博多港に発着する数少ない夜行フェリーで、かつ韓国・釜山とを結ぶ国際フェリーでもある「ニューかめりあ」を下船したところから、今回の話は始まります。

朝の博多港に降り立ち、無事に入国審査を済ませて外に出てきました。これから博多駅を目指す前に、港で10分船撮りをして過ごすことに。

DSCN0889.jpg
まずは釜山から乗船してきたカメリアライン「ニューかめりあ」の巨体を一枚。近年、博多港には巨大なクルーズ船が頻繁に出入りしていますが、定期船だと「ニューかめりあ」が最大級になります。

博多港を発着する定期船で「ニューかめりあ」と同規模のフェリーといえば、他にも野母商船「太古」(博多~福江)があります。あちらの運行スタイルも前者と似通っており、夜に博多を出発して翌朝福江に到着、昼に福江を出て夕方博多に到着するという、いわゆる「往路昼行、復路夜行」スタイルで運行されています。

「太古」の場合、博多港に顔を出すのは夕方から夜にかけてなので、明るい時間帯で撮影できる機会は限られています。逆に「ニューかめりあ」は昼に博多港を出ますから、こちらを撮影しようと思った場合、午前中が撮影のチャンスです。

DSCN0888.jpg
撮影当日、ちょうど桜のピークが過ぎた頃でした。桜の花はまだ大半が残っていましたが、所々で葉桜になりつつあり、清少納言がこれを見たらきっと、日記に「気味わろし」と書きつけるかもしれませんね。

DSCN0890.jpg
轟音をかきたてながら、九州郵船「ヴィーナス」が出航していきます。


▲九州郵船「ヴィーナス」とカメリアライン「ニューかめりあ」
おや、遠くからまた別の船が近づいてきますよ。「ヴィーナス」よりも一回り小さな双胴船といえば・・・


「ヴィーナス」と入れ替わるように、志賀島発の福岡市営「きんいん1」が近づいてきました。


▲福岡市営「きんいん1」とカメリアライン「ニューかめりあ」


小さな船、中くらいの船、大型の船、かたち大きさの異なる船が一度に見られる・・・それが博多港の面白い所です。

博多港には護岸をなぞるように散策路がありますから、撮影スポットは探せば沢山見つかります。楽しく散策しながら、貴方にとっての「ベストスポット」を探してみてください。

撮影日:2016年4月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
交通局が船も運営しているとは!驚きました。


全国でも少数派では?


志賀島のほか、能古島にもあるのでしょうか?
(「のこ渡船場」というバスを見たことがありますので、そこから乗るのでしょうね? 能古島というと、以前の地震のことを思いだします。 今上天皇も訪問されたような記憶があります。)
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年05月08日(日) 23:26
レラティーさん
> 志賀島のほか、能古島にもあるのでしょうか?

能古島に行く船はベイサイドからではなく、姪浜の漁港から出ています。姪浜の乗り場からは能古島のほか、小呂島行きの船も出ています。駅からかなり離れた場所にあり、バスでないとやや不便なのが難点です。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年05月09日(月) 22:11
撮影スポット
俺は、自分の地元をきちんとお勧め出来るだろうか?マニアな人の方が詳しい、なんてのも多々ありますんで(笑)。


軽量級から重量級まで同じとこに集まる、大相撲のようですね。飽きないんでしょうね、それだけ集まると。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年05月10日(火) 09:48
焼きそばさん
地元を遠方の人間に紹介しようとなると、沢山の知識が求められるので、私でもなかなか難しい所があります。地元グルメについてまとめてみたら面白そうですね。

私はちょうど、地元の中華や激辛グルメを食べ進めているところです(笑)


博多港も中々の船密度ですが、地元で一番の撮影地はなんといっても北九州市の新門司港ですよ。あちらには大型フェリーがわんさか、さらに貨物船も沢山停泊しているので面白いです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年05月11日(水) 22:59
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):