7月の蒸し暑い日、私は未だ見たことすらない近鉄南大阪線をたずねて、大阪阿部野橋駅にいました。今回一番のターゲットは古豪の特急車・16000系です。

標準軌系統では22600系「Ace」が、南大阪線でも兄弟分にあたる16600系が年々増殖を見せるなど、近鉄では特急車の世代交代が進行中です。そんな中、標準軌ではとっくに引退している「エースカー」世代の特急車が、狭軌の南大阪線では現役でいます。

南大阪線の特急車・16000系がまさに、「エースカー」世代といえる系列です。1965(昭和40)年の登場時から四半世紀を経た今日も、少数勢力に転じたとはいえ、その元気な姿を見ることができます。

廃車が進み少数勢力になったことで、以前よりも遭遇する機会は減ったに違いありません。16000系撮影が長丁場になることを覚悟しつつ、改札を抜けて阿部野橋駅ホームへと向かいました。

DSCN1228.jpg
運よく16000系はホームに停車中でした。6~70年代に製造されたとは思えないほど、車体・車内各部は徹底的に更新されてる様子が見てとれました。11400系を彷彿とさせる、幌むき出しの表情が良い。

前頭部を収めるためホーム先端を目指していると、途中で切り離された先頭2両編成に遭遇しました。よくよく見ると、この2両は通常の16000系と何か違います。

ここで即座に確信しました。
「2両1編成だけのレア車・16010系もいるじゃないか」、と。

さっそく収めようとしたのもつかの間、肝心の16010系はすぐに動き出してしまいました。しかし客を載せて吉野に向かったわけではなく、引き上げ線に移動しただけのようです。

DSCN1230.jpg
16010系に続いて、16000系も回送として引き上げていきます。


待つこと5分、先ほどの16010系がホームに戻ってきました。先発の特急として、これから2両単独で吉野に向かいます。

DSCN1233.jpg
16010系はなんとも奇怪な車両です。「色はスナックカー、顔はサニーカー」という外見は勿論のこと、2両1編成しかないという希少性が、その奇怪さを一層引き立たせています。

大阪ど真ん中のターミナル駅というのに、「2両特急」が発着するというのも奇怪で面白いじゃないですか。素晴らしいほどに奇怪だらけです。

DSCN1232.jpgDSCN1234.jpg
▲16010系車番表示(ク16111・モ16011)


南大阪線で30000系(登場時)と同じ形状の方向幕を採用しているのは16010系のみ。表示器もしっかりと記録に収めておきましょう。


一通り外観を収めたところで、16010系の出発シーンを収めることに。幸い被写体を遮るものはなく、無事に思い通りの記録とりができたと思っています。



当初、「16000系さえ見られれば」と思っていただけに、16010系との遭遇は意外でした。撮影を早々と済ませるに至り、おかげで後々の行程に余裕ができたのは言うまでもありません。

撮影日:2016年7月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
近鉄の車両にお詳しいのですね。
私は、あまりにも細かく分けているので、把握し切れずにおります・・・
記事などを通してご指導いただきたいものです。


吉野特急は、僅か2両なんですね・・・
大阪阿部野橋は、大阪市内といっても、取り残された感じがしますね。



さて、1067mm区間には乗車したことが無いので、汎用型特急車は1435mm区間で乗車しました。
大阪難波で、10-15分前に乗ろうとしたら、週末の午前で想定外の混雑で、売り場にいるうちに乗り過ごしてしまいました・・・
予定より次の特急になりましたが、汎用型車両で、古さは感じたものの、リクライニングシートやトイレ等、特急料金を取るに相応しいとは感じました。

レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年07月09日(土) 16:25
レラティーさん
> 近鉄の車両にお詳しいのですね。
> 私は、あまりにも細かく分けているので、把握し切れずにおります・・・
> 記事などを通してご指導いただきたいものです。

近畿私鉄ではとくに、近鉄と阪急に情熱を注いで特集を組んでいます。近鉄はとにかく形式が複雑で、今頑張って覚えているところです。ああ難しい・・・


> 吉野特急は、僅か2両なんですね・・・
> 大阪阿部野橋は、大阪市内といっても、取り残された感じがしますね。

駅自体はJR天王寺駅に隣接しているので、乗り換えで不便は感じませんでした。大阪線と並走しているうえ、大都市を結んでいるわけではないせいか、特急は収容力の小さい2連が多いです。大阪中心部を2連で走る特急には、奇怪さを感じさせられます。


> さて、1067mm区間には乗車したことが無いので、汎用型特急車は1435mm区間で乗車しました。
> 大阪難波で、10-15分前に乗ろうとしたら、週末の午前で想定外の混雑で、売り場にいるうちに乗り過ごしてしまいました・・・
> 予定より次の特急になりましたが、汎用型車両で、古さは感じたものの、リクライニングシートやトイレ等、特急料金を取るに相応しいとは感じました。

以前はデッキなしで、場合によっては「足元が乗降口」という車両もあったようですが(大井川の16000系がまさにそれですね)、今はJRに劣らぬ設備を有していると思います。どうりで奈良・三重は近鉄が強いわけです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年07月10日(日) 22:18
特急で
二両編成があるなんて、想像もしませんでした。


都内では、東武線の大師駅と西新井駅を往復するのが二両編成ですから、特急で二両、驚きです。


レア車を写真に納める、ラッキーは意外なところに転がってる、と言ったところでしょうか。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年07月13日(水) 01:45
焼きそばさん
> 二両編成があるなんて、想像もしませんでした。

近鉄は日本最大の私鉄ながら、けっこう2両特急を運転してきた歴史があります。地方の非電化ローカル線ならまだしも、近畿私鉄の王者が2両特急というのには、私も知った当初は驚きました。

それだけ特急網が張り巡らされているということなんでしょうね。


突然思いがけない幸運に出会えるのが、旅のおもしろい所です。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年07月15日(金) 20:58
近鉄は本当に複雑ですね。。

10番台違うだけでも別形式扱いですしい。

近鉄1220系・1230系|http://s.ameblo.jp/seventhheaven1992/entry-11627353468.html


路線ごとにある程度は番号を割り当てている筈ですが、上記記事のように例外もあるようですし。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年07月22日(金) 00:46
レラティーさん
> 路線ごとにある程度は番号を割り当てている筈ですが、上記記事のように例外もあるようですし。

そこなんですよ。そこが余計に近鉄の付番を複雑化させて、車両に対する理解を深めづらくしていますよね。南大阪線はまだシンプルで分かりやすいですけれど・・・
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年07月26日(火) 22:06
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):