(目次)
カメリアライン「ニューかめりあ」乗船記録(釜山~博多、1)
カメリアライン「ニューかめりあ」乗船記録(釜山~博多、2)


前項では「ニューかめりあ」船内の様子について見てきました。ここからは、釜山から博多までの乗船記を、時系列に沿ってお届けします。

今回の物語は釜山港国際旅客ターミナルから始まります・・・

港に着いてから、乗船するまでが長いんだな


釜山港では、乗船手続きは18時30分が締め切りとなっています。締め切り15分前の18時15分、無事に乗船手続きを済ませて出国手続きを待つだけになりました。嫌韓だからという理由で、何も買わずに帰国するのはどうかと思いましたので、土産物店で2点ほど食品を購入して帰ります。


出国審査場は19時に開きました。審査場入口にはすでに大勢の韓国人が列をなし、彼らの大声がターミナルの広い天井に響き渡っています。どうやら韓国人学生の団体が100人ほど乗船するようで、乗船客の8割方が20代の韓国人です。彼らはあまりにも騒がしく、初っ端から不安な気持ちに包まれます。乗船前からあんなノリだというのに、船内ではどんなに騒がしくなることでしょうか。

審査場入口を抜けると、すぐに荷物検査・出国審査が待っています。日本側の荷物検査が緩やかな分、こちらでは厳しいチェックが行われます。出国の判を押してもらえば、あとは乗船口目指して進むだけです。

審査場を抜けると、免税店と待合室があります。乗船口にも待合室はあるので、こちらは非常に閑散としていました。コーヒースタンドもあるので、船内でコーヒーブレイクしたい方はこの空間で購入しましょう。


免税店エリアから続いて、乗船口に続く細長い通路に入ります。通路の先には、パンスターフェリー・関釜フェリー・釜関フェリー・カメリアラインの乗船口があります。

今回乗船するカメリアライン「ニューかめりあ」の乗船口は、通路の一番奥にあります。そのため、歩く距離は他のフェリー会社よりも自ずと長くなります。また、通路には動く歩道もあり、足の弱い方や歩くのに地震のない方は、そちらを利用するとよいです。


▲「ニューかめりあ」が見えてきた!


通路をとにかく歩くこと5分、ようやく「ニューかめりあ」乗船口に到着しました。乗船口には小ぢんまりとした待合室があります。小さな空間に、韓国人学生の団体(以後、「件の団体客」)の絶叫がこだましています。

長い長い釜山港の夜

乗船はすぐに始まりました。船員にチケットを渡してバーコードを読み取ってもらい、タラップを進んで船に上がります。クルーは全員韓国人のようですが、国内航路と変わらず丁寧な応対ぶりです。案内所の女性クルーはチマチョゴリを着ていました。
乗船後、出港まで2時間ほどあるので、まずは2等船室に荷物を置いて入浴といきます。韓国人団体が100人以上もいるので、エントランスも船室も韓国人の若者だらけです。

幸いなことに、団体客と一般客は分けられているようで、私に割り当てられた部屋は皆一般客でした。しかも男性客は私一人で、他は皆女性です。「あれ、部屋を間違えたかな」と思い、切符と部屋番号を見直しましたが、どこにも見間違いはありません。気まずい顔でいると、隣のアジュマが「気にせんでよかよ」と言わんばかりに接してくれたので、一安心しました。同室は大半が日本人でしたが、乗船客全体だと過半数が韓国人でした。

あれだけ病的な反日政策をやっていれば、韓国に行きたい日本人は当然少なくなります。反日・歴史捏造・文化財掠奪・竹島の不法占拠を平然と行う以上、行きたくないという日本人が増え続けても、それは当然の流れだと思います。よって、ビートル・「ニューかめりあ」の日本人利用者は減るのです。

話を乗船記に戻します。2等船室に大きな荷物を置いた筆者は、続いて展望浴場に移動しました。すでに数人ほど入浴しているようで、奥の方から話し声が聞こえてきます。浴場にいたのは韓国人ばかりでした。

DSCN0841.jpg
入浴を済ませ、レストランで夕食といきます。「ニューかめりあ」のレストランでは、和食・洋食・朝鮮料理と、種類豊富なメニューを取り揃えています。今回は釜山で食べることのなかったビビンバ(600円)をいただきます。

