社 釜山 韓国」『釜山でお昼を』)。

撮影日:2016年4月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんにちは

国内・国外と精力的に活動されてますね!

プサンには行ったことがないので、たいへん興味深く拝見しております。江戸時代、プサンに日本人居留地があったとは、全く知りませんでした。
復路のカメリアレポートも楽しみにしています。
オトーサン #JalddpaA [ 編集 ]    2016年04月11日(月) 08:56
オトーサンさん
オトーサン様、こんにちは。

> プサンには行ったことがないので、たいへん興味深く拝見しております。江戸時代、プサンに日本人居留地があったとは、全く知りませんでした。

以前から外地の歴史に関心があり、朝鮮に残存する近代史跡について調べることもありましたが、韓国側の反日捏造宣伝に加担する「日本人」があまりにも多いことに幻滅しました。そこで、史跡について私なりに論じたいと考え、釜山訪問を決意しました。今回は時間が少なく、もう少しゆっくり滞在して調査してみたいものです。


> 復路のカメリアレポートも楽しみにしています。

そう仰っていただけると執筆のし甲斐があります。韓国人のマナーに対して色々と言いたいことがあるので、どうぞご期待ください。
wra #- [ 編集 ]    2016年04月11日(月) 11:22
龍唐山神社ってそもそもどなたが建立されたのですか?
豊臣時代の朝鮮出兵の時に渡った清正公とかでしょうか?
そんな神社があったなんて初めて知りました!
*yoshimin* #- [ 編集 ]    2016年04月11日(月) 14:45
*yoshimin*さん
渡辺(1921)に掲載されている宗重望撰の石碑文によると、江戸初期の延宝6年、対馬の住民が倭館(龍頭山)に祠を建て、金刀比羅神を祀ったのが起源とされています。また『釜山案内』には、宮島神社を建立したのが最初という説明もあります。

実際に現地へ出向いてフィールドワークして、さらに古い文献を用いて調べたりしないと、分からないことも沢山あるんですよね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月11日(月) 15:12
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):