近畿地方から東海地方西部にかけて、幅広い路線網を持つ近鉄の看板といえば、何といっても俊足を誇る「近鉄特急」でしょう。上本町のターミナルを出発後、奈良盆地を駆け抜けたかと思いきや、急こう配と長大トンネルで伊賀地方を横断。終盤は伊勢湾岸を駆け抜けて名古屋、もしくは伊勢志摩へと観光客・ビジネス客を運ぶ存在です。

近鉄と阪神本線をつなぐ阪神なんば線開業後は、臨時運転ながら特急列車の阪神乗り入れが実現し、特急車両の新塗装化が実施されるなど、近鉄特急はさらなる進化を迎えようとしています。


近鉄特急の進化は今から遡ること50年前、1960年代にも見られました。日本初のダブルデッカー車両「ビスタカー」シリーズ、そして汎用型特急電車「エースカー」シリーズが相次いで登場し、特急車両の高性能化が急速に進みました。

汎用型の進化は止まることなく、1960年代後半には「エースカー」から新たなモデルへと世代が変わります。それが車内に売店設備を有する「スナックカー」です。「スナックカー」第一世代として12000系が登場後、同系列を改良するかたちで1970年、今回お届けする12200系が登場しました。

2両編成のみの存在だった12000系と異なり、12200系には中間車が登場(一部編成を除く)し、より柔軟な編成を組めるようになりました。車体更新を経て、2000(平成12)年に12000系が引退した後も、12200系は徐々に数を減らしながら活躍を続けています。



今回は近鉄一のターミナル・大阪上本町駅で、数少ない12200系特急を記録に収めてみました。まずは奈良線や一部の大阪線特急が発着する地下ホームに入り、12200系の到着を待ちます。

上本町地下ホームで名阪特急を収める

乙特急に12200系が連結されていることを念頭に置いたうえで、行動を進めていきます。地下ホームに到着する名古屋行き乙特急に焦点を当て、列車到着を待ちましょう。ただし、乙特急だからと油断はできません。「サニーカー」や「ACE」だけの編成にあたる可能性の方が、むしろ高いのですから。

DSCN1261.jpg
待つこと15分、名古屋行きの名阪乙特急が入ってきました。よしよし、狙い通り12200系です。12200系が組み込まれているだけでも嬉しいですが、これまた嬉しいオール12200系の4両編成ではありませんか。

動画撮影と並行しながら、お見苦しいですが写真も一枚収めてみました(写真上)。


上本町駅地上ホームで阪伊特急を収める

さて、場所は変わって大阪線の電車が発着する上本町駅地上ホーム。こちらにも12200系の姿がありました。先ほどと同じくオール12200系で、宇治山田行き阪伊特急として出発を待っています。

DSCN1263.jpg
▲上本町駅で出発を待つ12200系宇治山田行特急

DSCN1264.jpg
写真上、貫通窓下の方向幕が収まっている窪みに注目。12200系の場合、この窪みのうち下底部の縁が丸みを帯びています。同系列のベースになった12000系の場合、下底部の縁が丸みを帯びず直角になっていました。

12000系と12200系、どちらも同じような姿恰好ですが、パンタグラフの取り付け位置やトイレの位置など、細かい場所で相違点が見られました。

DSCN1265.jpg
▲12200系のパンタグラフ

DSCN1266.jpg
▲モ12240

DSCN1267.jpg
宇治山田行きに充当されているのは、比較的後期の車両に当たる12240編成でした。「スナックカー」の語源となった売店設備は、同系列の初期車にのみ見られたもので、この編成には存在しません。

DSCN1269.jpg
▲12200系先頭部を側面から眺めて

DSCN1270.jpg
▲12200系側面方向幕「宇治山田ゆき」



12200系は数を減らしながら活躍を続けてきましたが、特急車両新塗装化の対象から外れているため、近年の淘汰が噂されています。

以前に奈良線近辺を取材した際、12200系に遭遇できなかったことがありました。ここで12200系運用の少なさを痛感し、今回も遭遇までに時間がかかることを覚悟していましたが、どうにか短時間で2本も収めることに成功しました。

近鉄特急の旧塗装と合わせて、12200系の動向にも目を光らせておいた方が良さそうです。

撮影日:2016年7月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
古い人間なので今までの塗装が一番似合っていると思います。
近鉄だけでなく各社塗装をリニューアルしていますがイマイチかな~といつも思います。
でも相鉄の新カラーネイビーブルーはカッコいい!
と思いました。
こーたろー #- [ 編集 ]    2016年08月06日(土) 18:55
この12200系が、「スナックカー」と呼ばれる車両なんですね。

久々に『鉄道DATA FILE』というムック本を出してみました。
最初期には「スナックコーナー」があったものの、昭和44年12月登場の5次車では、早くもそれが廃され、客室が拡大されたのですね。
1-4次車で、名阪特急用の「スナックコーナー」は必要な数に達していたためとはいえ、さほど「スナックカー」の名称通りの車両ではなかったのは、意外に感じます。
総計168両、私鉄特急型車両では勿論最多、近鉄特急の半数ぐらいがこれだったというのも、偉大さを感じます。
「スナックコーナー」は昭和57-58年に撤去されてしまったんですね・・・

そもそも、車両を見る機会が減っているとは・・・

旧塗装ですか?塗装が変わるのでしょうか?

奈良線は、特急自体が非常に減っていますね。
特急料訴訟の影響や、阪神との直通(阪神は特急料なし)に際して快速急行を主体とした事情でしょうが。
近鉄の特急型車両が阪神(できれば山電)に定期で直通してほしいですが、特急料を阪神・山陽でも取るかという問題はありますね。


大阪上本町は、地上ホームは見たことが無いのですが、記事を拝見し、上六と通称された頃からの近鉄(大軌)からの歴史の重厚さを感じています。
(大阪難波は使ったことがありますが)


「1-椅子」みたいなピクトグラムが見えますが、1-全て指定席という意味でしょうか?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年08月06日(土) 22:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):