DSCN0844.jpg
ビビンバは定食のようになっており、味噌汁のほか、コチュジャン、付け合わせのカクテキ・いりこ・ニンニクの芽が付いています。豊富な付け合わせは、まさに本場そのものです。

DSCN0853.jpg
夕食で腹も膨れたことだし、甲板に出て出港の瞬間を見届けます。甲板は通常の長距離フェリーと同じく、広々として海上散歩を楽しめます。喫煙スペースもあり、本来ならばそこで喫煙せねばならないのですが、とてつもない光景を甲板上で目にしてしまいました。


甲板上の喫煙スペースからやや離れた位置に来ると、足元におびただしい量の吸い殻が落ちているではありませんか。よく利用する瀬戸内海航路では、こんな光景を目にするなんてあり得ません。韓国人利用者の仕業と見ました。


▲甲板上にある「誓いの鐘」と、KORAIL釜山駅

DSC07420.jpg
▲カメリアラインのコンテナ

DSCN0871.jpg
甲板でも、「件の団体客」がウロウロしています。釜山港に積み上げられたコンテナを眺めていると、またしても信じられない光景を目にしてしまいました。団体客の一員で、20代の女数人が何のためらいもなく、ごみ袋を海上に投下しています。

投げ捨てられたごみは対馬海峡を漂流して、やがて宗像の海岸に流れ着きます。それを処理するのは我々宗像の人間です。近くにゴミ箱がないからと身勝手な行動をとれば、結果として多くの人間に負担を強いることになります。

目先の利益にとらわれ、嘘ばかり並べて、幸せになれるなんて到底思えません。残念ながら、韓国政府や朝鮮人の大半には、それが分からないのでしょう。

出港―釜山港大橋の下を通って

時折船内散策を交えながら出港を待っていると、釜関フェリー「ソンヒ」が一足先に出港していきました。湾内で方向転換して、ゆっくりと夜の釜山を去っていきます。

とにかく待ち続けること1時間、ようやく「ニューかめりあ」に出港の番が回ってきました。22時30分、これから博多まで実質7時間の旅が始まります。「件の団体客」も20人ほど甲板に集い、一緒に出港の瞬間を見届けます。

DSCN0867.jpg
広安釜山港大橋
海雲台方面にある広安大橋と混同していました。訂正するとともにお詫びします。

DSCN0870.jpg
▲遠ざかる釜山の町並み


釜山港上に架かる「釜山港大橋」通過シーンは、瀬戸内海航路の明石大橋通過シーンと同様に圧巻です。大橋を抜けると、徐々に建物の明かりは少なくなり、対馬海峡の暗闇へと突き進んでいきます。釜山市街地が遠ざかったところで、船内に戻って就寝することに。

2等船室にはマットレス・枕・布団が用意されており、これは長距離航路の二等船室によくあるスタイルといえます。しかし、マットレスが阪九や名門大洋よりもやや厚めで、居住性に優れています。

やがて消灯し、室内は一気に静かになりました。同室者は皆すやすやと寝息を立て、おかげで私も安眠できそうです。ところが、「奴ら」の暴走は続きました。

突然、「件の団体客」の絶叫が壁を突き抜けて聞こえ、目が覚めました。時計を見ると、すでに深夜の1時半。船内はすでに就寝モードに突入している状況ですが、連中はお構いなく絶叫を続けるのでした。

夜明けの博多港で待ちぼうけ

DSCN0875.jpg
朝5時頃、2等船室の室内灯が付きました。「もう少し寝かせてくれよ」と思いつつ、窓の外を眺めると、すでに船は博多港に到着していました。到着しても、まだ入国審査場・税関が稼働していないため、7時半まで船内待機です。下船開始までの約2時間、甲板で朝の博多港を眺めたり、レストランで朝食をいただいたりできますよ。

DSCN0876.jpg
▲「ニューかめりあ」の甲板と、朝焼けの博多港

DSCN0878.jpg
▲朝の博多に映える「ニューかめりあ」ファンネル
「ニューかめりあ」はツインファンネルのため、船内からロゴ付きの部分を見ることができません。

DSCN0879.jpg
▲博多港は早朝から慌ただしく

DSCN0881.jpg
レストランは6時15分から開きます。「件の団体客」が少なくなったのを見計らい、6時45分頃、レストランに入りました。朝食はバイキング方式で、白米・味噌汁・パンのほか、ソーセージ・ベーコン・スクランブルエッグなど、定番の朝食メニューが揃っています。キムチと韓国海苔も付いているところが、いかにも日韓航路らしいですね。

