(目次)
一番山笠「東流」(舁き山)
二番山笠「中洲流」(舁き山)
二番山笠「中洲流」(飾り山)
三番山笠「西流」(舁き山)
四番山笠「千代流」(舁き山)
四番山笠「千代流」(飾り山)
五番山笠「恵比寿流」(舁き山)
六番山笠「土居流」(舁き山)
七番山笠「大黒流」(舁き山)
八番山笠「上川端通」(走る飾り山)
九番山笠「博多駅商店連合会」
十番山笠「キャナルシティ博多」
十一番山笠「川端中央街」
十二番山笠「ソラリア」
十三番山笠「新天町」
十四番山笠「博多リバレイン」
十五番山笠「天神一丁目」
十六番山笠「渡辺通一丁目」
十七番山笠「福岡ドーム」
番外「櫛田神社」

*括弧なしは飾り山のみ



今回は博多祇園山笠の四番山笠こと、「千代流」舁き山の姿をお届けします。表標題は「秀麗陵王鬼面勲」。

2016年の同舁き山の山小屋は、JR吉塚駅から約200メートル南に離れた妙見交差点に置かれています。すぐ近くには千代森神社、東公園、パピヨンプラザがあり、千代流の飾り山が置かれている複合商業施設「パピヨン24」から約800メートルほど離れた場所にあります。

飾り山と舁き山を同時に見学する際は、両者の位置・距離関係に十分気を付けてください。

また、鹿児島本線の電車で博多駅から吉塚を目指していると、吉塚駅手前で車窓左手にこの山小屋が見えますよ。7月14日までに電車に乗る機会がありましたら、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

DSCN1354.jpg
舁き山の題材は、2016年千代流飾り山の見送り標題「蘭陵王」と同じく、北斉の皇族・高長恭の武勲です。いかつい鬼面を付けた蘭陵王が、剣を振るいながら陣頭指揮を執る様子を人形で表現しています。

撮影日:2016年7月4日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):