(目次)
はじめに
第1章―日本統治時代~戦後初期
第2章―20メートル級の世代へ
第3章―17メートル級「更新車」・32100系
第4章―優等客車の標準型・32850系/10000系
第5章―軽量化でより近代的に・10200系
第6章―総督府史料から紐解く「古典客車」の形態
第7章―まとめにかえて


32850系―ワイド窓がお洒落な特急型客車

1970年、優等列車向けにSP32850形客車が導入され、新たに「莒光号」種別が導入された。従来の「観光号」種別で使用されてきたSP32700系よりも、一層近代的な外観に身を包んだ同客車は、台鉄における優等客車の標準型として定着していく。

まず初めに、1970年にSP32850形客車が27両、日本車輛と日立製作所で製造された。営業運転への投入は同年2月3日に行われ、E100形電気機関車が牽引を担当した。

32850系の導入により、陳腐化していた32700系「観光号客車」に改造の手が及び、大規模な車体更新により32850系と同様の車体に生まれ変わっている。これら「観光号客車」の詳細に関しては、第2章を参照のこと。

導入当初は白地に青帯をまとっていたが、縦貫線の電化完了後は橙色をベースにした現行塗装となっている。車体の形状は32700系に類似する一方で、側面窓は大幅化されており、国鉄14系客車と旧型客車を足して二で割ったような姿をしている。また、種別・行先表示窓は国鉄20系に近い円形である。

登場時から一貫して手動扉のまま自動化されず、10000系・32700系(観光号改造車)と混結するかたちで莒光号に使用されている。鉄道ファンの間では「SP莒光号」と呼ばれることもある。


旅客車
sp32853.jpg
▲SP32853
  • SP32850:1970年、日本車輛・日立製作所で製造された。

  • SP32950:1970年、日本車輛・日立製作所で製造された。

  • SP32600:1975年、唐栄鉄工廠で製造された。

郵便・荷物車
pbk32856.jpg
▲PBK32856
  • PBK32850:この形式には、製造年代・種車によって様々な形態が存在する。PBK32851は1970年に日本車輛・日立製作所で製造され、85年に唐栄鉄工廠で車体更新を受けた。PBK32852~32855の4両は1970年、日本車輛・日立製作所で製造され、82年に台鉄台北工場で車体更新を受けた。PBK32856~32858の3両は、10000系と同様の車体構造を有し、1984年に唐栄鉄工廠でSP32450・SPK32450を更新する形で製造された。PBK32859・32860の2両は10200系と同様の車体構造を有し、1985年に唐栄鉄工廠でSS32300形2等寝台車を更新する形で製造された。PBK32861~32863の3両は1987年、唐栄鉄工廠でSP32300・SPK32300を更新する形で製造された。

  • PBK32950

  • BK32950:PBK32950形を改造した荷物車。BK32952が打狗鉄道故事館(旧高雄港駅)に保存されている。

  • PBK32600:1975年、唐栄鉄工廠で製造された電源荷物車。PBK32603が廃車となったほかは、1996年に唐栄鉄工廠で車体更新を受けた。

10000系―32850系の発展型

1979年、縦貫線の全線電化にともない、200両の冷房客車が唐栄鉄工廠で製造されることになった。莒光号向け客車には10000番台が、復興号向け客車には20000番台が割り振られ、その後老朽車の更新名目で製造された車両には、それぞれ1000番台、2000番台が与えられた。

番号だけでなく、形式称号にも変化が生じた。莒光号用の32850系では「二等車」を示すS(Second)が割り当てられていたが、10000系では莒光号用に「一等車」を示すF(First)が、復興号用にSがそれぞれ割り当てられた。以降、10200系でも同様の形式称号付与がなされている。

fp10000inside.jpg
▲FP10000形車内
外観は32850系と変わらないが、車体重量がやや上がっており、32850系では35トン級中心だったのが40トン級中心に変わっている。また、日本製が大半を占めた32850系と異なり、すべて台湾製(唐栄鉄工廠)となった。


莒光号客車
《10000番台(基本番台)》
fp10000.jpg
▲FP10010
  • FP10000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された。現在は緩急車設備を有する。

  • FPK10000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車。FPK10002・10003・10006の3両は、高雄工場で簡易車掌室設置の改造を受けている。

  • FPK11000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された。車掌室を有する。

《1000番台》
fp1000.jpg
▲FP1009
  • FP1000:1982年と90年に、唐栄鉄工廠で製造された。SP32450・SPK32450を更新する形で製造され、現在はFP1016・1017を除いて緩急車設備を有する。32850系の食堂車DC32850のうち2両が改造を受け、FP1016・1017に改番・編入された。このように、食堂車から座席車に改造された客車は、別名「餐改車」と呼ばれることもある。

fp1016.jpg
▲FP1016
  • FPK1000:1982~83年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車。SP32300・MBK32300の一部を更新する形で製造された。

  • FPK1100:1983年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車で、車掌室を有する。SP32300・MBK32300の一部を更新する形で製造された。

《10100番台》
fp10100.jpg
▲FP10106
  • FP10100:1983年、唐栄鉄工廠製で製造され,現在は緩急車設備を有する。大半は10200系10600番台に改造された。

  • FPK10100:1983年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車。大半は10200系10600番台に改造された。

  • FPK11100:1983年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車で、車掌室を有する。10600番台への改造対象になっているようだ。

復興号客車
《20000番台》
spk20014.jpg
▲SP20014
  • SP20000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された。FP10000形に相当する。

sp20000inside.jpg
▲SP20000形車内
  • SPK20000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車。FPK10000形に相当する

  • SPK21000:1980年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車で、車掌室を有する。FPK11000形に相当する。

  • 《2000番台》
  • SPK2000:1982年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車。FPK1000形に相当する。SP32200・SP32300・SPK32300・SP32450・SPK32450を更新する形で製造された。大部分は10200系10600番台に改造されている。

  • SPK2100:1981年、唐栄鉄工廠で製造された緩急車で、車掌室を有する。FPK1100形に相当する。MBK32300を改造する形で製造され、10200系10600系への改造対象になっている。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1970年は
日本車輌と日立が無ければ成り立たない状況の様な…。


技術提供なんかもあったんでしょうかね。明治時代に外国から機関車を輸入し、気がつけば他国に提供できるまでになってる、と言った感じでしょうか。


wraさんの書かれる記事には、時々知らない単語が出てくるので、調べてから読み直す事もあり、勉強になります。優等列車、覚えました。他の読者様から「そこから?!」と言われそうですけど(笑)。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年04月13日(水) 21:27
焼きそばさん
知らない方でもわかりやすい記事を書くよう心掛けていますが、まだまだ修行不足のようです。専門用語ばかり羅列してしまい、申し訳ありません。

台湾の方は日本製品の良さを本当に分かっていらっしゃいます。中国人が徹底的に反日を強いていた一時期を除いて、日本製の車両が多数導入されており、日台両国のレイルファン・旅人に親しまれているんですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 22:49
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):