(目次)
カメリアライン「ニューかめりあ」乗船記録(釜山~博多、1)
カメリアライン「ニューかめりあ」乗船記録(釜山~博多、2)


カメリアラインが運営する国際フェリー「ニューかめりあ」は、博多港と韓国釜山港を結んでいます。博多発釜山行の便は、朝発夕方着(昼行便)、逆に釜山発博多行きの便は、夜発翌朝着(夜行便)という、野母商船「太古」に類似した運行形態をとっています。

今回は、格安でJR九州高速船ビートル・「ニューかめりあ」双方に乗船できる「Bかめチケット」という制度を活用して、「ニューかめりあ」に乗船してみました。釜山から博多へと向かう、夜行便の様子をご覧ください。

(1)では主に、船内諸設備についてお届けします。


▲「ニューかめりあ」(右奥)は釜山港国際旅客ターミナルのなかでも、最も奥に停泊している。
左は釜関フェリー「ソンヒ」


エントランス付近


▲案内所
見た限りだと、船内クルーは全員韓国人のようです。夜の受付嬢はチマチョゴリを着用しています。


▲エントランスロビー
あいにく、「韓国人学生の団体(以後、「件の団体客」)」に出くわしてしまいました。同室ではなかったものの、本当にうるさくてマナーの悪い連中でした。また改めて述べます。


▲売店
「件の団体客」は船内をフリーダムに駆け回り、おかげで写真を撮ろうにも一苦労です。なして、あんなに落ち着きがないのでしょうか。

売店では、日本の製品を多数取り揃えており、支払いは日本円で行います。自販機・売店での支払いも日本円です。


▲下船時間の案内板
博多港には5時頃に到着しますが、この時点では入国・税関関係の施設がまだ稼働していないため、下船は到着から約2時間後の7時半に設定されています。釜山港では18時に下船が行われます。


▲セーフティボックス


▲喫煙室
煙草の自販機は喫煙室内に設置されています。


▲ロッカー・飲料品自販機


▲ゲームコーナー
船内には他にも、大浴場、カラオケボックス、多目的室(要予約)など、様々な設備が置かれています。人それぞれで異なった過ごし方ができるので、船内での数時間をきっと、飽きることなく過ごすことができますよ。

サロン「Polaris」

エントランスのある3階から階段を上がり、4階の前頭部に移動すると展望サロンがあります。入口の扉が避難用扉のようになっているので、見つけづらいかもしれません。


▲サロン入口付近
入口に置かれた家具と桜の絵が、何ともいえぬ落ち着きを醸し出しています。個人的にはサロン内部よりも、この小さなスペースの方が好きかも。


▲展望サロン入口


▲「ニューかめりあ」ポスター


▲展望サロン「Polaris」室内
内部には日韓双方の雑誌が置かれ、読書しながら船内でのひと時を過ごすことができます。

上層階吹き抜け

5階の吹き抜けには、小さなロビーがあります。


▲5階吹き抜けにあるイス・テーブル


▲マッサージ器

「ニューかめりあ」は2004年就航と、比較的新しい船にあたります。船内はそれほど広くはなく、瀬戸内海航路(阪九・名門大洋)よりも一回り狭い印象を受けました。

レストラン「Venus」


▲レストラン・売店営業時間表
レストランは釜山発の場合、20時~23時、6時15分~7時半まで営業しています。


食券を購入して注文するようになっています。カレー・豚カツ定食といった定番メニューのほか、うどん、ラーメン、さらにビビンバ、カルビ焼肉定食のような朝鮮料理も多数揃えています。


▲レストラン券売機
朝食・昼食時間帯にはバイキングもあります。


▲レストラン内部


▲食器返却口付近

トイレ・洗面所


▲洗面所


▲小便器

甲板


▲甲板から朝の博多港を眺めて
あいにく「件の団体客」がいたせいか、甲板はグチャグチャに汚れています。甲板に平気で煙草を捨てるし、痰は吐くし、ごみを湾に投げ入れるし、とにかくマナーの悪い朝鮮人が目に付きました。具体的には(2)の乗船記で述べます。


▲喫煙所
「日本側が運営する(一応、日韓合弁会社ですが)船だから何をやってもいい」と思っているのかどうかは分かりませんが、公共の場でしかも、複数の国籍の人間が利用する船である以上、ルールは一層厳守せねばなりません。

喫煙スペースが用意されているわけですから、そこで一服するのが理にかなっているというものです。

撮影日:2016年4月5~6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
4月にいらしたとは、春休み期間でしょうか?

野母商船「太古」とは、どういう航路ですか?

博多着は、門司税関(?)が開いていないから、2時間も船内に待たされるのは、ただでさえフェリーはジェットフォイルより遅いであろうに、勿体無いですね・・・
(そもそも「Bかめチケット」、一般論でいうと、往復ともビートルを使わないと損ですよね?)

マッサージ器、食券などの買い物は、円で行うのでしょうか?
関税は掛からないのでしょうか?


(福岡、海岸部より内陸部のほうが揺れやすいとは意外です。)
https://twitter.com/mihikarimiko/status/725164637474295808
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 18:43
レラティーさん
> 4月にいらしたとは、春休み期間でしょうか?

そう思っていただいて結構です。


> 野母商船「太古」とは、どういう航路ですか?

博多~宇久~小値賀~中通島~奈留~福江を結ぶ航路です。奈留は往路しか寄港しませんので、父の知り合いを訪ねて奈留に立ち寄った時はいつも、行きは野母商船利用、帰りは九州商船で長崎を経由して福岡に戻っていました。


> 博多着は、門司税関(?)が開いていないから、2時間も船内に待たされるのは、ただでさえフェリーはジェットフォイルより遅いであろうに、勿体無いですね・・・
> (そもそも「Bかめチケット」、一般論でいうと、往復ともビートルを使わないと損ですよね?)

往路はビートル、復路は「ニューかめりあ」乗船が利用条件になっています。どちらも利用したい私には好条件の格安チケットでした。


> マッサージ器、食券などの買い物は、円で行うのでしょうか?
> 関税は掛からないのでしょうか?

基本的に円利用でした。売店は免税価格ですよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 22:33
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):