今回お送りする「博多港国際ターミナル」は博多区北部、博多港の一角にあります。


「ベイサイドプレイス博多」一帯が五島・壱岐・対馬方面に向かう旅客船、または市営渡船の発着拠点になっているのに対し、国際ターミナルは文字通り、朝鮮半島方面に向かう国際航路の発着拠点です。税関・イミグレーション等の諸設備が備わっているだけに、大きなターミナルビルを有しています。

DSCN0728.jpg
▲ターミナルビル1階、チケットカウンター
玄関から入って正面には、会社ごとにチケットカウンターが並んでいます。ビル南側には両替所、北側には韓国料理店が入っています。施設利用券はビルに入ってすぐの場所にある券売機で購入できます。

DSCN0729.jpg
▲未来高速コビーのチケットカウンター
未来高速は長年、JR九州と業務提携を結んでいましたが、2016年3月をもって提携は解消されました。それ以降、コビーの動向に関する情報がほとんど入ってきません。

上の写真が示す通り、未来高速のチケットカウンターは全て閉じています。一応運航はしているようですが、日本語向けの予約サイトは見当たらず、専ら韓国人向けに運航している状況です。
『未来高速コビー運航スケジュール(韓国語)』

DSCN0730.jpg
▲(右から)カメリアライン、JR九州高速船のチケットカウンター

エントランスから2階に上がると、出国審査場が開くまでの間、待ち時間を過ごすためのベンチが置かれています。2階の南寄りには出発ゲートがあり、そこから直進すると出国審査場に至ります。施設利用券を販売する券売機は1階だけでなく、2階出発ゲート横にも置かれています。

DSCN0732.jpg
▲免税店・待合室(2階)
出国審査場を抜けると、小規模ながらも免税店が設置されています。飲料自販機もこのエリアに置かれています。ビートル利用者はここから階段を下りて、1階の広い待合室に移動して出発まで待つことになります。

一方、カメリアライン乗船口は2階免税店横にあります。免税店横にも小さな待合室が置かれていますが、こちらは主にカメリアライン利用者のために置かれたものでしょう。

DSCN0733.jpg
▲JR九州高速船ビートル利用者は1階へ

DSCN0734.jpg
▲カメリアライン利用者は2階からそのまま乗船口へ

DSCN0737.jpg
ビートル利用者が出国審査を済ませ、乗船時間までの一時を過ごす場所が、1階の広い待合室です。案内板によると、乗船開始は出発時刻の15~20分前を目安としています。

DSCN0738.jpg
1階待合室にはベンチシートだけでなく、丸テーブルも置かれています。飲食しながら船を待つにはぴったりの設備ですね。

DSCN0739.jpg
1階待合室にはキッズルームも備わっています。これなら待ち時間が長くても、子供の気を紛らわせることができます。

今回は国際ターミナルのうち、出国審査を受けないと入れない「制限区域」を中心に見てきました。今回はお届けできませんでしたが、2階にはレストランや展望デッキもあります。

利用者でなくても気軽に散策できる場所なので、船を見にいらしては如何でしょうか?

撮影日:2016年4月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
未来高速とJR九州、この2者が使っているターミナルのようですね?

市営渡船は、別にターミナルビルがあるのでしょうか?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年05月11日(水) 22:21
レラティーさん
市営渡船を含む国内航路は、湾を隔てて向かい側のベイサイドプレイスに乗り場があります。両者は距離にして約500メートルほど離れています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年05月11日(水) 23:01
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):