今回お届けする筑後大石駅は福岡県南東部、うきは市の東端にあります。筑後川中~下流部に展開する筑紫平野が尽き、福岡県と大分県日田地方を隔てる渓谷が目の前に迫る、平野と山間部の境界に同駅はあります。

交換設備を撤去された寂しい無人駅ですが、駅前には筑後大石駅に活気のあったころを伝える、古い建築物や構造物を目にすることができます。また、駅付近の田地には菜の花が植えられ、春になると野を覆う黄色い絨毯が見られます。


▲筑後大石駅 駅舎
待合室とトイレ併設のシンプルな駅舎に建て替えられています。周囲の景観に考慮してか、和風のデザインが取り入れられています。


筑後大石駅発の乗車券は、駅前商店で販売されています。


▲駅前広場にある庭園・藤棚


駅前には、短い駅前通りがまっすぐに伸びています。この通りは県道732号線・筑後大石停車場線に指定されています。


駅前商店だけでなく、古い木造倉庫も現存します。地域の物資集積地として駅が重要視され、駅前に多くの人々・物資が集まっていた頃の面影が、随所に見られます。


▲ひっくり返った防火用水
駅前通りの隅に、四角い構造物が裏返っているのに気が付き、近づいてみるとそれは防火用水でした。「防火用水」の文字が、右から左へ刻まれているところから察するに、これは戦前に造られたものかもしれません。


▲筑後大石駅待合室 内部
駅舎は近年建て替えられたもので、無人駅として使用することが前提とされているため、窓口は存在しません。待合室には、動線を挟んで左右に長椅子が置かれています。

近隣住民による清掃・整備が行き届いており、植物や生け花が置かれています。なんて幸せに包まれた待合室なんでしょう。どんなに小さくて寂しい無人駅でも、綺麗に整備されていれば、そこに温もりを感じることができます。

近隣には温泉・直売所・風光明媚な田園風景など、見どころが沢山あります。徒歩散策の拠点として、同駅を利用する価値は十分にあるのではないでしょうか。


▲筑後大石駅構内(久留米方面を眺めて)


▲筑後大石駅構内(大分方面を眺めて)
交換設備は撤去されていますが、旧発着ホームの場所には保線用の線路が1本残されています。保線用の線路は、久留米方面の線路とだけ繋がっており、その終端部(日田側)には保線車両用の車庫があります。

春になるとホームから見える、菜の花畑の黄色い絨毯は圧巻です。

撮影日:2016年4月10日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
良い駅ですね
無人駅になっても、地域の皆さんに支えられてる待合室とか、いいですね。都内の無人駅は、こうはいかないもんなあ。


周りの風景に合わせた雰囲気も、よく考えられてますよね。とりあえず建て直しました、ってな安直さが無くて。


菜の花が咲く頃は気温もいいし、見てみたいものです。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 09:40
地震
先程、大きい地震がありましたが
大丈夫でしょうか。
余震も続いている様子なので
注意してください。
鉄蔵 #- [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 22:29
焼きそばさん
地域住民の助け合い精神が浸透している、田舎だからこその無人駅興しだと思います。数少ない来客に駅の温もりを知ってもらえれば、またリピーターとして来てくれるかもしれませんしね。

ここの菜の花はとても美しいですよ。菜の花を背景に「ななつ星」を撮影された方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 23:04
鉄蔵さん
鉄蔵様、メッセージありがとうございます。
宗像は特に被害等はありません。最寄りの鹿児島線はしばらく止まっていましたが、少し前に運転再開しています。

最初の揺れは10秒ほどと長く、しかも震度5と久しぶりの強い揺れを感じました。ここまで強い揺れは、10年前の福岡県西方沖地震の時以来です。ここ数年経験しなかった揺れに驚き、もしや近所の西山断層がいったんじゃないかと、初めのうちは思いました。

最初の揺れから2時間経過しましたが、2度ほど余震の揺れを感じています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 23:13
北海道のローカル線なら、よくありますが、交換設備を撤去された駅、九州にもあるんですね。
久大本線は、新駅(久留米大学前、久留米高校前)の利用者が多く感じられ、それなりに賑わっていると感じていましたが・・・
とはいえ、うきは市の合併前3町の中心部じゃない(?)のだから、止むを得ないかもしれませんね。

駅前の雰囲気、作られたものではなく、自然と古いものが残っている様子ですね?
倉敷美観地区や、加古川市のニッケ社宅群を想起します。


先程から、九州で震度7のニュースで驚いています。
東日本大震災並みの震度に、ただただ驚いております。
ご無事を祈っております。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年04月14日(木) 23:19
レラティーさん
> 北海道のローカル線なら、よくありますが、交換設備を撤去された駅、九州にもあるんですね。

九州にも結構あるんですよ、そういう駅。とくに非電化ローカル線には顕著に見られます。日田彦山線呼野駅のように、昔は大きなスイッチバック駅だったのが、今では殺風景な棒線駅になっているのを目にすると、ローカル線の厳しい状況を感じ取ることができます。


> 駅前の雰囲気、作られたものではなく、自然と古いものが残っている様子ですね?
> 倉敷美観地区や、加古川市のニッケ社宅群を想起します。

過度に観光地化されていない所だと、筑後大石のような風景がまだ残っています。戦前から町割りが変わらないんでしょうね。


> 先程から、九州で震度7のニュースで驚いています。
> 東日本大震災並みの震度に、ただただ驚いております。
> ご無事を祈っております。

ありがとうございます。昨日ブログの執筆作業をしていると、ここ数年経験したことのない大きな揺れに襲われました。福岡は震度5でしたが、物が落ちたりといった被害はありません。度々おこる余震にふと、2005年の西方沖地震を思い出し、夜は少し不安でした。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月15日(金) 13:46
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):