コーヒーとジュースも飲み放題とのことで、早速ジュースサーバーに行ってみると、やはり「件の団体客」の一部(女3人)が、周囲でたむろしています。飲み物を注ぐのに時間をかけるし、席に戻らずサーバーの近くに固まって飲むし、他の利用者を全く考えていません。

レストランにいると、日本人と韓国人の見分けが容易につきます。例えば、お箸の置き方にしてもそう、茶碗を持つか否かにしてもそう。食文化の違いが見えて、非常に面白いです。

DSCN0882.jpg
▲朝の博多ポートタワー


▲サロン「Polaris」から博多湾を眺めて

下船開始~帰国へ

DSCN0885.jpg
食事を終え、荷造りをしてエントランスに出ると、すでに下船を待つ乗客であふれかえっています。私は乗船客の8割方が下船してから、船を降りることにしました。


下船開始から5分が過ぎた7時37分頃、「ニューかめりあ」に別れを告げて入国審査場に入ります。外国人用のレーンが「件の団体客」でごった返しているのに比べ、日本人用レーンは回転が速く、大量の韓国人を横目にスイスイと進むことができて痛快です。

税関では滞在日数と渡航目的を聞かれただけで、下船から10分もしないうちに到着ロビーに出てきました。「件の団体客」は列に並んだっきり、まだ出てきません。

DSCN0886.jpg
▲「ニューかめりあ」ファンネル(ロゴ付き)
今回、私は初めて韓国に渡航しましたが、その一番の目的は「ニューかめりあ」乗船でした。国際航路とはいえ、船内設備や過ごし方は、よく利用する瀬戸内海航路と変わりありませんでした。

運悪く、質の悪い韓国人団体客に遭遇してしまい、やや不快な思いをする旅路となりましたが、とくに利用客の多い連休期間ではない限り、通常は過ごしやすいものと思われます。次回はぜひ、博多発の昼行便の取材も行いたいと考えています。

長らくのご乗船お疲れさまでした。

撮影日:2016年4月5~6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
「廃棄物の海洋投棄の禁止」、日本語だけしか注意書きが無いのは、まず真っ先に改善してほしいものです。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 18:48
いつも 訪問ありがとうございます

確かに ゴミを投げたりしたら いけませんよね

でも 写真の下に 写ってない部分の方が 問題だと 思ったり

フェリーに乗った時に 気になったんですよね

北海道のくま #- [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 19:05
レラティーさん
> 「廃棄物の海洋投棄の禁止」、日本語だけしか注意書きが無いのは、まず真っ先に改善してほしいものです。

私もそれは思いました。しかしハングルで書いたとしても、果たして彼らは理解できるでしょうか。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 22:34
北海道のくま さん
「船舶からの廃棄物排出基準」の項目でしょうか?
食物くず・貨物残さ・動物の死骸を一定の基準を満たした場合のみ、船外排出できるようになっていますね。着岸時における船内整備の効率を上げるためでしょうけれども、海洋汚染が進まないよう、引き続き気を付けてもらいたいものです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月27日(水) 22:42
なんだか
ハラハラしながら読みました。多分、wraさんの記事としては初めてかも。

学生の団体がやかましいのは国を問わずな気がしますが、それにしても、ねえ?

煙草の吸い殻、ゴミのぽい捨て、学生以上に大人が情けない…良い客と一緒なら良い旅にもなるでしょうが、幻滅しますね。とにかく、お疲れ様でした、としか言葉が見つからず…。

根本的な教育のせい、なんでしょうかねえ…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年04月28日(木) 01:23
焼きそばさん
> ハラハラしながら読みました。多分、wraさんの記事としては初めてかも。

昨年から趣向を変えて、やや毒舌気味の文章を増やしてきましたが、今回がブログ歴6年の中で一番毒舌な記事かもしれません(笑)


> 学生の団体がやかましいのは国を問わずな気がしますが、それにしても、ねえ?

本当にひどかったですよ。大人の引率者がいたかは分かりませんが、もしいたのであれば厳しく指導してもらいたかったです。一応「礼儀の国」を名乗っているんですから。

煙草以上に痰吐きはやめて欲しかったです。甲板が汚れて歩きたくなるばかりではなく、清掃員も一苦労しそうですよね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年04月28日(木) 16:21
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):