今回の取材地・南海本線羽衣駅は大阪府高石市にあります。同駅からは短距離支線の高師浜線が分かれているほか、JR阪和線(支線)東羽衣駅とも徒歩連絡しています。

現在、同駅周辺は連続立体交差化の真っ最中で、羽衣駅も南海本線下りホームのみ高架線に切り替えられています。今回は高架線に切り替えられていない上りホーム・高師浜線ホームを中心に、早朝の駅構内の様子をお届けします。


▲羽衣駅を出発する1000系難波行き
下りホーム切替前は、相対式ホーム2面2線と高師浜線ホーム1面1線によって構成されていました。下りホームは2016年5月に高架化されており、旧下り線にはレールがまだ残っています。半分撤去されたレールが生々しい。

DSCN1204.jpg
▲一足先に高架化された、羽衣駅下りホーム
用地が限られた住宅地にあるせいか、一気に上下線切替にはできないようです。これから旧下り線ホームを撤去したのち、更地部分に高架線を付け足して立体交差化を進めていくのでしょう。

また次に羽衣駅に立ち寄ったとき、はたしてどれ程変わっているでしょうか。

DSCN1205.jpg
▲南海羽衣駅 駅名標

DSCN1206.jpg
▲高師浜線ホーム
高師浜線はわずか1キロ半という極めて短い路線です。健脚であれば、徒歩10分ほどで全線「自己走破」できます。そんな高師浜線を「角ズーム」の成れの果てが行ったり来たりしているそうですが、残念ながら今回は遭遇せず。


▲羽衣駅に到着する1000系1051編成の難波行き
意外や意外。羽衣駅で遭遇した1000系は、1編成のみの6次車かつ最終編成の1051編成でした。

撮影日:2016年7月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
南海本線、以前から結構高架化工事をしている印象ですが、まだまだ進捗はあまりしていない様子ですね。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年07月20日(水) 12:53
レラティーさん
住宅が多い地域なので、高架線を作る土地を用意するだけでも時間がかかるのでしょうね。周囲の雰囲気はどことなく、同じく高架工事中の西鉄春日原周辺に似ています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年07月26日(火) 21:34
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):