(目次)
一番山笠「東流」(舁き山)
二番山笠「中洲流」(舁き山)
二番山笠「中洲流」(飾り山)
三番山笠「西流」(舁き山)
四番山笠「千代流」(舁き山)
四番山笠「千代流」(飾り山)
五番山笠「恵比寿流」(舁き山)
六番山笠「土居流」(舁き山)
七番山笠「大黒流」(舁き山)
八番山笠「上川端通」(走る飾り山)
九番山笠「博多駅商店連合会」
十番山笠「キャナルシティ博多」
十一番山笠「川端中央街」
十二番山笠「ソラリア」
十三番山笠「新天町」
十四番山笠「博多リバレイン」
十五番山笠「天神一丁目」
十六番山笠「渡辺通一丁目」
十七番山笠「福岡ドーム」
番外「櫛田神社」

*括弧なしは飾り山のみ



今回は博多祇園山笠の十五番山笠こと、「天神一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「大坂冬の陣」、見送り標題は「大坂夏の陣」。

同飾り山は毎年、天神一丁目にあるエルガーラ・パサージュ広場に展示されています。「ほぼ屋内」に展示されていますが、こちらには山小屋が別途建てられています。

DSCN1154.jpg
天神一丁目の飾り山を語るうえで、なくてはならないのが「顔出しパネル」。これを抜きにして、天神一丁目の飾り山を語るわけにはいきません。

こちらには大人用、子供用、それぞれ1つずつ、長法被姿のパネルが置かれています。顔出しパネルがある飾り山は、天神一丁目だけです。パネルを駆使して記念撮影を楽しんではいかがでしょうか。

表標題「大坂冬の陣」

表標題・見送り標題ともに、大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になった、真田幸村の武勲が題材になっています。まずは表標題「大阪冬の陣」から見ていきましょう。

DSCN1152.jpg
関ケ原の戦いに勝利した徳川家康は江戸幕府を開き、徐々に勢力を拡大していきました。それまで天下を収めていた豊臣家はついに、二度にわたる「大坂の陣」で徳川勢と対決することになります。

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で一躍有名になった「真田丸の戦い」は、ちょうどこの時に行われています。

見送り標題「大坂夏の陣」

DSCN1153.jpg
見送り標題では、豊臣家が滅亡を迎える「大坂夏の陣」を取り入れています。

背景の大坂城は炎に巻かれ、今にも陥落しようとしています。勇ましく戦う武将の姿、そして崩れゆく運命の大阪城・・・「勇」と「哀」が入り乱れる決戦を、見事に表現した作品といえます。

撮影日:2016年6月30日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):